MENU

TOP > 中途採用 > 社員紹介 > 社員紹介 川崎 卓満

MEMBER’S VOICE社員紹介

あなたにとってはたらく楽しさとは?信頼し合える仲間と、お客様の声 川崎 卓満 システムソリューション事業 コンサルタント 2009年中途入社
川崎 卓満

会社の発展に貢献し、自ら可能性も広げたい

自分の仕事が世の中で価値を生むこと

ベンチャー企業でパッケージソフトの開発に携わったのがこの業界でのスタートです。
自身が開発したソフトをIT関連の展示会に出展したり、海外での製品開発に参画したり、人数が少なかったためプログラミングだけでなく、幅広い経験を積むことができました。
その後、自身の力を外で試したいという強い思いからフリーランスに転身。インターネットバンキングなど大規模なシステム開発や、大手製造業の情報室業務の請負いの経験を通じて、顧客の立場に立ったシステムの提案・開発・運用において、要望の背景を正しく理解して開発することと、きっちり工程を積み重ねていくことの重要性を学びました。
インテリジェンス ビジネスソリューションズに入社を決めた理由は、まだまだ発展途上であり、”これから可能性を広げていく”という会社の姿勢と、その状態に向かって一緒に頑張ってほしいという社長の言葉に感銘を受け、自身のこれまでステップアップしてきた経験で会社に貢献できると考えたからです。
入社時を振り返ると、新しいことをしたい、自社サービスを立ち上げたいという思いを持っていましたから、おそらく周りにも伝えていたように思います。現在、当時の思いに近い状態になっており、当社にとって初のSaaS型サービスを立ち上げ、軌道に乗せました。
これまで、「HITO-Manager」の企画、設計・開発・構築・運用、そして営業と、サービスの立上げ以降、すべての工程に携わりました。お陰さまで、各種有名企業様に採用いただき、そのご利用企業数も順調に増えています。このサービスを更に拡充するべく、コンサルティングを通じて得た顧客ニーズと、営業チームが吸い上げた顧客ニーズを集約し、次の開発企画を進めています。

川崎 卓満

“自分の仕事が世の中に出ている”と感じられる仕事

「HITO-Manager」のような内製型の開発に対し、請負型の開発で大きく異なるのは、どうすべきかを”私たち自身”で決めていく必要があるということです。サービスをゼロから作り販売するという一連の業務は、以前、小さいサービスながらも経験していたのでイメージは持っていました。しかし、規模が大きくなれば予想外のことも起きますし、技術的にも新しい挑戦の連続です。
サービス全てを自由に決められる分、多角的に考え抜かなくてはなりませんから、いわゆる”産みの苦しみ”を味わうのですが、だからこそ、自身の携わった製品が大手企業の採用のインフラとして採用され、社会に少しでも貢献できているということにやりがいを感じます。
今の仕事をしていて、お客様から受注を頂いた時はもちろん嬉しいのですが、何より嬉しく、励みになるのは、システムがお客様に導入されてリリースやイベントに情報が出ることで、”自身の仕事が世の中に出ている”と感じられる事です。
今後の「HITO-Manager」に関しては、採用後の後工程など、トータルで人事部門の効率化を図る製品として成長させたいと考えています。より多くのお客様にご利用頂くために、まず、採用業務効率化の機能深化を行ないます。
また、私のもっと大きな目標として、「HITO-Manager」をきっかけとして、労働集約型だけでなく、サービス提供型による収益モデルを構築し、「新しい当社の強み」を造り上げていきたいと考えています。

川崎 卓満
社員紹介トップへ戻る

募集要項はこちら


PAGETOP
PAGETOP