ブログ:セールスマーケティングブログ

新規広告アカウントの作成方法を徹底解説!~MCCアカウントの解説付き~

Marketing
・広告を出稿したいけど、どうやって広告を作成するの?
・他の媒体は運用していたけど、Google広告ってどうやってはじめるの?
・複数の広告アカウントを管理するにはどうしたら良いのだろう?

 

広告の出稿を考えている方、こんなお悩みありませんか?
今回は、新しくリスティング広告の担当者になった方、初めて広告を出稿する方向けに、必ず押さえておきたいアカウントの作成方法と、複数のアカウントを作成するのに必要なMCCアカウントの解説をいたします。

これから運用担当になる方にはぜひ読んでいただき、また、既に担当している方には改めて再確認していただき、有効に使っていただけますと幸いです。

目次

1.【MCCアカウントでの新規アカウント作成方法】

1. MCCアカウントについて

複数のGoogle広告アカウントを1カ所で管理し、簡単に管理するための親アカウントのことをMCC(マイクライアントセンター)アカウントといいます。通常、Google広告アカウントを開設するためには、Googleのアカウント1つに対してGoogle広告のアカウントを1つ作ることができますが、MCCアカウントの場合は、Googleのアカウント1つであってもGoogle広告のアカウントを複数開設でき、かつ管理することが可能です。

また、MCCアカウントがあると、別の広告代理店や自社運用に切り替える場合、広告アカウントをそのまま移管することができる”MCC移管”という方法が使用できるため、別の会社に移っても今までの実績データを活用し、運用を行うことが可能です。

MCCアカウントのメリット
・1 回のログインで、他の MCC アカウントを含め全ての Google 広告のアカウントにアクセスできる
・1つの管理画面から、全てのアカウントを検索・操作・管理できる
・すべてのアカウントの掲載結果比較や、複数のアカウントのレポートをまとめて作成することができる
・統合請求を利用して、すべてのアカウントの請求書を 1 つにまとめることができる

2.新規アカウント作成方法

MCC アカウントから新しいアカウントを作成する方法を説明します。
①全体のアカウント画面からプラスボタンをクリックし、”新しいアカウントを作成”をクリック

②新規アカウント名を記入し、作成するアカウント(Google 広告アカウントまたはスマート アシスト キャンペーン アカウント)を選択

*スマートアシストキャンペーンとは?
ユーザーが必要最低限の設定のみすると、あとはGoogleがアシストし広告を運用してくれるもの。
広告は、Google検索、Googleマップ、YouTube、Gmail、Google パートナーウェブサイトで自動的にユーザーに表示される。

 

③プルダウン メニューから国とタイムゾーンを選択
*アカウント作成後の変更不可

④アカウントで使用する通貨を選択

⑤[このアカウントにユーザーを招待(任意)] をクリック
Google 広告アカウントに別のユーザーがアクセスできるように、ユーザーのメールアドレスを入力し、アクセス権を [管理者権限]、[標準アクセス]、[読み取り専用アクセス]から選択し招待できます。
*ユーザーを含めずにアカウントを作成することも可能であり、アカウント作成後に追加可能

*アクセス権とは?
メール専用権限:アカウント作成後に追加可能

 

⑥[保存して次へ] をクリック
⑦お支払い設定
“既存のお支払い情報を選択する”か、”新しいお支払い情報を制作する”を選択

⑧予算の設定(予算額/開始日/終了日)を行う
*開始,終了日が決まっていない場合は、日付を設定しなくても問題無い
⑨請求書に表示される予算の名前を確認
⑩オプションは必要な部分だけ記載

⑪保存して終了すると、アカウント作成完了

以上でアカウント作成が完了となります。

アカウント作成が完了しましたら、次はいよいよ出稿です。
Web広告を成果につなげるためには、ターゲットとするユーザー層に合わせた媒体選定が重要なポイントです。せっかく費用をかけて出稿したけど費用の割に効果がイマイチ…なんてことにならないよう出稿目的に適した媒体の選び方を学んでおきましょう。

2.まとめ

今回は、Google広告のアカウント作成の仕方をご紹介しました。
アカウントを複数管理する人にとって、MCCアカウントは非常に便利なため、複数のアカウントを持つ大規模な広告主様、複数のアカウントや数多くのキャンペーンを管理する代理店やオンラインマーケティング担当者様は、ぜひMCCアカウントを導入してみてください。

パーソルP&Tでは、リスティング広告はもちろんのこと、SNSからアプリ広告、DSPまで、幅広く広告を実施しております。ユーザー目線で考え、媒体の選定や訴求クリエイティブの伴走型のご支援をさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

DOWNLOADこの記事に関連する資料のダウンロード


RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP