MENU

TOP > ニュースリリース > 2022 > 人事データを経営戦略へ 「人事DX推進サービス」を8月2日より提供開始

NEWSニュース

8月2日 ニュース

人事データを経営戦略へ 「人事DX推進サービス」を8月2日より提供開始

~抜本的に制度や業務プロセスを見直し、人事ERPシステムを導入することで企業の人事DXを後押し~

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)は、「人事DX推進サービス」を8月2日より提供を開始します。

本サービスは、人事データを経営や事業成長に活用することを目的に、従来提供してきた抜本的な制度や業務プロセスの見直しなどを行う人事BPRコンサルティングサービスに加えて、人事ERPシステムの選定から導入、データ活用の支援をすることで、企業が抱える人事課題の解決をトータルサポートします。

データ活用の流れの例

昨今、労働人口が減少し「ヒト」という経営資源への重要性が高まっています。本来、ERPシステムは、経営資源計画として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」などの経営資源を有効活用し、より効率的な経営を可能にするためのシステムです。しかしながら人事領域において日本企業では、給与計算や労務管理などのオペレーションの活用にとどまっており、ERPシステムで収集したデータを戦略人事や経営戦略につなげられず、その価値を見出せていないことが課題となっています。

これらの課題に対し、パーソルP&Tは人事ERPシステムの導入によって取得したデータを経営、人事施策に活かすための「人事DX推進支援サービス」を提供します。

人事DX支援サービスについて
本サービスはパーソルP&Tがこれまで提供してきた人事領域でのBPR(業務整理、BPO、制度設計など)や、RPAによる業務自動化支援、最適なHRテックの導入支援などのコンサルティングサービスに加え、業務プロセスの見直し、適切なデータの収集、人事ERPシステムの選定・導入支援、データ取得後の活用提案、実行支援までを提供し、人事領域における業務改善・データ活用をサポートします。

特徴① Fit to Standardで「システムと業務が合わない」を解決
パーソルP&Tの調査の中でも、人事ERPを導入している企業の多くが「システムと業務が合わない」という課題を抱えていることがわかりました。本サービスはFit to Standard(*)で、システムと業務のミスマッチを防ぎ、企業の課題に合わせた適切な人事データの収集と蓄積を可能にします。
*Fit to Standardとは:抜本的な制度や業務プロセスを見直すことでシステム導入効果を高め、業務の効率化を実現すること

特徴② パーソルとしての豊富な人事知見と運用構築力で人事課題を解決
パーソルP&Tは、総合人材サービス・パーソルグループとして、「人材」における豊富な知見と、長年アウトソーシングビジネスで培ってきた運用構築力を掛け合わせたサービスを提供し、お客さまの人事課題の解決と人事のDX化を推進します。

特徴③ お客様課題、環境にあった適切なテクノロジーの選定・提供
国内で高いシェアを占める複数のベンダーと協業し先端テクノロジーを活用したショーケース施策(*)を実施しております。当社ノウハウに基づき、ERP・AI・BI等、貴社に最適なテクノロジーを提案の上、導入~活用までご支援します。
*パーソルP&Tの社内でテクノロジー検証し、その結果をお客様に展開すること

事例のご紹介
【課題】
会社統合されたが、制度や共通ガバナンスが定義されておらず、非効率な運用となっており、また各社のシステムに蓄積されているデータが活用できない状態。
【解決策】
グループ会社30社の人事制度・システム統合支援
【具体的な提案内容】
①グループガバナンス構築、モデル人事制度設計支援
②業務整理~システム選定・導入支援
③シェアードセンター構築支援
【効果】
シェアードセンター構築により運用コスト10%削減と、グループ労働マネジメント、グループタレントマネジメントを実現した。

サービスの詳細はこちら:https://www.persol-pt.co.jp/ws/service/109/

■パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について<https://www.persol-pt.co.jp/
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、人・プロセスデザイン・テクノロジーの力で、人と組織の生産性を高めることを使命としています。
お客様の事業課題に応じたコンサルティングやシステム開発、アウトソーシングのほか、人とテクノロジーが共存できる社会を目指し、RPAやAIなどを駆使した最新のテクノロジーやサービスを提供してまいります。

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人と組織にかかわる多様な事業を通じて、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。

本件に関する報道関係者の方からのお問い合わせ先
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 広報担当:木村
TEL:03-6385-6866 FAX:03-6385-6671 MAIL: pr@persol.co.jp


PAGETOP
PAGETOP