ENTRY

SMKTimes

  1. セールスマーケティング事業部キャリア採用
  2. SMKTimes
  3. note掲載 社員インタビューVol.6
BLOG
2020.09.30

note掲載 社員インタビューVol.6

セールスマーケティング事業部は「クライアントビジネスを成功へ導く」というミッションのもと、お客様のマーケティングからセールスにおける課題に対して、500名以上の社員が活躍している組織です。様々なサービスに携わる社員が、どのような想いで取り組んでいるのか?noteへ社員インタビューを掲載しています。

まさか、パーソルグループでweb広告サービスが・・・?あまり知られていない、その実態と遣り甲斐や今後の展望

パーソルグループ内で唯一、web広告サービスを展開するデジタルプロモーション部で、サービス・組織づくりを中心となって支えてきたIさん。
2018年の入社時、「サービス自体がほとんど認知されていない、組織も案件もこれからつくっていく・・・」という立ち上げの状況からメンバーとして1年半活躍した後、2020年にマネジャーに着任したIさんに、この2年間での急速な成長や“パーソルグループ、セールスマーケティング事業部の強み”を生かした今後の展望について等、お話を伺いました。
(注:パーソルプロセス&テクノロジー(以下:パーソルP&T)、セールスマーケティング事業部(以下:SMKT))

“組織を大きくしていくために”のところで手伝えるところは何でもやりたい」という想いから、パーソルP&Tへ。

— まず、これまでのキャリアを教えてください。

今パーソルP&Tが4社目なのですが、2社目までは、法人営業、IT技術者・プログラミングと、今とは違う仕事をしてきました。その後、
ITの中でもよりインターネットに携わる仕事がしたいと思い、3社目にWeb専業広告代理店に転職しました。そこで広告のオペレーション・作業的な業務と、広告プランナーとしてのプランニング業務を経験し、2018年9月にパーソルP&Tに入社をしたので、web広告領域では10年程の経験になります。

— 10年ということで、この領域がお好きなんですね。どんなところに遣り甲斐・面白さを感じますか?

はい、好きですね。広告のターゲティング技術が面白くて、「なぜ今自分にこの広告が出ているのか?」がわかったり、その知識を基にお客様に「こういうターゲティング手法があって、御社のサービスの場合はこんな手法が有効なんです」という提案をして、「それやってみたいね!」と納得いただけた時はすごく嬉しいです。とても遣り甲斐を感じます。

— 規模の大きい案件も担当していた大手の代理店から、なぜパーソルP&Tに転職したのですか?

きっかけは知人からの紹介だったのですが、元々自分が携わっていたweb広告運用業務の経験をそのまま生かすことが出来そうというところがまず理由としては大きいです。面接でも、現状の人数や、まだ立ち上げ期という状況を聞かせてもらっていたので、これから人数を増やして、必要な仕組みであったり、組織をどう大きくしていくか?というところに自分もイチから携わっていけるという環境にも魅力を感じ、入社を決めました。

1000万の大型案件を受注して実感した、パーソルグループ内での連携の強み。

— 立ち上げ期での入社とのことで、最初はどんな活動をされていたのですか?

まずは案件をいただかないことには始まらないので、始めは営業活動もしていました(笑)営業グループと協力してテレアポをしたり、テレアポをするために何の商材をフックにして電話をしたらいいのだろう?というところのフック商材を見つけるということもやっていたりしました。提案機会を得られた時は営業さんと一緒に新規提案をして、新規受注も増えてきて広告運用の業務が増えて来たのが、入社して3カ月経ったくらいの時期でした。

— 本当に営業ですね(笑)ほぼ0→1の状況から、急成長への転換期はあったのですか?

まさかテレアポをするとは思ってはいなくて(笑)もちろん大変なこともありましたが、“組織を大きくしていくために”のところで手伝えるところは何でもやりたいと思っていたので、経験させてもらえてよかったですし、そんな地道な努力の甲斐もあって、入社から半年の時に、大手企業様のイベント集客関連の広告案件を受注出来ました。チームで初めて1000万円を超える案件だったので、それがすごく嬉しかったですし、実際に運用に入ってトラブルもなく、成功を収めることが出来たのは本当に良かったと思っていますし、これが転換期というか、拍車が掛かった時期でしたね。

— 案件獲得のためにはグループ会社などとの連携も重要だったと伺いましたが、やはりグループの強みを実感しますか?

そうですね。パーソルグループとしての強みはすごくあると実感しています。ただ、いきなり1000万円規模の提案機会をいただけるわけではないので、その手前の部分も大切にしていました。グループ個社と一緒に仕事をする際に、金額規模に関わらず責任感をもって着実に実績を積み上げていったことが大切だったと思います。そこで信頼を得られたからこそ、金額の大きい案件の提案機会もいただけたと思っています。広告運用において信頼を得ることが大切ということを、メンバーも意識してくれていることが、今のサービス成長に繋がっていると思います。

サービス・組織の成長は、“連携しやすい風土” ד働きやすさ”から。

— Iさんが感じる、パーソルP&T、SMKTの強みやいいところはどこですか?

組織・サービスの成長という観点で言うと、現在案件としては外部の企業様はもちろん、グループ会社については4社程広告運用をお任せいただいているのですが、先ほどお話したグループ連携をはじめ、SMKT内でもアナリティクスであったり制作であったり、他サービスとの連携案件もありますし相談をもらう機会も多いです。それは、他部署との連携がしやすい、気軽にトスをしてもらったり相談をしやすい、という風土だからだと思います。
また、他の代理店さんでも、制作×広告、分析×広告というのは普通にやられてることが多いのですが、セールスに関するサービスももっているSMKTでは、セールスと広告を掛け合わせたサービス提供ができる点が他には無い強みだと思います。

— 働き方の面ではどうですか?

有給休暇も取得しやすいですし、有給休暇とは別に夏季休暇を5日付与してもらえるというところは前職ではなかったので、メリハリをつけて働きやすいと感じています。直近は、このコロナ影響でフルリモートワークになっているんですが、そこの対応もすごく早く、さすがパーソルP&Tだなと思いました(笑)
環境面での働きやすさというのも、広く長く見ると、物事を成長させていく、前向きに取り組んでいくという面においては重要だと実感していますね。

マネジメントで大切にしていることは、意見を聴くことと伝え方。

— マネジャーとして、組織運営・メンバーとの関わりで大切にしていることはどんなことですか?

意識していることとしては、メンバーの意見をよく聴こうと心掛けています。MTG内で、今思っている課題をみんなが上げやすいようにという点であったり、1on1で一通り話して雑談もしたあとに、困りごとがないかを聴くなど、聴くことを大切にしています。

— マネジメントが難しいと感じることはどんなことですか?

そうですね…。伝え方のところは難しいなと思っています。例えば、期初のキックオフで組織の方針や目標を伝え、定例ミーティングではキックオフで伝えた目標を達成するために、月次・週次のタイミングで売上目標に対する進捗状況を共有して足りないところを達成するためには?という会話をするのですが、そこをメンバーにしっかり伝えるためにはキックオフのタイミングで納得ができる説明・方針を立てなくてはいけないところや、一度伝えただけで終わらせず、必要なところは何度も繰り返し伝えないと全員へ意識浸透しないと考えているので、伝え方については、これからもっと学んで成長していかないといけないと思っています。

— チームとして大切にしていること、いいところはありますか?

自由度が高く、意見を言いやすい雰囲気を心掛けています。毎週定例で課題MTGというのをやっているのですが、
そこで各メンバーが考えていることや、こういうものがあった方がいいとか、こういう課題があるよという意見を好きに上げてもらっています。このツールは導入してみようか、今後の会議体はこういう会議を増やそう・これは減らそうというところも、全員で意見を取り入れて決めて行こうという点を大切にしています。
中途入社したメンバーも、そんな風土を生かして、過去の経験を生かしつつ、今後の組織拡大に伸びしろを感じながら前向きに取り組んでくれています。

「新しい技術が好き!」という方を歓迎しています(笑)

— どんな方が、今後活躍していただけそうなイメージでしょうか?

Web広告運用の経験はもちろんなのですが、アドテクノロジーおたく、エクセルの達人、インターネット大好きなインターネット依存症気味の人など(笑)、新しい技術が大好きという方や、好奇心旺盛な方が活躍していただけると思います。
仕事への向き合い方でいうと、新たなサービス作り・組織作りもそうですし、通常の業務で新しいWeb広告の手法や媒体情報も重要なので、そこを自身でアンテナを高く張って情報収集できる方や、収集した情報をチーム内で共有してチーム全体でスキルアップ出来るようにという気持ちで取り組んでくれる方に、沢山仲間になってもらえればと思っています。

— 急にIさんのキャラクターが出てきました(笑)“オタク”ですね(笑)

オタクすごくいいと思います(笑)SNSについては私がまだあまりオタクになりきれていないのでTwitterオタクとかInstagramオタクとかそういう方も大歓迎です(笑)

パーソルグループのハウスエージェンシーを目指して。

— 最後に、今後の展望を教えてください。

まずは、分析・制作・MA・インサイドセールス等の他部門と連携して、SMKTの強みを生かした提案・受注を増やしていきたいというところが一つの展望です。
将来的には、パーソルグループ内の広告を全て任せてもらえる、そういう仕事がしたいと思っています。例えば、パーソルグループ内で持っているデータとしては、各個社のデータを合わせると膨大なデータ量があるので、それらを全て統合して広告配信に利用活用できる基盤をつくって、それを基に広告配信も全て任せてもらう。そんな仕事がしたいです。この夢物語は、部長ともよく話していますね(笑)
もちろん、外部のお客様の広告も伸ばしていきたいと思っていますが、やはりパーソルグループであることの強みを生かしていきたいですね!