GO TOP

労務可視化ツール

労務可視化ツールは、テレワークにおける課題解決ツールになります。
もっとも多い課題としては、「労務実態の把握」が挙げられており、
ツールを導入いただくことにより、労務実態が可視化できるようになります。

労務可視化ツール 
PC利用可視化サービス機能

労務可視化ツールは、ワークスタイル変革時代のマネジメント支援ツールになります。在宅勤務における「はたらく」時間を可視化することができ、社員1人1人の労務実態の把握することができます。

労務可視化ツールで
労務の"見える化"を実現

テレワークを導入、もしくは導入を検討されている皆様、このような課題を抱えていませんか?「就業時間関係なくいつでも仕事ができてしまうため、時間外問わず働きすぎてしまうのでは?」、「社員同士のコミュニケーション不足」などさまざまな課題を抱えていませんか?

労務が見える
  • PCログから「いつ、どんな作業をしていたか」を可視化。
  • 上司はテレワークをしている従業員の労務実態を把握。
  • 従業員は適性に働いていることを証明。
  • スマホに専用アプリを入れておくことで、どこで働いていたかを、可視化。
PC利用可視化サービス
勤務が見える
  • 従業員が自己申告する勤務状態ではなく、実態が見える。
  • 既存の勤怠システムと本ツールで取得したPC操作ログの照合で差分を可視化。
  • 差分が大きい場合は人事担当や勤怠承認者へメール通知も。
勤務実態の把握サービス

労務可視化ツールの
導入メリット

テレワーク時の労務実態を可視化できる。
企業の経営層や管理職が、テレワークに持つ漠然とした「不安」を払拭し、テレワーク導入の障壁を低減することが可能。労務実態を可視化することにより、社員1人1人に対して、「公正な評価」ができる。

勤務実態の可視化

始業・就業時間などの作業時間の合計をPC上で表示し、超過勤務や労働不足を検知

公正な評価

社員1人1人の労務実態を把握することで、社員に対し適切な人事評価が可能になる。

テレワーク向け労務可視化システムを独自開発

企業のテレワークの課題である、労務実態の把握が可能となるサービスでございます。在宅勤務などのリモートワークの際に活用できるツールとなっており、過重労働の対策として活用いただけます。

  • 国内初となるログ管理による労務に特化したツールになります。
  • テレワークの導入・定着をサポート! ツールの導入だけではなく、テレワーク導入・定着における課題分析から、導入実証の企画~推進~課題整理からご支援が可能。
  • 使用料はわずか1ライセンスあたり月300円から(※) 利用人数によって金額は変動致します。 ※新規99ユーザまでは、月額/固定の利用料になります。100ユーザ以上は、月額/ユーザの利用料1ユーザ単位の販売になります。