MENU

TOP > ニュースリリース > 2020 > 「一人一台のロボット活用」実現に向けて RPA活用ガイドライン「パーソルのRfEガイド」を提供開始 人材育成や社内体制構築の支援強化へ

NEWSニュース

12月2日 ニュース

「一人一台のロボット活用」実現に向けて RPA活用ガイドライン「パーソルのRfEガイド」を提供開始 人材育成や社内体制構築の支援強化へ

~エンドツーエンドの自動化ソリューション実現によって生産性向上・創造的な仕事へのシフトをサポート~

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)は、従業員一人ひとりの業務にテクノロジーを活用し、生産性向上や企業のDXを実現するために、「一人一台のロボット活用」実現に向けて、RPA活用ガイドライン「パーソルのRfE(A Robot for Every Person)ガイド(以下、「本ガイドライン」)」の提供を開始します。
本ガイドラインは、パーソルP&Tがこれまで企業のRPA導入・定着支援で培った、RPA人材育成ならびにRPA活用体制構築のノウハウがまとめられていることに加え、国内外のRPA市場を牽引するUiPath株式会社(以下、「UiPath社」)が監修しており、RPAの推進を成功に導くガイドラインとしてお使いいただけます。また、ご提供メニューにはお客様の状況・課題・要望に合わせ、本ガイドラインの提供のみの対応から、研修、ガバナンス作成、その他コンサルティングまでを包括的に支援できる内容まで、幅広くご提供します。

■サービスの概要
今回発表した本ガイドラインは、より効果的なRPA活用を目指す企業や、RPA導入を検討する企業に対し、パーソルP&Tが、500社以上のRPA導入実績により培ってきた「RPA導入支援ノウハウ」と、パーソルグループ内でRPA活用を行い実証した、「運用ノウハウ」をかけ合わせて作成した、オリジナルのRPA活用ガイドラインとなります。

本ガイドラインは業界や企業規模を問わず、RPAを導入するあらゆる企業で使っていただくことができます。また、本ガイドラインをベースとした社内の人材育成や体制づくりを支援し、企業の生産性向上やDXを実現します。そして、はたらく従業員に「デジタル活用のスキル向上」や「創造性・付加価値の高い仕事へのシフト」という価値をもたらすことが期待できます。

 

□エンドツーエンドの自動化ソリューション実現に向けて、国内外でRPA市場を牽引するUiPath社が監修
RPAやAI-OCRなどテクノロジーの導入・定着支援を提供するパーソルP&Tでは、単一業務のデジタル化だけでなく、「エンドツーエンドの自動化ソリューション*1」を実現することで、より高度な生産性向上やDXの実現に近づくと考えています。
「エンドツーエンドの自動化ソリューション」の実現には、従業員一人ひとりがツールを理解し、自動化対象業務の発見から開発まで行う社内の推進・文化醸成が重要です。そこで「一人一台のロボット活用」を描くパーソルP&Tがこれまでの支援実績とノウハウを本ガイドラインに落とし込み、「A Robot for Every Person」を提唱するUiPath社が監修することで、導入支援ベンダーとRPAメーカーの両社の視点で、「エンドツーエンドの自動化ソリューション」を実現するためのガイドラインとなる「パーソルのRfEガイド」を制作しました。

*1…RPAだけでなく、AIや機械学習、ソフトウェアを組み合わせて一連の業務を自動化する概念・実装

□「一人一台のロボット活用」の実現に向けて、5つの必須サブジェクトを策定
現在RPAを取り巻く環境では、RPAを導入したものの、「一部の業務でしか活用できていない」「管理者が不在になり適切な更新がされていない」などの課題が生まれています。RPAの効果を最大化させるには、運用の体制構築や人材育成、業務改善サイクルを継続して回す風土づくりが不可欠です。
本ガイドラインでは、「組織」「人」「仕組み」「文化」「外部パートナー」の5つの必須サブジェクトを策定し、5つのサブジェクトを最大活用することで、社内のRPA推進を軌道に乗せ、将来的には「一人一台のロボット活用」の実現へつなげていくことを推奨しております。
「組織」、「人」、「仕組み」「文化」においては、知識と経験を持つ「外部パートナー」の支援が重要になります。パーソルP&Tでは、RPAを1つのきっかけとして捉え、業務改善を常に念頭に置いた組織の在り方を明示するなど、風土の醸成をサポートさせていただきます。

特徴① 推進組織の構築
これまで500社以上のRPA導入・定着支援を行ってきたパーソルP&Tでは、RPAを社内で推進するためには、その推進組織である 「Center of Excellence(以下、「CoE」)」を構築することが望ましいと考えています。RPA開発を「組織的」「持続的」「高品質」で提供していくだけでなく、定着に向けた社内広報や予算管理等のマネジメントを担う組織の体制、各ポジションの役割、スキルセットを明示しています。

特徴② 人材の育成に向けたトレーナー育成、研修を支援
RPA活用を進めるために、「社内トレーナーの育成」が重要となります。「一人一台のロボット活用」に向けて高度な開発者からシチズン開発者まで、スキルレベルに合わせた製品知識やマネジメント、コミュニケーションスキルが求められます。
トレーナー育成においては、UiPath社が提供する「メソドロジーガイドライン」を参考に「RPA製品知識」や「要件定義」など6つの項目に対し、トレーニングを用意しています。社内でトレーナー育成が難しい場合、外部トレーナーとして研修を実施するといった支援も行っております。
本ガイドラインでは、パーソルP&Tがこれまで様々な企業でRPAの人材育成、研修を実施してきたノウハウを体系化しました。

■提供メニュー
お客様の状況・課題・要望に合わせたプランを用意し、「パーソルのRfEガイド」の提供から研修、ガバナンス作成、その他コンサルティングまで包括的に支援します。

 

提供メニュー

内容  

支援期間

 

金額

ガイドライン提供 集合研修

開発1on1

サポート

スキル判定

基準FMT

ガバナンス

作成

1.ライト × × × × 0か月 ¥300,000
2.育成標準
※1
× 2カ月 ¥2,500,000
3.育成強化
※2
6カ月 ¥8,000,000

※1…RfEガイド提供及び内容の説明会は全てのメニューで提供
※2…育成標準では開発1on1サポートを1サイクル実施、育成強化では開発1on1サポートを3サイクル実施の内容での料金となります

▽「パーソルのRfEガイド」を抜粋した無料版は以下のサイトからご確認ください
https://www.persol-pt.co.jp/ws/document/1281/

本ガイドラインの監修したUiPath株式会社からのエンドースコメントを紹介いたします。

UiPath株式会社はこの度のパーソルプロセス&テクノロジー株式会社様の「パーソルのRfEガイド」のリリースを心より歓迎いたします。UiPath社では一人ひとりがロボットを使いこなす『A Robot for Every Person』を提唱しています。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社をはじめ、パーソルグループ様にはすでにUiPathを広くご利用頂いており、培ってきた知見を社会に向けて発信頂くことを期待しております。

UiPath株式会社
サービス統括本部 ビジネスコンサルティング本部 本部長
明瀬 雅彦

 

 

■背景
現在日本の多くの企業で、企業の働き方改革や生産性向上を目的に、定形業務やノンコア業務の効率化を実現するRPAの活用が進んでいます。テクノロジーの進化により、自動化の範囲が拡大し、活用場面が広がる中、RPAを活用する文化が社内に根付くことで、従業員は創造的な仕事に注力することが可能となります。これにより組織の生産性が向上やイノベーションが促進され競争力の高まりが期待されます。
しかし、RPAを活用する企業では、ロボットの開発や運用に精通した「RPA人材」や、テクノロジーを活用する「人」の視点が不足しており、社内への浸透や導入効果の最大化につながらないといった課題があります。
また、企業としてツール選定やガバナンス・品質の整備などの体制も整えていく必要があり、専門的なノウハウや人材が求められています。

パーソルP&TはRPA黎明期より、RPAを活用した業務効率化を支援してきました。また、パーソルグループを横断したRPAサービスブランド「パーソルのRPA」にて、業務やツール選定から研修や人材派遣までの運用支援を包括的に提供しています。2018年より、「UiPathパートナー」となり、2019年より「UiPathダイヤモンドパートナー」に認定されています。

これまでの500社以上の導入支援で培ったノウハウをガイドラインとして外部公開することで、これまで以上にテクノロジーを活用した業務の効率化、生産性向上に貢献するとともに、グループのビジョンである「はたらいて、笑おう。」の実現を目指してまいります。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社についてhttps://www.persol-pt.co.jp/
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、人・プロセスデザイン・テクノロジーの力で、人と組織の生産性を高めることを使命としています。お客様の事業課題に応じたコンサルティングやシステム開発、アウトソーシングのほか、人とテクノロジーが共存できる社会を目指し、RPAやAIなどを駆使した最新のテクノロジーやサービスを提供してまいります。

「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

本件に関する報道関係者の方からのお問い合わせ先
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 広報担当:恩地・杉山
TEL:03-6385-6866 FAX:03-6385-6671 MAIL: pr@persol.co.jp


PAGETOP
PAGETOP