MENU

TOP > ニュースリリース > 2020 > 【テレワーク中の評価に関する意識・実態調査】 管理職は、自分の評価の妥当性よりも 部下の評価が正しくできているかを不安に感じている

NEWSニュース

12月10日 ニュース

【テレワーク中の評価に関する意識・実態調査】 管理職は、自分の評価の妥当性よりも 部下の評価が正しくできているかを不安に感じている

つい管理職は長時間労働になる傾向も?

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)は、会社員500名を対象に「テレワーク中の評価に関する意識・実態調査」を実施いたしました。

新型コロナウイルスの感染症対策として、テレワークを主体とした新しいはたらき方を取り入れている企業が増加しましたが、一方で社員の勤務状況を直接把握することが難しくなっており、評価の仕組みの変更・修正や勤怠管理システム導入について各社検討が進んでいます。そこで、テレワークの導入支援や仕事可視化ツール「MITERAS」を開発・提供するパーソルP&Tでは、一般社員や管理職が、テレワーク中の自身や部下に対する評価についてどのように感じているのか、その意識・実態を把握するために、今回500名を対象に調査を実施。テレワーク中の社員評価についての調査結果を発表いたします。

<MITERAS概要>
https://www.persol-pt.co.jp/miteras/

■アンケート概要 「テレワーク中の評価に関する意識・実態調査」
調査期間 : 2020年11月20日~11月24日
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 3ヵ月以上テレワークを継続している会社員500名(20代~60代)
/ 一般社員250名、部下のいる管理職250名
※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、【パーソルプロセス&テクノロジー株式会社調べ】とご明記ください。

調査結果サマリー

  • テレワークの頻度は、「週1程度」と「週2~3日程度」合わせて6割。テレワークの実態として、6割以上は週の半分以上出社し、テレワークを活用している。
  • テレワークにより、管理職は部下への指示出しや進捗確認にやりにくさを感じている。
  • テレワークに合わせて人事評価の仕組みが変更されたのは1割に満たない。評価に対する不安を約半数が持ち、テレワークの経験が浅いと不安に感じる割合が高くなる。管理職は自分の評価よりも、部下に正しい評価を行えているかどうかに不安を持っている。
  • 約6割が仕事の終わり時がわからず長時間労働となった経験がある。
  • 勤務状況を見える化するツールの利用意向は、管理職で高い傾向に。
  • 家族からのテレワークに対する評価は約4割が好意的。

 

TOPIC1
テレワークの頻度は、「週1程度」と「週2~3日程度」合わせて6割。

テレワークの頻度は、「週1日程度」と「週2~3日程度」で合わせると6割を超えている。テレワークの実態として、6割以上は週の半分以上出社しテレワークを活用していることがわかる。

テレワーク頻度

 

TOPIC2
テレワークにより、管理職は部下への指示出しや進捗確認にやりにくさを感じている。

一般社員に対し、出社勤務時とテレワーク勤務時で、「上司への進捗報告」業務についての変化を聞いたところ、「やりにくくなった」「どちらかというとやりにくくなった」が36%だった。同じく管理職に対し「部下への仕事の指示出しや進捗確認」への変化を聞くと、49.2%と「上司への進捗報告」に対し13.2ポイント高く、上司と部下とのやり取りにおいて、上司がよりやりにくさを感じている。

一般社員:出社勤務時とテレワーク勤務時で、「上司への進捗報告」業務についての変化

一般社員の36.0%がやりにくさを感じている

管理職:出社勤務時とテレワーク勤務時で、「部下への仕事の指示出しや進捗確認」業務についての変化

管理職の49.2%がやりにくさを感じている

 

TOPIC3
テレワークに合わせて人事評価の仕組みが変更されたのは1割に満たない。

評価に対する不安を約半数が持ち、テレワークの経験が浅いと不安に感じる割合が高くなる。
管理職は自分の評価よりも、部下に正しい評価を行えているかどうかに不安を持っている。

テレワークの実施に伴い、人事評価における仕組みの変化について聞くと、「変わっていない」が6割と多く、「変更された」と答えた人は1割に満たなかった。「変更された」「変更を予定している」と合わせても2割程度であった。

テレワーク実施に伴い、会社の人事評価の仕組みが変わったか

人事評価の仕組みが変更されたのは6%

そのようなテレワーク環境下で、「自分の評価が正当にされているか、不安」だと感じたことがあるか聞いたところ、全体では42.6%が不安を感じる(「感じたことがある」「少し感じたことがある」の合算)と答えた。
その内訳をテレワーク開始時期別で見ると、不安を感じるのは3ヵ月くらい前から開始した人は64.0%に対し、新型コロナウイルス感染拡大以前からテレワークを行っていた人は31.6%であり、テレワークの経験が浅いと回答した人ほど不安に感じる人の割合が高いことが分かる。

テレワーク開始時期×テレワーク環境下で、「自分の評価が正当にされているか、不安」だと感じたことがあるか

全体では「不安を感じる」が42.6%。テレワークの経験が浅いと回答した人ほど高い傾向

さらに、一般社員と管理職ごとに見ると、一般社員は39.6%、管理職は45.6%と、管理職がより自分の評価に不安を感じていることが分かる。

一般社員/管理職×テレワーク環境下で、「自分の評価が正当にされているか、不安」だと感じたことがあるか

管理職が「自分への評価への不安」を感じるのは45.6%

一方で管理職にのみ「部下の評価が正しく行えているのか、不安」だと感じたことがあるか聞くと、52.4%と自分の評価よりも高い数値となり、管理職が自分よりも部下の評価に不安に感じていることが分かる。

管理職:テレワーク環境下で、「部下の評価が正しく行えているのか、不安」だと感じたことがあるか

管理職は自分への評価よりも、部下の評価が正しく行えているかどうかに、より不安を感じている

 

TOPIC4
約6割が仕事の終わり時がわからず長時間労働となった経験がある。

テレワークで仕事をしている際、一日の仕事の終わり時がわからず長時間労働になった経験があるかを聞いたところ、全体で58.0%と約6割に経験があったと答えた。

テレワークで仕事をしている際、一日の仕事の終わり時がわからず長時間労働になった経験があるか

約6割が長時間労働を経験

 

TOPIC5
勤務状況を見える化するツールの利用意向は、管理職で高い傾向に。

テレワークでの勤務状況を客観的に把握するためのツールに関して利用意向(管理職に対しては部下に利用させたい意向)を聞いたところ、勤務時間を見える化し、サービス残業や未申告の休日業務との乖離を把握する「労働時間の乖離把握ツール」は一般社員が45.6%、管理職は61.2%が利用したいと考えている。また、業務ソフトの稼働や、キーボード、マウスの入力状況がわかる「仕事実態の可視化ツール」については一般社員が21.2%、管理職は29.6%が利用したいと考えていることが分かった。
利用させたい理由として、【労働時間の乖離把握ツール】では、「サービス残業は不当だと思う」、「ちゃんと権利を主張できる」、「平等に評価出来る」、などが挙げられた。また【仕事実態の可視化ツール】では、「進捗具合や取り組みの評価に出来る」、「業務改善のヒントにつながるかも」、「業務量と質の適切さを、把握しやすい」などを挙げている。

「労働時間の乖離把握ツール」を利用したいか

一般社員は45.6%、管理職は61.2%が利用したい(利用させたい)

「仕事実態の可視化ツール」を利用したいか

一般社員は21.2%、管理職は29.6%が利用したい(利用させたい)

 

参考TOPIC
家族からのテレワークに対する評価は約4割が好意的。

テレワーク勤務に対する、家族からの評価を聞いたところ、全体では42%が好意的だった。

あなたのテレワーク勤務について、同居しているご家族は好意的でしたか

 

パーソルP&Tで長年「全員テレワーク組織」のマネジメントを経験し、『組織力を高める テレワーク時代の新マネジメント』の著者でもある成瀬岳人は
「調査結果から、テレワーク勤務が拡大する中、オフィス勤務時代の労務管理手法では社員を守りきれなくなっていることが分かります。企業は今のはたらき方に適した労務管理の仕組みを見直すことが必須となっています。テレワーク中心のはたらき方にマッチした労務管理にシフトするためには、デジタル活用と支援型マネジメントへの変革が避けて通れません。テレワーク時の労務管理は、試行錯誤期から実現手法が定まりつつありますので、テレワーク時の労務管理が難しいとあきらめるのではなく、テレワークを前提とした労務管理実現に取り組むことが、現場の管理職・社員を守ることに繋がります。」とコメントしています。

 

 

 

 

■パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について < https://www.persol-pt.co.jp/
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、人・プロセスデザイン・テクノロジーの力で、人と組織の生産性を高めることを使命としています。
お客様の事業課題に応じたコンサルティングやシステム開発、アウトソーシングのほか、人とテクノロジーが共存できる社会を目指し、RPAやAIなどを駆使した最新のテクノロジーやサービスを提供してまいります。

■「PERSOL(パーソル)」について < https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

本件に関する報道関係者の方からのお問い合わせ先
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 広報担当:恩地・杉山
TEL:03-6385-6866 FAX:03-6385-6671 MAIL: pr@persol.co.jp


PAGETOP
PAGETOP