2020.04.6

ニュース

パーソルグループ、新型コロナウィルス感染拡大への防止施策としてテレワーク(遠隔/在宅勤務)導入を急ぐ企業を支援。初めてのテレワークを成功に導く、チームのタスク管理ツール「Bizer team」を無償提供開始

 

「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに掲げる、総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)はグループ会社のBizer株式会社(東京都千代田区、代表取締役:畠山 友一)が提供するチームのタスク管理ツール「Bizer team」を、新型コロナウイルス対策でテレワーク導入を検討している企業の皆さまに無償で提供いたします。

背景

パーソルP&Tのコンサルティング部門である「ワークスイッチコンサルティング」では、働き方改革の課題を解決するための専門組織として企業の成長を支援すると共に、これまでに800社以上に対してテレワーク導入の支援を行ってまいりました。「ワークスイッチコンサルティング」ではご支援をさせていただく際に、プロセスの標準化、可視化をすることが重要であると考え、チームのタスク管理ツール「Bizer team」を活用しております。

 

この度の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの企業がテレワークを実施、また導入の検討を開始しています。パーソルグループでは、はたらく人の健康と安全を守り、「はたらいて、笑おう。」の社会を実現するため、テレワーク導入を検討している企業に対して、必要な手順やタスクがテンプレート化された「Bizer team」を無償で提供いたします。また、テンプレートには手順の詳細や注意点などが記載された「テレワーク制度設計ガイドライン」が添付されており、テレワークをはじめて検討する担当者の方にも迅速にご対応いただけます。また、「Bizer team」を通常業務にもご活用いただくことで、テレワークを行う際の課題となる業務の見える化が可能となり、複数のメンバーで行う業務の役割分担や進捗共有がはたらく場所に左右されることなく行えます

▲「Bizer team」で利用できるテレワーク導入ガイドのテンプレート

 
 

▲「Bizer team」に添付されているテレワーク制度設ガイドラインより一部抜粋

 

提供サービス:「Bizer team」とは

「Bizer team」を活用することで、業務プロセスの可視化が容易になり、問題発見、解決までを迅速にご支援することが可能となります。また、継続利用いただくことで、お客さま自身での業務改善が可能となることや、タスク情報が蓄積されることで業務マニュアルとして活用、業務を平準化させチームの生産性を高めます。

 

1. チームメンバーの仕事を可視化
チームメンバーの仕事をすべてタスクとして登録し、共有することが可能。今、誰が、どんな仕事をしているのかが一目でわかる他、ファイルやリンク等の関連情報もタスクと一緒に登録でき、コメントのやりとりも可能なので、1つの画面にタスクに関するすべての情報を集約・管理できます。

 

2. タスクをリアルタイムに進捗管理
各タスクのプロセスは「チェックリスト」として登録し、アサイン・通知・リマインダー機能を使うことで、チーム内の業務分担や進捗管理ができます。さらに、各チェックリストには作業内容や手順等を示すファイルやメモも登録できます。定期タスクや繰り返し発生するタスクでは、チェックリストそのものが簡易マニュアル・手順書として役立ち、業務の標準化や効率化を促します。チェックリストはテンプレートとして保存できるので、マニュアル代わりとして繰り返しいつでも活用できます。

 

〇提供内容
テレワーク導入のために必要な手順・タスクを「Bizer team」にテンプレート化し無償提供
※『テレワーク制度設計ガイドライン』もあわせてご提供いたします

 

〇提供対象
テレワークを検討している企業さま

 

〇提供期間
2020年4月末日まで

 

ご利用のお申し込みはこちら https://bizer.jp/team/campaign/telework-introduction-support/