コラム

COLUMN

SAPを軸にしたデータ駆動型ビジネスのトレンド

製造業では、市場の変化に素早く対応するためにデータを活用し、生産計画管理をリアルタイムに行いたいというニーズが高まっています。

従来のシステムを跨ぐデータの連携はバッチ的なやりとりがほとんどで、連携のためのアプリケーションやインターフェースの都度開発が必要で、リアルタイム性や追加の開発の負担が課題になっていました。

本コラムでは、SAPを題材に最近のデータ駆動型のビジネスのトレンドやSAP導入企業の取り組みをご説明します。

データ駆動型ビジネスのトレンド

製造業のSAPを軸にしたデータ駆動型ビジネスの最近のトレンドとして、大手企業を中心に取り組みが進んでいるのは“ERP+MES”でDXを推進するという考え方です。“ERP+MES”とは、ERPのITデータ(生産計画、実績のデータ)、MESのOTデータ(工場のデータ)をリアルタイムに統合して連携し、分析できる体制を整えるということです。

先進的な取り組みを行っている製造業では、分析したデータを研究開発、工場の最適化、生産計画の短縮、お客様の付加価値向上として活用を進めており、今後データをいかに活用するかが積極的に議論されています。データを活用する上で考慮すべきポイントとして、“データの標準化”があります。ERP、MESのデータはデータの粒度、単位が異なり、構造化データ、非構造化データが混在するためデータの調整や整理が必要になります。ERPとMESでは、対象とする管理項目は異なりますが、関連性があるためデータを標準化すれば、粒度や位置、時間を揃えて紐づけることができます。

先行企業の“ERP+MES”の一般的な取り組みの流れは以下の通りです。

1:企業に存在しているERP(ITデータ)、MES(OTデータ)に保管されているデータ把握し、必要なデータを取得できる仕組みを整備する

2:必要なデータをデジタル化して取りまとめる

3:取りまとめたデータを精緻化してマスター化する

4:共通データモデルを作る

5:必要なデータを取り出して分析をする

6:データ基盤をエンハンスし、データ活用する中で発生するニーズに対応する

 上記のステップで全体像を捉え、あるべき姿から逆算してデータ活用モデルを構築、最終的にはエンハンスを繰り返すことでより企業ごとに適したデータの活用が期待できます。

ERPとMESに保管されているデータの比較

製造業の構造化/非構造化データの一例

今まではERPやMESと言えば、システム自体に備わっている機能の活用が中心でしたが、最近のトレンドとして、ERPとMESからデータを集約して、そのデータを活用しながらDX(SoI*やSoE*)の世界を目指していく動きが進んでいます。

*SoE(System of Engagement):顧客や取引先との結びつきを強化する、あるいは絆を深めることなどを目的として使われるシステム

*SoI(System of Insight):SoIは蓄積された情報の加工や分析を通じて何らかの有用な洞察(insight)を得ることを主目的とするシステム

パーソルプロセス&テクノロジーのご支援について

パーソルプロセス&テクノロジーでは、経営判断の高度化を実現するSAPによる基幹システムの導入・メンテナンスをサポートしております。

SAPによる業務の全体最適化はもちろんのこと、BPR・BI・RPAと組み合わせたご支援を実施することで、業務プロセスの最適化や省略化・データ活用による業務の可視化や高度化・データ連携の自動化による効率化や品質向上をSAPと組み合わせて実現し、変化に対して素早い対応が出来る仕組みを提案・支援いたします。