MENU

TOP > ニュースリリース > 2018 > Microsoft MVPアワード Microsoft Azure 部門を
パーソルプロセス&テクノロジー社員が受賞

NEWSニュース

6月28日 お知らせ

Microsoft MVPアワード Microsoft Azure 部門を
パーソルプロセス&テクノロジー社員が受賞

~Microsoft Azure関連の技術知識を幅広くユーザーへ共有したことを評価~

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)は、Microsoft Corporationが主催する「Microsoft MVP アワード」にて、「Microsoft MVP アワード Microsoft Azure 部門」を当社エンジニアの小田島哲也が受賞したことをお知らせいたします。

MicrosoftMVP

Microsoft MVP アワードは、マイクロソフトの製品やテクノロジーに関する豊富な知識と経験を持ち、オンラインやオフラインのコミュニティ、メディアなどを通して、顕著な活動をする個人を表彰する賞です。世界90か国以上、約3,800名(2018年5月現在)の方々が MVP を受賞しており、日本では約250名がMVPとして活動を続けています。

今回、当社の小田島はMicrosoft Azure関連の技術知識を幅広くユーザーへ共有したことが評価され、受賞することとなりました。

■ 受賞情報

受賞カテゴリー Microsoft Azure
主な活動 ・Global Azure Bootcamp 2018@Tokyoへの登壇
・エンジニアリングに関する知識の記録・共有サービス「Qiita」での
 Microsoft Azure に関連する記事投稿
・ウェブメディア「DX LEADERS」へのインタビュー掲載
・日経クラウドファーストへの記事執筆
・ETロボコンを運営する実行委員会に参画、東京地区の競技全般の統括、
 およびITインフラ(Azure Platformを積極的に採用)の開発・運用保守

パーソルP&Tはこれからも、お客様のビジネスにおける課題を解決するパートナーとして、高い品質のサービスを提供してまいります。

■ パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について<www.persol-pt.co.jp

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、パーソルグループの「ITOセグメント」中核会社として、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングを実施しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)からパーソルプロセス&テクノロジー株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について<www.persol-group.co.jp

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

問い合わせ先
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社  マーケティング部 広報グループ
TEL:03-6385-6866 FAX:03-6385-6671 MAIL: ppt-pr@persol.co.jp

PAGETOP
PAGETOP