ホワイトペーパー

WHITE PAPER

ホワイトペーパー

製造業のDXというと、ラインにロボットを導入したり基幹システムの刷新による一元的にデータを管理したりと、大々的な業務の変革をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、これらの実現には長い年月や膨大なコストがかかることが少なくありません。 一方で、「紙で届く伝票内容をシステムに手打ちするために出社する」「月末月初の締め作業での残業する」など、いわゆるノンコア業務と呼ばれる部分を減らすことで・・・

製造業を含めた世の中のあらゆる企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めています。 DXの一環であるデータドリブンな経営は、自社の競争力維持・強化において大きな注目を集めています。 そこで今回は計測機器・制御メーカーとして国内最大手の『横河電機株式会社』が行った”売上分析” ”睡眠予測分析” “在庫分析”の3つの分析をモデルケースとし、経営判断で活躍するデータドリブンについてご紹介いたし・・・

調達はサプライチェーンの上流に位置し、納期にも大きな影響を及ぼすことから遅れが許されない重要なプロセスです。本資料では、PCからの FAX送信で行っていた発注業務にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を適用して業務効率化を実現した事例を解説します。 この企業は、従来の業務時間の63%を RPAによって削減し、創造性の高い業務に取り組む時間を創出することができました。

製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を検討する際には、これまでほとんど注目されてこなかったバックオフィス業務に目を向けることが重要です。 特に調達部門は直接利益を生まない間接部門として、デジタル施策が手つかずの状態となっている企業は多く見られます。 DXの取り組みの中で調達部門の業務がどのように改善できるのか、パーソルプロセス&テクノロジーが支援した事例を踏まえて解説します。