PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

POSレジ(ポスレジ)とは?

POSレジとは

POSレジとはPOSというシステムが組み込まれているレジ端末です。POSとはPoint Of Salesの略です。これを直訳すると販売時点情報管理という意味です。基本的に多くのPOSレジはネットワークに対応しています。ネットワークは現代人のインフラとしても知られているように、通信によって情報をアップロードしたり、その情報を読み込んだりすることができるところとなっています。
ネットワークが使用されている身近なサービスは検索エンジンです。検索エンジンにおいても膨大な情報を蓄積できる場所があり、サイト運営者は執筆した記事などをその蓄積されている場所へアップロードをします。その蓄積されたデータを見るためには、その情報を読み取ることが必要になり、読み取ることで情報を知ることができます。POSシステムにおいても情報を蓄積したり、読み込んだりすることができます。基本的に小売業においてはこのレジが導入されています。
小売業では在庫管理や売上管理が必要です。この管理状況をネットワークを通じて共有することが可能です。例えば売り上げた時点で売上情報を蓄積させ、多店舗や本社が他店の売上情報を確認できます。また、バーコードリーダーによってバーコードを読み取ることができます。バーコードを読み取らないで会計作業をレジで行う場合は直接キーを叩いて金額を入力することになります。この方法では、誤操作の懸念などが浮上します。金額を間違えればお店の売上に変動を与え、レジ締めの際に売上と売れた商品の合計金額に差異が生じます。一方でバーコードリーダーを導入し、バーコードを読み取り金額表示することは、誤操作を防ぐことになり、お店側はレジ操作によるリスクを減らすことができます。バーコードを読み取ると商品情報が入力され、ストアコントローラーに接続し情報を転送します。ストアコントローラーとはストコンと呼ばれ、POSシステムと連動して売上情報などを管理できるコンピューターのことです。
このようにPOSレジは従来のレジにさらにシステムを加えて、お店のスタッフが利用しやすいものになっています。これによって今までできなかったこと、不便だったことがこのシステムにより軽減されお店の運営をレジがサポートしてくれるようになりました。さらに現代では導入端末も広がりをみせています。例えば従来のPOSシステムは一般的にレジ端末に搭載されていました。レジ端末は多機能で幅広いお店の業務をサポートしてくれます。しかし、レジ端末は価格が高く、導入できない店舗も多数存在しています。
そこで、現在ではレジ端末だけではなくタブレット端末をPOSレジの代わりに使用できるようになっています。タブレット端末とは周知の通り、スマートフォンよりも画面サイズが大きくパソコンのようなキーボードが付属されていない端末です。実際に家庭や企業でも導入されています。サイズが大きいという点だけでなく、パソコンの代用品としても使用できます。例えばアプリケーションを用いればSFTP接続、SHH接続も行え、まるでパソコンであるかのように使用できます。このタブレットもPOSレジ端末の代用品として使用されており、導入店舗は様々な利便性を得ています。

POSレジのメリット

POSシステムを利用して何かメリットはあるのか、まずはシステム導入前と導入後を検証します。システムを導入する前は、ほとんどは人の手作業となり、間違いも起こりやすいし、時間もかかりました。システムを導入することで人の手作業が減り、システムの方で時間管理や売上管理ができて、売上の集計などもすることができます。人が手作業で行うと何日もかかるような作業を数秒で終わらせてから集計表などを見ることができます。客が商品を購入した場合は、手作業で金額を打ち込んでいく場合とバーコードで金額を読み取る場合では雲泥の差があり、お客を待たせることなく、レジの計算をすることができます。さらに、セルフで客にレジでの精算を行ってもらうといった、もう一歩進んだPOSシステムも最近では出てきています。 システムを導入することで、レジの速度が数段上がり、より早く正確なレジ処理をすることができます。商品の違いや値段の打ち間違いがなくなるので、客を待たせることなく、正確なレジ処理をすることができます。最終的な精算を現金や商品券などで行う場合はお金の間違いというものが起こりますが、実際にクレジットカードで支払う場合は、精算間違いがなくなります。入力された金額をそのままクレジットカードで精算するので、お釣りなども出てきませんし、入力した金額をそのままカードで支払うという、間違いがゼロの精算方法もできます。さらに。店内の全レジがサーバにつながっているので、レジで処理した情報は全てサーバの方に残っていて、あとでどんな商品がどの時間帯に売れやすく、その後の仕入れ方法を検討することができます。

POSレジの導入例

ポスレジは様々な場面で使用されるようになってきています。一般的に飲食店はPOSシステムとの相性が良く、導入例が多くなっています。ハンディターミナルやキッチンプリンターと一緒に使うことで、業務を効率化すると共にミスを減らすこともできるからです。また、分かりやすいレジ操作はパートやアルバイトの従業員が多い飲食店やスーパーなどでは重宝しています。
最近のPOSはタブレットを本体として活用できるものがあり、費用や設置スペースなどの面において導入しやすくなっています。個人経営のお店の場合、開店資金をなるべく少なく抑えたい、店舗として使えるスペースがギリギリなため、普通の大きなレジは置きたくないという意見も多いのです。それ以外にもタブレットを使うメリットとして、持ち運べるという利点があります。店舗とバックヤードを行き来したり、直接お客様のところに持っていけたりするので、席で会計をする飲食店や美容院、サロンなどでもよく使われています。以前は会計はレジでするというのが当たり前でしたが、最近ではそれ以外の選択肢を模索している企業も増えています。たくさんの機能があり枠にとらわれない使い方ができるPOSシステムは、流行を先取りする必要があるアパレル業界でも使われています。特に海外ではタブレット端末を利用したPOSシステムを使うことが多いようです。
システム自体の利便性はもちろんですが、時代を先取りしている、オシャレといったようなイメージを持ってもらうことが重要なアパレル業界では、それ以上の大きな意味を持っていると言ってもいいかもしれません。

便利な機能や活用法

ポスレジは普通に会計をするだけでなく、売上管理や在庫管理など店舗運営に必要な機能も備えています。これらの機能はうまく使えばさらに大きなメリットを生み出してくれます。例えば在庫管理では、タブレットやハンディターミナルを使って直接在庫を見ながら入力ができるため、時間の短縮やミスの軽減につながります。売上の情報と連動しており、接客中にリアルタイムで在庫の確認をすることもできるので、飲食店はもちろんアパレル業界などではかなり役立ちます。タブレット端末を見せながら他の商品をおすすめしたり、コーディネートのシミュレーションを行えたりするものもあるので、売上アップに一役買っています。
POSシステムではいつどんな商品が売れたのかを記録していますが、レジ操作を行った人も記録しているため、それを活用することでノルマ管理も可能です。アパレルはもちろん、美容院やサロンなどではそれに加えて予約の管理や顧客情報の管理もできるのが魅力です。以前利用したメニューや購入した商品がわかるため、適切な施術を行えるほか、新商品のおすすめをしたい時などに活躍してくれます。
意外なところでは、学習塾などで活用されている例もあります。時間割やコースの違い、科目の変更など管理しなければいけない項目が多いことや、それによって変わってくる月謝の管理などにPOSシステムを利用しているのです。学習塾では一般的に月に一度月謝を集めるというシステムなので、普通のレジのようなキャッシュドロワーは必要ありません。その場合本体となるタブレット端末だけあれば良いので、導入コストも少なく済みます。特殊な例ではありますが、非常に理にかなった利用方法です。

全て手作業だったら

便利なPOSシステムですが、実際に導入を検討したほうがいい店と、そうではない店があります。小さな店舗で1日数万円ぐらいの売上しか上がらないような個人店でシステムを導入するとシステムの利用料の方が大きくなって、売上に見合わないということになります。ある程度の売上が上がる店でなければ、システムを導入する意味がありません。1日数万円の売上ですと、人が計算しても時間もほとんどかからないので、手作業でレジをしたほうが便利です。それが、1日数十万円以上の売上が上がるような店の場合は、レジを手作業で行うと、どうしても時間がかかってしまいます。その日の売上計算でお金が合わなくなったりしても大変です。 そんな場合は、POSシステムを使ってからレジを管理したほうが間違いも少なく管理しやすくなります。大型店などでは間違いなくPOSシステムを導入して、メリットを最大限に利用する価値があります。そうすることで複数店舗の売上なども集計して管理することができます。店の運営者側からした場合は最高のシステムでありパートナーになります。空いた時間を別のことに有効活用することが出来るので、棚卸やその他の接客などをすることができます。