動画

製造現場のデータを用いた外観検査の極意

製造業界では現在、異常検知や予兆保全の質の向上のためOTデータを収集している企業が増えています。しかし、集めたデータを十分に活用できず、熟練者の経験則に依存したプロセスから抜け出せないとの声を多く伺います。

その理由としては、
「外見検査装置(AOI)の過検知が多く、検査員の人員を減らせない」
「熟練者のカン・コツに頼る工程がありテクノロジーを導入できない」
などが挙げられます。

今回、製造業のAI開発で実績が豊富なクロスコンパス社 右谷氏より、画像データ処理に焦点を合わせたAIモデル開発やエッジ機器への組み込みを詳細にご講演いただきます。また、実際にAI生成ツール『MANUFACIA』のモデル開発画面(データ入力/前処理等々の手順含む)のご紹介もいただきます。

動画後半ではPERSOLの製造業DXによるAIを活用したサービスもご紹介いたします。

動画視聴