コラム

アフターコロナの働き方|ハイブリッドワークの影響と有効な人事施策とは?

新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの企業において働き方が大きく変わりました。今後どのような形で影響が現れるのか、不安に感じているビジネスパーソンも少なくありません。

アフターコロナの働き方は、リモートワークや在宅勤務が継続される可能性が高いと言えます。人事担当者やマネジメント層は、アフターコロナに向けて今後の施策や課題点をイメージしておく必要があります。

今回は、「新型コロナウイルス感染症により変化した3つの働き方」、「ハイブリッドワークのメリット」、「ハイブリッドワークの効果最大化」を解説します。

1.新型コロナウイルス感染症の拡大により変化した3つの働き方

新型コロナウイルス感染症の拡大により変化した働き方は、下記の3つです。

(1)勤務形態の多様化(テレワーク・在宅勤務・時差出勤)

テレワークは、「情報通信技術(ICT)を活用した柔軟な働き方」を意味します。働く場所や時間を限定せず、柔軟に働けることがメリットです。また、通勤ラッシュを避けて人との接触を減らすために、時差出勤も導入されました。

場所と時間を分散する働き方は、企業変革の促進やオフィスコスト削減にもつながります。

(2)オンライン会議

新型コロナウイルス感染症の拡大により、社内会議はもちろん取引先との会議もオンライン化が進みました。遠隔地にいる相手と手軽に情報や意見を交換できるために、テレワークや在宅勤務との相性も抜群です。

オンライン会議は、場所の確保や移動にかかる手間・コストの削減にも効果があります。

(3)労働時間制度の見直し

会社勤務であれば、タイムカードやパソコンの使用時間によって社員の労働時間の把握が可能です。しかし、テレワークや在宅勤務の場合、適正な労働時間の把握が難しいという問題があります。

テレワークや在宅勤務における社員の労働時間管理に用いられている方法が、「連絡ツールによる始業・就業の報告」「クラウド型勤怠管理システムの導入」です。また、職種を問わず利用できるフレックスタイム制を導入する企業も増えています。

2.変化した働き方は今後も継続される?

テレワーク・時差出勤・オンライン会議など、新型コロナウイルス感染症の拡大によって変化した働き方は、感染拡大が収束しても継続される可能性が高いと言えます。

野村総合研究所が行ったアンケートによると、「アフターコロナにおいても変化した働き方を続けたい」と回答した人は、全体の50~60%です。一方、全体の30~50%の人が「新型コロナウイルス感染症の拡大により変化した働き方によって、業務に支障を感じた」と回答しています。
(出典:NRI 野村総合研究所「【第13回】_新型コロナウイルス対策緊急提言」/https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/keyword/proposal/20200420.pdf?la=ja-JP&hash=A19B267F6BB3C75C1BC904B5ECF35A33A5E4CBD8)

新しい働き方に戸惑いや課題を感じつつも、変化した働き方に好意的な社員が多いと言えます。アフターコロナにおける働き方を考えるためには、社員が抱える不安への対応や、円滑業務な業務遂行を阻害する要因の排除が重要です。

以前に比べてオフィスの需要が低下していることもあり、感染拡大の収束後は「オフィス縮小」、「出社目的の変化」などが見られる可能性も少なからずあります。

今後は、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」にも注目してみましょう。

2-1.ハイブリッドワークのメリット

ハイブリッドワークのメリットは、下記の通りです。

●働き方の多様性を実現できる
●社員の主体性を高められる
●生産性の向上が期待できる

ハイブリッドワークは、社員が働く場所や働き方を自由に選択できます。社員の主体性の発揮が期待でき、生産性の向上にもつながることから、企業にとっても大きなメリットをもたらすと考えられています。

3.ハイブリッドワークの効果最大化に向けて

ハイブリッドワークの効果最大化のためには、次の5つの施策が効果的です。

●オフィス出社と在宅勤務における各種ルール策定
●定期的な社員サーベイの実施と社員の声への対応
●社員のキャリア自律に向けた意識改革・浸透
●柔軟な働き方に対応するアプリケーションの導入
●勤務場所の分散化

ここからは、それぞれの施策について具体的なポイントを解説します。

3-1.オフィス出社と在宅勤務における各種ルール策定

ハイブリッドワーク導入による課題の1つが、多様化する社員の働き方の把握です。業務を円滑に進めるためには、社員同士がお互いの働き方を把握できる仕組みが欠かせません。

オフィス出社と在宅勤務が混在するハイブリッドワークでは、社員の働き方に関する各種ルールの策定が必須です。社員の勤務場所がひと目でわかる仕組みや、社員間の情報共有が円滑に行えるシステムの整備、チーム全体でオフィス出社を行う日や1日のなかで必ず出社しなければならないコアタイムなどを設定します。

チーム全体でオフィス勤務する日には、テレワークではやりにくさを感じる方が多いディスカッションや1on1、新しい企画を検討するためのブレインストーミングを行うなど、チームが集まることにより生産性が高まる会議体の設定を行います。

3-2.定期的な社員サーベイの実施と社員の声への対応

ハイブリッドワークの実現には、従業員満足度の向上も欠かせません。従業員満足度は、社員が職場環境や働きがいなどに対してどのように感じているのかを表す指標です。

従業員満足度は、定期的な社員サーベイの実施により高めることができます。社員サーベイは、「パルスサーベイ」または「センサス」によって調査が可能です。

パルスサーベイに関するコラムはこちら

社員の声には、潜在課題の抽出や顕在課題解決のヒントが含まれています。社員サーベイの結果で判明した課題の早期改善によって、社員が働きやすい職場環境が整います。

3-3.社員のキャリア自律に向けた意識改革・浸透

ハイブリッドワークの導入には、社員のキャリア自立に向けた施策も重要です。社員が自分でキャリア形成に向けて取り組めるように、意識改革と浸透を行います。

社員のキャリア自律を促すメリットは、下記の通りです。

●主体性が備わることで、モチベーションが高まる
●生産性が高まり顧客満足度の向上につながる
●企業にとってプラスとなるアイディアが生まれやすくなる など

キャリア自律のためには、自分はどのようなキャリア形成を望んでいるのか、やりたい仕事は何か、担当業務の課題や解決策などを自ら考えたうえで、上司とともにそれらと組織ミッションとの接合を検討していきます。

上司は、組織ミッション・目標を部下に一方的に割り当てるのではなく、部下のキャリア志向、価値観や信念を理解したうえで、組織目標と部下の希望を丁寧に結びつけていきます。

部下によっては、上司の権限の一部を委譲するなどして、部下自らが判断する状況を与えることも必要です。

3-4.柔軟な働き方に対応するシステム・ソフトウェアの導入

社員の稼働状況の把握やコミュニケーションの場の確保は、柔軟な働き方を進めるためにクリアすべき課題です。

テレワークは、オフィス勤務に比べて社員の稼働状況を把握しにくく、コミュニケーションが減少しやすい傾向にあります。社員の勤怠状況やコンディションの把握をスムーズに行うためには、オンラインチャット・会議システムや仕事可視化ツールの導入がおすすめです。

また、ミスコミュニケーションによる対応ミスや業務に使用している機器の故障などのトラブル発生時に迅速に対応するためには、代替手段の準備や体制の構築も必要となります。

3-5.勤務場所の分散化

ハイブリッドワークを導入するにあたり、勤務場所の見直しが必要となる場合があります。オフィスを縮小する代わりに、オフィス内に共用ワーキングスペースを設けたり、サテライトオフィス(フレキシブルオフィス)を設置したりする会社も増えています。サテライトオフィスの活用は、社員にとって「通勤時間を削減できる」、「多様な働き方が実現できる」などのメリットがあります。企業と従業員の双方のメリットにつながるオフィススタイルが理想的と言えます。

まとめ

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い変化した働き方は、アフターコロナにおいても継続される可能性が高いと言えます。

しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大により変化した働き方により、心身のストレスが増大し、また業務に支障を感じている人も多く、課題も少なくありません。

働き方の多様化が進むなかで、オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークが注目されています。ハイブリッドワークの導入と働き方改革をセットで考えることが効果的です。

無料トライアル画面

勤務実態と作業内容を見える化する仕事可視化ならMITERAS

スタッフ1人1人の正確な勤務時間管理を実現する「MITERAS仕事可視化」

詳しくはこちら

- コラム

執筆者:

関連記事

テレワーク時と通常時の勤怠管理の違いとは?

目次1.勤怠管理の必要性2.勤怠管理の課題3.通常の勤怠管理とテレワーク時の勤怠管理で気を付けるべき点は?3-1.労働状況の把握3-2.中抜け等があった時の規則設定4.テレワークの勤怠管理を適正に行う …

有給休暇の義務化を細かく解説|罰則を受けないための対策も

目次1.有給休暇の義務化が開始1-1.有給休暇の義務化の内容2.有給休暇の義務化の対象は?2-1.パートやアルバイトの場合の付与日数3.有給休暇の義務化に関する注意点と罰則3-1.年次有給休暇管理簿の …

社員のモチベーションをアップさせる方法と維持するコツを徹底解説!

目次1.社員のモチベーションがアップしない理由とは?1-1.モチベーションアップの法則2.社員のモチベーションをアップさせる5つの方法2-1.社員1人ひとりがチャレンジできる環境をつくる2-2.社員の …

PAGETOP