PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

ポスレジによって業務の効率化を

レジだけではないポスレジの効果

何か商品を購入すると、レジで会計をするのが一般的です。イベントなどの仮設店舗であっても置いてあることのほうが多いでしょう。それだけ売上の管理が大切だからということになりますが、これだけでは効果が足りない時代となってきています。
実際にさまざまな業界でポスレジが活用されるようになったのも、会計から得られる情報を他の情報と結びつけて活用することが進められてきているからです。買い物をしたときに見かけるレジの大半は、ポスレジになってきているといえるほど、今では当たり前のものになってきました。いくつか分類することができますが、レジとして見かけることが多いのは、固定されているターミナルタイプでしょう。レジで打ち込むようになっていますが、バーコードで入力することが基本です。手打ちで入力ができますが、ミスを減らすためにも管理しやすいバーコードを使っています。バーコードを読み取るだけで進めることができるだけではなく、自動で計算して釣銭まで出すことができるものも増えました。
ポスレジに連動させることで稼働させるものですが、少しでも人間の工数を減らすことによって、ミス自体を軽減させることが効果の基本です。電子マネーなど処理の違うものも一括で取り扱うことができるため、迷ってしまうようなこともなくなります。もちろん、ミスも出なくなるため、金銭的な損失が出てしまうようなこともありません。ターミナルタイプは、かなりの大型設備となってしまうため、費用もかなりかけなければいけません。大型のスーパーなどでは、コストの回収もできますが、小さなところでは設備投資だけで負担になってしまいます。そこで、低コストで投入することができるパソコンタイプやタブレットタイプが出回るようになりました。

かたちも様々なものへと進化

パソコンタイプは、基本システムに使われているパソコンをそのままレジに持ち込んだようなタイプです。パソコンの持っている機能も持ち込むことができるようになるため、メールやブラウザも利用することができるようになります。勤怠管理などにも利用することができますが、パソコンであるというところに使いにくさが残る方法です。
そこで、もっと利用しやすいタブレットタイプがあります。タブレットタイプの場合、パソコンの延長的な部分を持っており、システム的には非常にコンパクトにすることができる方法です。ハンディターミナルとして使うこともできるようになるため、機動性が高く利用もしやすくなります。移動しながらも使うことができるようになるため、ポスシステムのひとつであるオーダーエントリーシステムとして活用することもできるため、活用の幅が広がるでしょう。
現在のタブレットは性能が高いため、すべてをまとめて動かしていくことが可能です。アプリによって制御することができるだけではなく、直感的な操作をおこなうことができるため、短時間で使えるようになります。
スマートフォンも利用していくことができ、連動させることもできるのは、アプリを使って動かすというところに共用性があるためです。さまざまな管理もすることができるようになるため、情報の可視化ということでは、強力なツールとなってきます。タブレットタイプにすれば、低コストでどんな業界でも対応できるようになるので、どんどん普及が進んでいるといえるでしょう。

強力に効率化を進めるツールとして

もともとポスレジとは、販売時点の情報を管理するシステムです。つまり、売上げが発生した時に情報を記録し管理することができるということを意味します。情報を蓄積していくことによって、分析できるようになったのは、多くの情報を集められるからです。
売上ということで考えた場合にも、仕入れと連動させていくことで、現在の在庫量を把握することができるようになっています。分析ができることによって、マーケティングに生かしていくことが可能となるため、驚くほど強い武器になることは間違いありません。さらに、リアルタイムで管理ができ、他の店舗の間でも一元管理できるのも業務上の効率を大きく変化させることになるでしょう。
タブレットのように、小さなシステムにまとめることによって、作業の幅も広がっていきます。クラウドシステムを使うことによって、大きなシステムを内部に設置しないで済むようになりました。システムを利用するための環境も小さくて済むようになり、店舗内でスペースをとられることもなくなり、低コストをさらに進めることができます。多言語対応なども進んできており、国別に分けたりすることもなく、グローバルな利用もできるようになってきました。勤怠管理のような管理職の業務を簡略化することができ、効率的に進めることができます。
全体を見た時に、大きな効果をあげることができるようになるのですから、幅広い業務に対しての利用が可能ため、活用を考えていくべきでしょう。