MENU

TOP > 中途採用 > 社員紹介 > 社員紹介 鈴木 克志

MEMBER’S VOICE社員紹介

あなたにとってはたらく楽しさとは?期待される人であり続ける 鈴木 克志 ICTアウトソーシング事業 プロジェクトマネージャー 2008年中途入社
鈴木 克志

期待される人であり続ける

出版社からIT業界へ。
中途入社だからわかるIBSとは

新卒で入社した印刷会社では、ちょうどアナログからITへの移行期でした。印刷業務もどんどんIT化が進んでいく中、ネットワークの不良対応、社内LANの設定などの社内情報システム部門的な業務も行っていました。敷居が高いと思っていたITが、勉強さえすれば自分でも出来ることに気づき、面白い世界だなと感じました。出版社で入社から7年間、アナログとデジタルの両方を経験し、新しい自分にチャレンジしたい、興味のあることにチャレンジしたいと思い、180度違うIT業界の門を叩きました。ただ、業界への憧れはあれど、経験者として通用するような技術力も経験もなかったので、他の会社に比べて、成長を支援する体制が整っていると感じたIBSに入社しました。IBSは成長支援はもちろんですが、社員同士のコミュニケーションが活発化するような取組を色々行っていたりと、一人ひとりの社員を大切にしているなと思います。

鈴木 克志

仕事のモットーは、積極的なアクション、常に自分らしくあること。

2013年10月からプロジェクトマネジャーに着任しました。主な役割は、プロジェクトの目標達成の支援、メンバーの目標達成・成長の支援を行い、お客さまの期待に応えられるチームを作っていくことです。メンバーからは「腹黒い 笑」と言われることも多いのですが、本当はそんなことはなく、そのイメージを使って仕事を円滑に進めているときもあります。また、人からの見られ方をあまり気にしないので、たとえば上司などにも気を使い過ぎることなく自分らしさを出せているのではと思っています。リーダーシップや対人影響力を評価いただくのですが、自分の言いたいこと・正しいと思うことを発言して、他者を巻き込めているからだと自分では理解しています。また、積極的なアクションが取れていないと後で後悔してしまうので、「やらないで後悔するのなら、やって後悔した方が良い」という気持ちで臨んでいます。仕事をしていて一番うれしいことは、プロジェクトがお客さまから評価されること。メンバーと目標を定め、数十名ものメンバー全員が高いモチベーションで同じ方向を目指せる環境を創ることも、私にとってはやりがいのあることです。

鈴木 克志
社員紹介トップへ戻る

募集要項はこちら


PAGETOP
PAGETOP