動画

製造現場の振動・時系列データ活用の極意【AIセミナー実践編】~事例から学ぶ高精度な異常検知~

製造業界では現在、異常検知や予兆保全の質の向上のためOTデータを収集している企業が増えています。
しかし、集めたデータを十分に活用できず、熟練者の経験則に依存したプロセスから抜け出せないとの声を多く伺います。

その理由としては、「しきい値を用いた検査では精度が上がらない・異常が発生しないとわからない」「熟練者のカン・コツに頼る工程がありテクノロジーを導入できない」などが挙げられます。

本動画では、製造業のAI開発で実績が豊富なクロスコンパス社 高倉氏による、振動・時系列データのAIモデル開発の詳細や事例をご覧いただけます。
また、セミナー内ではAI生成ツール『MANUFACIA』のモデル開発画面も紹介いたします。

動画後半ではPERSOLの製造業DXによるAIを活用したサービスもご紹介いたします。
製造現場でのAI活用にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

動画視聴