MENU

TOP > ニュースリリース > 2018 > 中小規模の店舗向け低価格POS レジシステム「POS+ lite(Android版)」の提供を開始

NEWSニュース

7月19日 ニュース

中小規模の店舗向け低価格POS レジシステム「POS+ lite(Android版)」の提供を開始

~紙伝票、レジシステムを使用している店舗に多彩な分析機能で売上げ向上を~

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)は、店頭で購入可能な中小規模の店舗店向けAndroid版「POS+ lite(ポスタスライト)」の提供を2018年7月19日より開始いたします。本サービスは店頭にてタブレットやレシートプリンター、キャッシュドロワーなど会計にまつわる店舗運営に必要な機器を購入後、すぐにご利用いただけるサービスです。
「POS+ lite」についてはこちら

パーソルP&Tはリッチな分析機能による売上向上や、利便性を高めるための様々なシステムとの連携、多言語・多通貨対応による海外出店対応、勤怠管理や日報作成など、店舗運営担当者の生産性を向上させる店舗向けクラウドPOSレジ「POS+」を多くのお客様へ提供してまいりました。

今回、提供を開始する「POS+ lite」は「POS+」の強みである分析機能の一部を搭載し、レジ機能はもちろんのこと、各種サービスと連携(※)や、また店舗運営を簡単にはじめられるよう、簡易にメニュー作成・変更いただくことが可能なサービスです。

postaslite01

■ 背景

クラウドPOSレジを導入する場合、タブレットやレシートプリンター、オーダーハンディなどの周辺機器の選定から手配、決済サービス、予約管理サービス、クラウド会計サービス、Wi-Fiなどへの申し込み、従業員の勤怠システムの導入など、店舗運営にはPOSレジの他、様々な機器の購入やご来店いただくお客様の利便性を高めるためのサービスへの申し込みが必要となります。それらの対応は店舗担当者にとって手間がかかることに加え、中小規模の店舗においては費用負担も非常に大きな問題となっており、導入に踏み止まる店舗も多い状況です。

■ 概要

こうした課題を抱える中小規模の店舗向けに、パーソルP&Tは購入後すぐに店舗運営を可能にすることに加え、低価格で購入できる「POS+ lite」の提供を開始いたします。

-従来のPOS+の分析機能の簡易版を「POS+ lite」にも搭載、店舗の売上向上につなげる
会計に必要なタブレットは、安定的な提供が可能となるAndroid版を使用いたします。このタブレットにPOS+の機能(レジ、着席管理・売上管理)が標準として組み込まれていることで、店舗担当者の業務負荷を軽減いたします。更に「POS+」の分析機能の簡易版が搭載されていることにより、売れ筋商品の把握や時間帯ごとの売上データなどの情報が取得でき、店舗の売上向上につなげます。

-専用Wi-Fi または SIMカードで現場を止めない安定稼働を実現
レジシステムの運用に必要な専用Wi-Fiは、屋内に強い5GHzのWi-Fiまたはレノボ社のSIMフリー端末を標準装備として提供いたします。万一ネットワークが切断された場合でも、「POS+ lite」上のオーダー・売上は削除されず保持され、迅速なデータ復旧・業務再開が可能になるなど安定稼働を実現いたします。

-今後さらに増加するインバウンド(訪日外国人)向け決済サービスも対応も可能に
「WeChatPay(※)」は、中国を中心に人気のモバイル決済サービスで、店舗・利用者両方に利便性をもたらすものとして日本でも注目を集めています。今後ますます増加するインバウンド(訪日外国人)に対応するため、「POS+ lite」でも「WeChatPay」をご利用いただくことが可能です。※WeChatPayはオプションサービスとなります。

-軽減税率対策補助金適用で低価格で導入可能に
「POS+ lite」は会計にまつわる店舗運営に必要な機器や機能をご利用いただくことが可能です。導入費用は、軽減税率対策補助金の対象となるため、約1/3程度の価格で購入いただけます。※現在申請手続き中です

「POS+ lite」サービス一覧

費用 標準装備
オプション
サービス名 価格 軽減税率対策
補助金適用後の価格
(参考価格)
イニシャル 標準装備 初期費用 150,000円程 60,000円程
POS+ liteアプリ
タブレット
レシートプリンター
キャッシュドロワー
専用Wi-Fiルーター(5GHz)
SIMフリー端末
ランニング 利用料 POS+ lite利用料 6,000円 軽減税率対策補助金対象外
オプション 連携機能 決済サービス サービス各社により異なる 軽減税率対策補助金対象外
予約管理サービス
クラウド会計サービス
POS+ Timerecorder
(勤怠・シフト管理サービス)

※上記の決済サービスや予約管理サービス、クラウド会計サービス、勤怠管理システムとの連携も可能です。
また各サービス利用時には別途料金がかかります。
※軽減税率対策補助金は、中小企業庁の一定の要件を満たした上で申請が受理された場合、還付される補助金です。詳細は軽減税率対策補助金のhttp://kzt-hojo.jp/をご確認ください。

■ 今後の展開

今後は店舗やご来店いただくお客様の利便性を高めるため様々なサービスと連携し、順次機能を追加するとともに、様々な販売代理店とも連携し量販店などでも購入いただけるよう拡充してまいります。

「POS+ lite」についてはこちら

■ POS+についてhttps://www.persol-pt.co.jp/postas/
「POS+ (ポスタス)」は、店舗の売上向上や店舗運営担当者の業務負担軽減による生産性向上を実現し、また従業員にとって利便性の高い機能を搭載する店舗向けソリューションです。飲食店向け「POS+ food」や小売業向け「POS+ retail」、理美容向け「POS+ beauty」のクラウド型モバイルPOSをはじめ、顧客の属性に合わせたマーケティング活動を可能にするデジタル会員証「POS+ connect」や、従業員の勤怠管理「POS+ TimeRecorder」、更に従業員の前払い給与を実現する「POS+pay 給与前払いサービス」などきめ細やかな機能を搭載し、効率的な店舗運営を支援いたします。

■ パーソルプロセス&テクノロジー株式会社についてhttps://www.persol-pt.co.jp/
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、パーソルグループの「ITOセグメント」中核会社として、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングを実施しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)からパーソルプロセス&テクノロジー株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

お問い合わせ先
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社  マーケティング部 広報グループ
TEL:03-6385-6866 FAX:03-6385-6671 MAIL: ppt-pr@persol.co.jp

PAGETOP
PAGETOP