PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

飲食店で使われるポスレジについて

飲食店でポスシステムが選ばれている理由とは?

飲食店やお店などあらゆるところで使われているレジスターですが、近年では様々なタイプが登場していると言われています。その中でも注目を集めているのがポスシステムです。特に飲食店からは選ばれていますが、具体的に選ばれている理由とは何が挙げられるのでしょうか?ここではこれから導入を考えている方のためにも導入がされる理由について説明します。
まず一つ目はメニューの管理と売上が分かることです。基本的に通常のレジスターでは一日の終わりに手動で売上の集計を行い、金額が合っていれば集計が完了します。業務が終了した後も集計で時間が取られてしまうことがありますが、ポスの場合は一日の集計を待たなくてもメニューが注文された時点で売上が管理される仕組みになっているので、いつどのくらい売れたのかを簡単に計算することができます。データの収集は時間のかかる作業ですが、導入することで作業時間を大幅に短縮することができるので忙しい飲食店では選ばれています。
続いて二つ目はマーケティングにも活用できるので選ばれています。基本的にポスは販売実績などをすぐに収集することが可能な機能が備わっているため、販売動向をしっかりと把握することができます。収集したデータはマーケティングに活用することができ、それによって売上アップにつながる可能性もあり魅力的なので、多くの店舗で導入がされています。
三つ目には、スタッフの入れ替わりが激しくても安心なので導入されています。飲食店などではアルバイトを雇っているところも少なくありません。正社員の場合はそれほどすぐに辞めたりすることがありませんが、学生がアルバイトなどをしていると就職のタイミングで辞めてしまうことも多々あります。入れ替わりが激しい職種ですが、ここで大変になるのがレジ業務です。新たに新人が入ったとしても一から教育しなければならないのできりがありません。特に以前からあるレジスターだと操作も難しく手動でやらなければならない部分も多いので不安です。しかし、ポスがあれば商品価格を入力する必要はなく、記憶させておくことができるので新人スタッフでもすぐに操作を覚えることができます。その為お店が混雑していても教育などで大変な思いをすることはありません。このような理由から多くの飲食店では導入がされています。

飲食店のポスレジであると便利な機能とは?

飲食店でこれからポスレジを導入したいと思っている店舗は多いですが、実際に機能は用途別で選ばなければならないので迷ってしまうことがあります。飲食店に合うタイプを選ぶ必要がありますが、具体的にどんな機能があると便利なのでしょうか?ここではあると便利な機能について紹介します。
まず一つ目は予約サービスとの連携ができるかどうかです。近年では予約サービスなども豊富に存在しており、ポスの中には予約管理サービスとも連携をしているところがあります。顧客情報と喫食データの連動で顧客対応力をよりしっかりと把握することができるので魅力的です。
また二つ目は現場が止まらないかどうかもチェックする必要があります。飲食店でポスを導入する時、ネットワークなどが切断されると使えないものも存在しています。万が一使えなくなると業務に影響してしまいますし、お客様にも迷惑をかけてしまいます。こういった場合でも安心して使えるように中にはネットワークが切断されてもオーダーや売り上げは消えないように作られているタイプも存在しています。特に現場が止まると混乱が予想される飲食店ではあった方がいい機能です。
このように、ここではあったら便利な機能について説明をしましたが、実際にオプションでも機能を入れたりすることも可能なので、ポスについて興味があるという方は業者へ問い合わせてみるといいでしょう。

タブレットのレジについて

レジスターというと大きな機械を想像している方もいるかもしれませんが、近年ではコンパクトに使うことができるタブレット型のレジも存在しています。実際に魅力的なことはいくつか存在していますが、最も魅力的と言われていることの中に安さが挙げられます。基本的にレジスターを導入してしまうと機械自体にお金がかかってしまうので、初期費用が高額になることも珍しくありません。その為、導入を迷う人もいますが、ポスを導入する時には必ずしもレジスターでなければならないということはありません。基本的にはタブレットに導入することができるので初期費用もそれほど高くなることはありません。
また、タブレットなら持ち運びも可能なので色々な活用方法があります。例えばタブレットを持ち出して新人スタッフに教育をすることも可能です。持ち運びが可能で手軽になっているのでタブレットを選ぶ飲食店も増えています。このように、タブレットも人気なので気になる方は導入について考えてみてはいかがでしょうか。