MENU

TOP > ニュースリリース > 2016 > 【東洋大学とIBS共同研究】社員のモチベーション向上を目指した心理学研究プロジェクトをスタート

NEWSニュース

10月13日 ニュース

【東洋大学とIBS共同研究】社員のモチベーション向上を目指した心理学研究プロジェクトをスタート

~社会人における行動の習慣化を約2ヶ月間の実証実験で解明~

総合人材サービス・パーソルグループの株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 :長井 利仁、以下「IBS」)は、学校法人東洋大学と共同で社員のモチベーション向上を目指したビジネスパーソンの行動計画およびその習慣化についての研究に関する産学連携契約を、平成28年4月25日に締結しました。

当社の人材開発部 教育研修グループと東洋大学 社会学部社会心理学科の尾崎由佳准教授は、ビジネスパーソンが多忙な生活の中で、目標を定め、それを達成するための行動を計画し、さらにその行動を習慣化する過程を効果的にサポートすることを目的とした心理学的研究を行います。具体的には「WOOP(※)」と呼ばれるセルフコントロール支援法にもとづき、スマートフォンを通じて日常的に簡便に実施できる支援ツールを開発して、その効果を検証します。

プロジェクトの第一回として、2016(平成28)年8月30日(火)に白山キャンパス5103教室にて、IBSの社員を対象としたワークショップを実施しました。今後も定期的に、事後調査やフォローアップの研修などを開催し、その効果を測定していく予定です。

※計画性と自制心を強化するツール「WOOP」
(WOOPとは、以下の4つのサイクルの頭文字をとったもの)
WISH(願い)→Outcome(結果)→Obstacle(障害)→Plan(計画)

問い合わせ先
株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ  経営企画部 広報グループ(木村・田頭)
TEL:03-6385-6866 FAX:03-6385-6671
MAIL:pr-ibs@inte.co.jp

<株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について>

https://www.persol-pt.co.jp/
IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。
総合人材サービス企業PERSOL(パーソル)グループの中核会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。PERSOL(パーソル)グループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。

■ ミッション、ステートメント
「はたらく楽しさを、いっしょにつくる。」
私たちの仕事は、効率の良いシステムをつくるだけではいけない。
高度なITサービスを提供するだけではいけない。
何より、そこではたらくひとりひとりの気持ちを高めていくこと。
それがやがては、会社の生産性さえも、飛躍的に高めていく。
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、そう信じています。
業務効率化、高度なIT支援、そして、人材ノウハウ。
私たちは三位一体のサービスで、お客様の組織力向上に尽くし、
はたらく楽しさを、いっしょにつくっていきたいと願っています。

■「PERSOL(パーソル)」について

2016年7月に誕生した、国内外80社を超える「テンプグループ」の新たなグループブランドです。
ブランド名の由来は「PERSON=人の成長を通じて」と「SOLUTION=社会の課題を解決する」。
「人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。だからこそ、はたらく人の成長を支援し、輝く未来を目指したい」という想いを込めています。
当グループは今後「PERSOL(パーソル)グループ」として、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」を実現すべく、グループ一体となって労働・雇用の課題の解決に全力で取り組んでまいります。


PAGETOP
PAGETOP