ホワイトペーパー

WHITE PAPER

ホワイトペーパー

製造業界では現在、異常検知や予兆保全の質の向上のためOT(制御技術)データの収集に着手している企業が増えています。 しかし、集めたデータを十分に活用できず、熟練者の経験則に依存したプロセスから抜け出せない企業が多いことも実情です。 本資料ではAIを用いた外観検査(画像データ活用)の高精度化をテーマに運用までのフローや事例をご案内します。  

製造業のDXというと、ラインにロボットを導入したり基幹システムの刷新による一元的にデータを管理したりと、大々的な業務の変革をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、これらの実現には長い年月や膨大なコストがかかることが少なくありません。 一方で、「紙で届く伝票内容をシステムに手打ちするために出社する」「月末月初の締め作業での残業する」など、いわゆるノンコア業務と呼ばれる部分を減らすことで・・・

国内製造業において、現場の生産性を向上させるために、これまで熟練者の経験や勘に依存していた業務に人工知能(AI)を活用する動きが高まっています。 しかし、AIを現場で利用できるようにするには、データの準備や前処理、データサイエンティストによるチューニングなどさまざまな工程が必要になるため、導入のハードルが高いことが課題でした。 それに対する解決策として、製造現場に適したAIモデルを自動で生成して導・・・

製造業界では今、多くの企業がDXの推進に取り組んでいます。 しかしそのほとんどが総務や人事、経理、いわゆるバックオフィスと呼ばれる部分に留まっており、製造現場でのDXは進んできないというのが現状です。 その理由としては、「人の感覚や経験で行う工程がありテクノロジーを導入できない」「データの収集が難しく何から取り組めばいいかわからない」「AIの導入をするとなると予算が足りない」といったものが多く挙げ・・・

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り掛かっていますが、何から手を付けてよいかわからず思うように推進できないという企業は少なくありません。 DX推進に成功している企業の多くは、スモールスタートで一部の業務の効率化・自動化を行い、一定の効果が出始めたら、他部署や業務へ広げていくという進め方を行っています。 本資料では短期間で効果の出やすい受発注業務を題材に、RPA×AI-O・・・

“VUCA時代”といわれる現代において、ビジネス環境や市場、組織などあらゆるものを取り巻く環境が変化し、将来の予測が困難な状況に対応するため、アナログからデジタルへの転換と収集したデータ活用の必要性が高まっています。 製造業界では、最新のトレンドとして、ERPとMESのデータを統合し活用する動きが進んでいます。 このホワイトペーパーでは、先進企業で推進が進む製造業のデータ駆動型ビジネスについて解説・・・

多くの企業の生産現場では生産性を高めるための工夫を日々行っています。 業務改善の一環としてシステムを導入する企業もありますが、それによって新たに入力の手間が生じることもあり、システムやデータの連携に課題が残ることも少なくありません。 ここでは、RPAによる生産業務の効率化を2例ほど紹介いたします。

製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)では、生産部門の高度化は不可欠です。 生産部門は、国が進める「Society 5.0」でも重要視されており、 さまざまな企業がスマートファクトリー化や産業IoT(IIoT)の取り組みを加速しています。 しかし、そこで課題になりやすいのがITデータとOTデータの統合やデータ活用のための基盤の構築です。 これを支援するパーソルプロセス&テクノロジーのソリ・・・