MENU

TOP > ニュースリリース > 2016 > 【イベントレポート】IBSが夏休み子供イベントを開催30名の子供たちがオリジナルの“ひらめきダイス”でアイデアを創出

NEWSニュース

8月10日 ニュース

【イベントレポート】IBSが夏休み子供イベントを開催30名の子供たちがオリジナルの“ひらめきダイス”でアイデアを創出

~今話題の教育手法“アクティブ・ラーニング”を企業の社会貢献活動で体験~

総合人材サービス・PERSOLグループの株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 :長井 利仁、以下「IBS」)は、一般財団法人 ひらめき財団(所在地:東京都中央区、代表理事 福井 直樹、以下「ひらめき財団」)(※1)との共同CSRイベント「Summer Kids Idea Day Camp」を2016年7月30日に開催しましたことをお知らせいたします。

kids01

■ イベント当日の様子
7月30日(土)「Summer Kids Idea Day Camp」に約30名の子供たちが参加
アクティブ・ラーニングでビジネスアイデアを創出!

「はたらく楽しさを、いっしょにつくる。」というミッションを掲げているIBS。ミッションにある「いっしょに」という言葉には、社員、お客様はもちろんのこと、未来をつくる子供たちも含まれています。未来の「はたらく」をつくる子供たちに、「はたらくことの楽しさ」を感じてもらい、未来の「はたらく」自分に少しでもワクワクしてほしいと願い、本イベントを企画いたしました。

本イベントは、これまで多くの企業や学校でひらめきに関するワークショップを開催してきた「一般財団法人 ひらめき財団」との共催により実現いたしました。今回のために新たに開発いただいたオリジナルのキッズ向けダイスを使い、自分のアイデアを「見える化」できるワークショップを実施。今、教育現場で注目されている、自ら学び、気づきを得る“アクティブ・ラーニング”で、アイデアとは何なのか、そして自分の中の新しいアイデアに出会うきっかけと気づきの場を提供いたしました。

子供たちはいくつかのチームに分かれ、まずは3種類のダイスを使って自己紹介をスタート。ダイスの面には様々なお題が書かれているので、普段とは異なる自己紹介で子供たちは一気に打ち解け、緊張も和らいだ様子に。続いてアイデアのひみつを学ぶ時間では、アイデアって何?アイデアってどうやって出すの?ということに戸惑いを感じていた子供たちも、「分かる!できる!」と声があがり、アイデアのひみつを理解できたことに喜びを感じているようでした。

kids02そして、実際にアイデアを出すワークショップ。3種類のダイスには

① 「いたずら」や「お出かけ」「恋愛」などの行動を表すお題
② 「楽しみたい人のため」「出来ない人のため」等の感情を表すお題
③ 「アプリ」「お店」「ゲーム」などのツールを表すお題

がそれぞれ記載されており、この3つのダイスを組み合わせ、その内容に合わせてアイデアを出していきます。
例えば「いたずらをしたい人のためのゲーム」というお題や、「旅行をしたい人のためのお店」「恋愛を楽しみたい人のためのアプリ」など、様々なお題に対し、子供ならではの発想力で沢山のアイデアを出し合いました。
アイデアを出す楽しさ、喜びを感じ、こんなアプリがあったら面白い!こんなゲームがあったらやりたい!といった考えがたくさん湧き、どのテーブルも大変盛り上がりました。

kids03

そしてチームで出したアイデアの中から実現させたいものを1つ選び、プレゼンテーションをするために、アイデアを絵にする時間。
自分たちが出したアイデアをどのように表現し、どのように伝えるかをみんなで考え、絵にしていく。
これもアイデアを出し合い、みんなで1つの作品をつくりあげました。

kids04最後はチームごとにプレゼンテーションを行いみんなの前で発表。
発表してくれたアイデアは、ケンカができない人向けに「ケンカに勝つための方法が学べる塾」や、ペットの世話をしたくない人向けに「ペットをレンタルしてくれるホームページ」、旅行にいきたい人向けには「現地のグッズに触れたり、食べ物が食べられるお店」など、沢山のアイデアを発表してくれました。
審査員は大手企業の役員や、多数の有名なデザイナーを生んだ、美術大学の教授など。大勢の人の前で発表する子供たちは、緊張をしている様子でしたが、ビジネスやアートの世界の第一線で活躍する大人たちに、出したアイデアを評価、アドバイスをもらえたことで、「自分でもアイデアを出せた」「もっと面白いアイデアを出したい」といった喜びや欲求を引き出すことができました。

■ 参加した子供たちのコメント

小学6年生女子 アイデアを出すのは自分の中では難しいことだったので、たくさんアイデアを出せてよかったです。
小学5年生女子 アイデアのひみつを知ることができたので、これからも忘れず使っていきたいと思いました。
小学5年生男子 アイデアの出し方や、想像力が上がり、アイデアをたくさん出せたことがとても楽しかったです。
小学4年生男子 今日出したアプリのアイデアが本当に商品になればいいなと思いました。

IBSは今後も、このようなイベントを通じて社会貢献をしていくとともに、「はたらく楽しさを、いっしょにつくる。」を実現してまいります。

■ Summer Kids Idea Day Camp開催概要

日時・場所: 2016年7月30日(土)第1回:10時~12時  第2回:14時~16時
インテリジェンス ビジネスソリューションズ 豊洲本社
江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント7階 / 有楽町線「豊洲駅」直結 徒歩3分
対象者: 小学校4年生~6年生のお子様 
参加費: 無料
主催: 一般財団法人 ひらめき財団 / 株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ

<(※1)一般財団法人 ひらめき財団について> http://hiramekidan.org/

ひらめき財団は、人間が本来持つ能力としてのアイデア構築力に着目、その再現性を研究した成果としての「アイデア理論」によって、一
人一人が本来持つアイデア構築能力を最大限伸ばすサポートを行い、社会貢献を目指す財団法人です。2013年設立以来、パナソ
ニック社をはじめとした大手企業で「アイデア理論ワークショップ」が導入され、かつてないアプローチでアイデアを科学しながら「誰にでもアイ
デアが出せる」実践的なフレームワークが評価されています。また2015年の神戸大学、2016年6月の聖学院中学校・高等学校など
教育機関における実験的な授業導入も開始され高い評価を受けています。

<株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について> https://www.persol-pt.co.jp/

ミッション 「はたらく楽しさを、いっしょにつくる。」
IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。
総合人材サービス、パーソルグループの中核会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。パーソルグループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。

■ 「PERSOL(パーソル)」について

2016年7月に誕生した、国内外80社を超える「テンプグループ」の新たなグループブランドです。
ブランド名の由来は「PERSON=人の成長を通じて」と「SOLUTIONL=社会の課題を解決する」。
「人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。だからこそ、はたらく人の成長を支援し、輝く未来を目指したい」という想いを込めています。
当グループは今後「PERSOL(パーソル)グループ」として、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」を実現すべく、グループ一体となって労働・雇用の課題の解決に全力で取り組んでまいります。

問い合わせ先
株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ  経営企画部 広報グループ
TEL:03-6385-6866 FAX:03-6385-6671

PAGETOP
PAGETOP