MENU

TOP > 中途採用 > 社員紹介 > 社員紹介 堀居 奈美子

MEMBER’S VOICE社員紹介

あなたにとってはたらく楽しさとは?お客様のよろこび 堀居 奈美子 システムソリューション事業 プロジェクトリーダー 2004年中途入社
堀居 奈美子

ユーザーにとっての使いやすさと効率性を追求し、オリジナルPOSシステムをメジャーにすることが目標。

情熱を持った若手社員の存在が決め手に。

大学を卒業して社会人をスタートした会社は、歴史のある大手SIerでした。プログラマーとして入社して、そこで数々のシステム開発を経験。最後はプロジェクトリーダーを任されるまでになりましたが、新たな開発案件への取り組みや若手が活躍できるフィールドが少ないことに限界を感じていました。若い人材でもいろんなことにチャレンジできる環境を目指して、転職を決意。IBSの面接を受けたときに、面接官が自分と同じくらいの年齢の若いマネージャーだったことや、情熱をもったエンジニアが多い職場だということが決め手になりました。入社してみると、明確な評価制度を用いて、一人ひとりの目標に対して正当に評価してもらえるので働きやすく、意欲的になれる環境でした。半期ごとに目標を上司とすりあわせて取り組んでいくので、どの程度自分自身が成長しているのか、しっかりと把握できます。また、目標を達成できないときでも納得感があるので、この次は頑張ろうという気持ちになりますね。

今は、そんな若手が有志で立ち上げたPOS+(ポスタス)という、IBSオリジナルの飲食・小売業様向けのクラウド型タブレットPOS・OESシステムの開発を手掛けています。特にこだわりをもって取り組んだのは、使いやすさと効率性。「お客様あっての製品」ということをエンジニアと共有し、”わかりやすさ”と”使いやすさ”、そして明確なUIを重要視しながら、何度も検証を行いました。その結果、iOS版は他にはない機能性と使いやすさを備え、多くの企業で導入されることになったのです。
そして現在では、私がメインのプロジェクトリーダーとして手掛けるAndroid版の開発を進めています。リーダーとして開発現場で意識していることは、何よりもコミュニケーション。チームで情報を密に共有するために、朝と夕方の1日2回会議を行い、コミュニケーションの質だけでなく量も重視しています。話すのが苦手なエンジニアも巻き込んで、一つひとつの仕事がプロジェクト全体にとってどのような位置づけになっているのか、気づいてもらえるようにしています。

最もうれしい瞬間は、ユーザーの喜びの声を聞けた時。

ユーザーから開発したシステムに関する反応が直接届いた時に、一番大きな喜びを感じますね。現在、4月の発売に向けて、試験導入をしている企業に定期的に評価をヒアリングに伺っています。今までお客様が伝票にオーダーを書いたり、ハンディPOSを使って接客していたものを、POS+(ポスタス)に切り替えて、「操作が簡単になってオーダーがとりやすくなったよ」というユーザーの喜びの声を聞けるのは、エンジニア冥利につきますね。
現在は、新商品の開発真っ只中。常に試行錯誤の繰り返しで大変な時期ですが、ユーザーにとって使いやすいものにして、この商品をメジャーにすることが目標です。多通貨、多言語などの機能も充実しているので、海外マーケットへの展開についても積極的に推し進めていきたいと考えています。

社員紹介トップへ戻る

募集要項はこちら


PAGETOP
PAGETOP