生産業務のDX

  • 製造業の中心となる生産業務にロボットやAIを活用し、
    省人化・自働化を推進するためのご支援をします。
    また、QCDの最適化に向けたご提案をします。
    生産業務にロボットやAIを活用し
    DX化を推進するためのご支援と
    QCDの最適化のご提案をします。
ABOUT

生産業務のDXとは

生産業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)では
AIやRPAを駆使することで、
生産現場の抱える様々な課題解決を図ります。
  • AIによる最適化
    AIによる最適化
    AIによる異常検知や予兆保全に
    よって機会損失を低減し
    生産業務を最適化します。
  • システムによる可視化
    システムによる可視化
    現場に適したシステムの導入により
    製造過程で得られる多様なデータの
    可視化を実現します。
  • ロボットによる効率化
    ロボットによる効率化
    ロボットによる自働化により
    人的リソースの削減を実現し
    生産現場に効率化をもたらします。
手作業による人的ミス・検査品質のばらつき・リソースの不足

生産現場の多様な課題を
パーソルのノウハウで解決

SUBJECT

生産現場の課題

生産現場の課題
近年の AI やロボットの進化は目覚ましく、これまで困難と思われていた業務が人から置き換えられています。しかし、生産現場において、組み立てや検査業務など、まだまだ人が行っている業務は数多く存在しているのも現状です。
加えて、システム導入後も各システムの連携に課題が残されていることも少なくありません。プロセスの統一やシステム間のギャップを埋め、省力化を推進することが望まれています。
生産業務のDXでは、より一層の省⼈化・自働化を図ることで、企画や技術向上の業務に注⼒し、安定した品質の製品づくりとスピーディーな製品供給、コスト削減の実現が期待されています。
SOLUTION

パーソルが提供する
ソリューション

生産業務で陥る課題感を
パーソルの製造業DXなら
一気通貫で対応可能です。
パーソルが提供するソリューション パーソルが提供するソリューション
AI SOLUTION

生産業務における
AIの活用

工場やプラントなどの製造ラインにおいて、機械学習や深層学習をはじめとする AI の活用が進んでいます。画像および映像の認識は製品や部品の外観検査で活用されます。また、信号・波長・音声・振動などの分析は製品や部品の異常検知および生産設備の故障を未然に防止する予兆保全においても活用されています。
従来こうしたデータの活用は、熟練者の勘やコツに依存していましたが、退職により人手不足が進めば、彼らに頼ることが困難になります。それゆえ、AIを用いた課題解決へのニーズはますます高まっています。
生産業務におけるAIの活用
生産現場にAI(人工知能)
生産現場に
AI
(人工知能)
MANUFACIA

AI生成ツールのご紹介

AI生成ツールマニュファシアなら、
誰でも簡単にAIを作成できます。
生産効率、費用対効果、人材不足、技術継承など、
生産業務の様々な問題の
解決を支援します。
マニュファシア
スモールスタートに最適な
機能限定版もご用意
生産現場の抱える異常検知・予兆保全・外観検査の課題を解決に導く

製造業のためのAI生成ツール
MANUFACIA

USE CASE

活用事例のご紹介

パーソルのDXが
解決をもたらした具体的な
活用事例のご紹介です。
  • 事例 - 鋳物の異常検知

    鋳物の異常検知
    お客様の課題
    自動車部品用の鋳物の製造過程において、外観検査装置を用いていたが、異常判定となった部品のほとんどが正常品であった(過検知が生じた)ため、目視による再選別の人的負担が大きかった。
    AI生成ツールによる解決
    正常・異常な場合のそれぞれの画像をAI生成ツールでAIに学習させたのち、外観検査装置で異常と判定されたデータを再判定させた。これにより、人手による再選別の負担を大幅に軽減できた。
    目視による選別の負担軽減に成功
  • 事例 - 研磨用砥石の予知保全

    研磨用砥石の予知保全
    お客様の課題
    光学部品の仕上げ工程で部品を研磨するために研磨用の砥石を用いていたが、砥石の寿命を見極めることが難しく、定期的な交換で劣化を回避していた。
    AI生成ツールによる解決
    光学部品の品質を正常・異常に分類したのち、研磨工程で観測した振動データをそれらでラベル付けし、AI生成ツールに学習させた。それにより、研磨用砥石の高精度の劣化判定が実現できた。
    試行段階で100%の判定を実現
  • 事例 - 入力業務の自動化

    入力業務の自動化
    お客様の課題
    受注から承認までの全体のプロセスは単純であるものの、システムへの入力項目が多いため手間がかかっていた。それゆえ、他業務との兼ね合いで後回しになってしまうことも多かった。
    RPAによる解決
    スケジュール等の入力業務をRPAにより自動化することで、これまで費やしてきた入力工数を大幅に削減することができた。また、新しい工程をマニュアル化することで、担当者の負担も軽減できた。
    入力業務の時間を80%削減
WHITE PAPER

ホワイトペーパー

製造業界では現在、異常検知や予兆保全の質の向上のためOT(制御技術)データの収集に着手している企業が増えています。 しかし、集めたデータを十分に活用できず、熟練者の経験則に依存したプロセスから抜け出せない企業が多いことも実情です。 本資料ではAIを用いた外観検査(画像データ活用)の高精度化をテーマに運用までのフローや事例をご案内します。  

製造業のDXというと、ラインにロボットを導入したり基幹システムの刷新による一元的にデータを管理したりと、大々的な業務の変革をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、これらの実現には長い年月や膨大なコストがかかることが少なくありません。 一方で、「紙で届く伝票内容をシステムに手打ちするために出社する」「月末月初の締め作業での残業する」など、いわゆるノンコア業務と呼ばれる部分を減らすことで・・・