コラム

COLUMN

コラム

製造業界では現在、異常検知や予兆保全の質の向上のためOT(制御技術)データの収集に着手する企業が増えています。 しかし、そのデータを十分に活用できず、熟練者の経験則に依存したプロセスから脱せない企業が多いことも実情です。 本コラムではAIを用いた外観検査(画像データ活用)の高精度化をテーマに運用までのフローや事例をご案内します。   ■なぜ外観検査にAIを活用するのか 現状、製造現場での・・・

製造業のDXというと、ラインへのロボット導入や基幹システム刷新による一元的データ管理のような大々的な業務変革を想像する方が多いのではないでしょうか。しかし、これらの実現には長い年月や膨大なコストがかかることが少なくありません。一方、「紙の伝票内容をシステムに手打ちするために出社する」「月末の締め作業での残業する」などいわゆるノンコア業務と呼ばれる部分を減らすことで、少ないコスト・短い時間で生産性の・・・

昨今、生産現場でAIを活用していく取り組みが盛んになっています。その中でも特に注目されているのが、正常・異常を判断する外観検査や異常検知の分野へのAI導入です。 そこで今回は、なぜ検査・検知の分野にAIが導入されるのか、そしてどのような導入事例があるのかをご紹介いたします。   ■なぜ検査・検知にAIを導入するのか 検査・検知の分野へのAIの導入を考える際には、まずは導入によって変わる点・・・

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り掛かっていますが、何から手を付けてよいかわからず思うように推進できないという企業は少なくありません。DX推進に成功している企業の多くは、スモールスタートで一部の業務の効率化・自動化を行い、一定の効果が出始めたら、他部署や業務へ広げていくという進め方を行っています。 本資料では短期間で効果の出やすい受発注業務を題材に、RPA×AI-OC・・・

・はじめに 「RPAは簡単だ。」と世間一般には言われています。しかし、RPABankに掲載されているsystena社が実施したアンケートによるとRPA導入企業の63%がRPA導入に失敗していると回答しています。 なぜ、多くの企業がRPAの導入に失敗しているのでしょうか? これまで当社が700社以上のお客様RPA導入をご支援するなかで、よくあるRPAの課題として次のことをよくお聞きします。 ・RPA・・・

  現在、製造業を含めた世の中のあらゆる企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めています。そしてこれまで蔓延していたKKD(勘・経験・度胸)ではなく、データに基づいて意思決定を行うデータドリブンな経営は、自社の競争力維持・強化において大きな注目を集めています。 本コラムでは、データドリブン経営実現のためのソリューションや横河電機様の事例をご紹介します。 ■データドリブン経営を・・・

製造業では、市場の変化に素早く対応するためにデータを活用し、生産計画管理をリアルタイムに行いたいというニーズが高まっています。 従来のシステムを跨ぐデータの連携はバッチ的なやりとりがほとんどで、連携のためのアプリケーションやインターフェースの都度開発が必要で、リアルタイム性や追加の開発の負担が課題になっていました。 本コラムでは、SAPを題材に最近のデータ駆動型のビジネスのトレンドやSAP導入企業・・・

近年、製造業界ではデータを活用して業務効率化や迅速な経営判断の実施に取り組む企業が増えています。その中には、「データの標準化を行い、データの不整合が起きない状況が担保できなければ、全社で統一された答えを導き出せない」「様々なデータを一元管理できないことで資産であるデータが埋もれてしまう」といった課題により順調に進まないといった企業が多く見られます。 その一方で、これらの課題をクリアし、業務効率化や・・・