調達業務のDX

完全なデジタル化が適用しづらい領域である購買・発注などの業務をさらに効率化・高度化する支援をします。
SOLUTION

ソリューション

調達業務はデータのやりとりが必ずといってよいほど発生します。
近年では購買・発注の仕組みをシステムで電子化する取り組みが進みつつあるものの、業務の中には人の手を介する作業も多く残っています。

私たちは、2つの観点から調達業務のDX化を支援します。
1.発注データを分析・可視化する仕組みを構築し業務改善に必要な知見を導き出すデータアナリティクスの支援
2.システム化されずに残っている定型業務の自動化の支援

調達業務はデジタル化の取り組みがまだまだ進んでいない領域です。
既存業務をコンサルタントが分析し、クライアント自身では気がつきにくい業務の改善点を明らかにしDX化をご支援します。

USE CASE

活用事例

事例:発注業務のFAXエラーのチェック・対処業務を自動化
ある企業では、取引先への発注業務にPCと連携したFAX送信ツール用いており、一連の業務の中で発生していた人の作業をなくすために、RPAを用いて自動化を実現しました。
導入前の課題
・単純作業だが発注遅延は納期に影響するため、即日処理が求められていた
・処理件数は増加する可能性があり効率化が急務であった
導入後の効果
・作業ミスがなくなり、品質が安定した
・自動化によって業務の属人化が解消し、誰でもできる業務になった
・単純労働を自動化したことにより、より創造性の高い業務へ集中できるようになった
WHITE PAPER

ホワイトペーパー

製造業のDXというと、ラインにロボットを導入したり基幹システムの刷新による一元的にデータを管理したりと、大々的な業務の変革をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、これらの実現には長い年月や膨大なコストがかかることが少なくありません。 一方で、「紙で届く伝票内容をシステムに手打ちするために出社する」「月末月初の締め作業での残業する」など、いわゆるノンコア業務と呼ばれる部分を減らすことで・・・

製造業を含めた世の中のあらゆる企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めています。 DXの一環であるデータドリブンな経営は、自社の競争力維持・強化において大きな注目を集めています。 そこで今回は計測機器・制御メーカーとして国内最大手の『横河電機株式会社』が行った”売上分析” ”睡眠予測分析” “在庫分析”の3つの分析をモデルケースとし、経営判断で活躍するデータドリブンについてご紹介いたし・・・