RPAコンサルティング

RPAを用いた業務自動化の提案及び導入支援、
その後の定着化までを伴走するソリューションです。
INTRODUCTION

サービス紹介

クライアントでは気づかない業務⾃動化の仕組みを提案‧構築

製造業における調達、⽣産、物流、販売から開発設計、製品企画まで幅広い業務にてRPAを⽤いた業務の⾃動化の提案を⾏います。まずはお客様の業務を調査しRPAによって改善できる部分を特定した上で、RPAによる業務フローの設計から導⼊‧構築までを⾏います。

既にRPAを導入されている場合でも当社コンサルサービスをご利用いただくことで、自社だけでは構築できない自動化の仕組みをご活用いただくことができます。新たに自動化できる業務領域を提案して欲しいというご要望に対しましても、RPA導入経験の豊富な当社コンサルタントが支援いたします。

導⼊実績700社超、RPAエンジニア600名超の豊富な実績

パーソルプロセス&テクノロジーは、国内でもシェアの⼤きいRPA製品であるWinActor‧UiPathのリセラーランク最上位のパートナー企業として700社以上の豊富な導⼊実績があり、また600名以上の経験豊富なエンジニアを擁しています。RPAのプログラムといった「成果物」を提供するだけでなく、RPAの知⾒をお客様にスキルトランスファーし組織⼒を⾼める⽀援も可能です。

図

WORKS

事例

製造業のさまざまな業務の中に存在する単純業務や⼈⼿を介した業務を⾃動化することで、業務負担の軽減と⼈に依存しない業務標準化を⽀援します。
クライアント
⽀援内容
出庫管理データと在庫管理データを連携し、出庫を管理する物流担当者の業務を効率化
導入前の課題
‧在庫管理システムから出庫対象のデータをExcelへ抽出する作業と在庫管理システムへの登録作業が⼿間に
‧出庫対象データの判定のルールが明確ではなく、判定する⼈により粒度が変わってしまう
導入後の結果
‧出庫対象データの判定ルールを明確化、システム上にて登録を実施することで⼯程を簡素化
‧判定をロボット化することにより、担当者の負担を⼤幅に削減
CONSULTING

コンサルタントからのメッセージ

業務の中にはRPAが向いている領域とそうではない領域があります。それらをしっかり⾒分けながら投資対効果の⾼いRPA導⼊を提案し、クライアントの業務改⾰を⽀援します。
また、既存業務の中で⾃動化が難しい領域には、⼿法を変更したり、まだご利⽤されたことのないRPAの機能を最⼤限に活⽤したりすることで⾃動化を達成できる可能性もあります。クライアント⾃⾝では気づかない業務改善⼿法の発⾒を、技術と業務改善の双⽅の知⾒を持つコンサルタントがお⼿伝いします。

RPA・ERPコンサルティング ゼネラルマネージャー シニアコンサルタント
石橋 隆晃
Takaaki Ishibashi
大手自動車・電力会社のSAP導入支援に従事。2011年 当社にてシステム開発部門の責任者に着任。製造・小売等の開発・設計・PMなど多岐にわたるプロジェクトに関与。2017年 RPA事業の責任者に着任し大手自動車メーカーのRPA内製化支援を実施。2021年より RPA・ERPコンサルティングの責任者に着任し現在に至る。
WHITE PAPER

ホワイトペーパー

製造業のDXというと、ラインにロボットを導入したり基幹システムの刷新による一元的にデータを管理したりと、大々的な業務の変革をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、これらの実現には長い年月や膨大なコストがかかることが少なくありません。 一方で、「紙で届く伝票内容をシステムに手打ちするために出社する」「月末月初の締め作業での残業する」など、いわゆるノンコア業務と呼ばれる部分を減らすことで・・・

『RPAは簡単だ。』と世間一般には言われています。しかし、現実にはRPA導入企業の60%以上が“RPA導入に失敗している”というデータがございます。 最近のRPA導入企業に向けた調査の結果から、”RPAのガバナンス構築”がRPA導入成功の重要なポイントになることが明らかになりました。 本ホワイトペーパーではRPA導入における”ガバナンス構築”のポイントについてご説明いたします。