PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

クラウドを用いたPOSシステムを導入するメリットとその方法

POSレジを導入する必要性

昔はレジスターといえば金庫代わりにお金を管理するものでした。それが金額を打ち込むだけでなくバーコードが認識されるようになり、簡単に金額計算ができるようになったり売り上げ管理ができるようになったりと便利になってきました。さらに今ではクラウドにおいて店舗内で一元管理できる便利なPOSレジシステムへと変化しています。
このPOSシステムがとても便利な理由は、ただレジ機能が充実しているだけではありません。POSレジで商品のバーコードを読み取りすると、その瞬間にレシートに金額が打ち込まれるだけでなく、その商品の商品名や値段、在庫数といったものも一度に記録されます。そのため、在庫が少なくなっているものは発注をかけたり品出しをしたりということを、店舗を回らなくてもアラームで管理することができるものもあります。
そして、最も便利なのが分析データを見ることができるという点です。商品を通すことによって出てくる情報を見ると、その商品がよく売れる時間や天候といったものを見ることができたり、お店の混雑状況といったものも見ることができたりします。今まではこのような分析データというのはレシート情報をもとに店長が自分で打ち込み作業をしていました。しかし、そのようなことをしなくても自動的に分析データの作成までをしてくれるため、管理者はデータ分析がすぐ始められるのです。
これによって手間も大幅に削減できるだけでなく、様々なデータが見られることによって売り上げの確保の仕方や顧客満足度の向上、労務管理といったいろいろな作業が簡単に行えるようになるのです。このように導入をすることで多くの人にとって働きやすい環境が作れたり、利益が上がりやすい仕組みができたりするために導入するという店舗が増えています。

クラウドシステムの便利さ

このように導入することで業務が効率化するPOSレジですが、最近ではクラウド化によってさらに便利で導入しやすいものになっています。新しいタイプのものですが、タブレットを用いて使用するタイプのレジです。そのため従来のものよりもシンプルなつくりになっていて、見た目にもおしゃれなだけでなく初期投資の費用もかなり抑えることができます。専用機器に比べて導入する機材が少ないため、使いやすくてコストも軽減できるというとてもメリットの高い機材なのです。
そして、タブレットでの導入であるため、初期設定やアプリといったものは一通り済ませた状態で届きます。そのため届いたその日からすぐに機能を使うことができます。操作性も日ごろから使っているスマートフォンやタブレットと似たものですから初心者でも使いやすく、不明点があってもすぐに調べることができます。
クラウドシステムを利用することにより、インターネット通信さえあればどのような場所でもしようができます。たとえば催事場やイベントに出品するという時には店舗から離れた場所での使用ができ、いくつか支店のあるという店舗でも店舗から離れた場所でもその日の状況がチェックできます。そのため離れた場所にいても常に店舗の動向を見ることができ、適切なアドバイスをすることができます。
店舗内でも様々な機器と連携をすることで在庫管理がしやすくなったり労務管理がしやすくなったりといった効果もあり、日報入力の手間も省けたりと働いているスタッフの手間も最小限にすることができます。導入することで働いているすべてのスタッフが作業効率を挙げられるようになるのです。

導入する際の注意点

いくら便利なものであり、クラウドシステムであればリーズナブルといっても導入するとなると様々な費用が発生します。そこで実際に導入するにあたってはしっかりと収支のシミュレーションをして問題ないと判断したうえで導入することが重要です。見切り発車での導入ではスタッフも困惑してしまうだけでなく、営業利益にも影響が出てしまいます。
まず、導入にあたっては機材の購入費用以外にも経費が発生することを理解しておくことが重要です。機材を購入する以外にもネットワーク環境の整備が必要となり、場合によっては機材を置くために店内のレイアウト変更をしたり新たな機材や器具の導入をしたりすることが必要な場合もあります。そして、新たなシステムを導入することで実際に使用するスタッフへの研修が必要であり、研修の時間を作ること、研修参加の費用を出すことも必要です。このように導入するにあたっては機材以外の経費も発生するのです。
そして、実際に導入してすぐはうまくシステムが活用できなくてトラブルになったり思うように仕事が進められずロスが発生したりする可能性もあります。そのためすぐにその便利さを活かすことができないこと、万が一の時にはすぐに対応できるようにしておくことも必要です。 導入するにあたってはいくつかの会社がクラウドPOSシステムの取り扱いをしているため、その中から選ぶことになります。そこで導入費用のことはもちろんですが、アフターサービスが充実している会社を選ぶことが重要です。不明点をすぐに教えてもらえ、機材の動きが悪いという時にすぐに対応してもらえることは導入時の安心感につながります。