ホワイトペーパー

WHITE PAPER

ホワイトペーパー

製造業を含めた世の中のあらゆる企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めています。 DXの一環であるデータドリブンな経営は、自社の競争力維持・強化において大きな注目を集めています。 そこで今回は計測機器・制御メーカーとして国内最大手の『横河電機株式会社』が行った”売上分析” ”睡眠予測分析” “在庫分析”の3つの分析をモデルケースとし、経営判断で活躍するデータドリブンについてご紹介いたし・・・

製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)では、サプライチェーンの効率化・高度化に向けて、 物流部門の業務改革にも目を向ける必要があります。物流部門のデジタル化では、AI(人工知能)やIoTの利用、 さらにGPSなどの位置情報、ロボティクスといった最新技術の活用が進んでいます。 その中でデータ分析のアプローチで「物流部門」のデジタル変革を推進するアプローチを紹介します。

製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を検討する際には、これまでほとんど注目されてこなかったバックオフィス業務に目を向けることが重要です。 特に調達部門は直接利益を生まない間接部門として、デジタル施策が手つかずの状態となっている企業は多く見られます。 DXの取り組みの中で調達部門の業務がどのように改善できるのか、パーソルプロセス&テクノロジーが支援した事例を踏まえて解説します。

製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)では、生産部門の高度化は不可欠です。 生産部門は、国が進める「Society 5.0」でも重要視されており、 さまざまな企業がスマートファクトリー化や産業IoT(IIoT)の取り組みを加速しています。 しかし、そこで課題になりやすいのがITデータとOTデータの統合やデータ活用のための基盤の構築です。 これを支援するパーソルプロセス&テクノロジーのソリ・・・

近年製造業界では、少子化や新型コロナウイルスにより”データの利活用”や”DX推進”が強く推奨されるようになりました。 しかしながら、「DXを進めていきたいけど何をすればよいかわからない」「ツールは入れてみたもののうまく活用できていない」といった声が多いのが実情です。 「上手なデータの活用方法」はご存知でしょうか? 今回は、間接部門でのデータ基盤構築を中心に、ITコンサルティングにおける製造業の事例・・・