PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

【POSレジのPOS+】TOP > ニュース一覧 > 2017/11/14 コラム

美容室の成果を上げるPOSシステム

キャッシュレジスターの歴史

キャッシュレジスターは、様々な店舗でお金をやり取りする際に使われる機器です。日本では、略してレジといわれます。登場してから現在に至るまで、レジは時代とともに形を変え、進化しながら、私達の生活に深く関わってきました。
最初に登場したレジは、売り上げ金額を打ち込み、一定期間の集計を行うという単純なものでした。ファーストモデルの大きく重いレジが、だんだん軽量化され、販売形態の発展に伴い、単純な集計機能だけでなく、釣銭計算や商品管理などの複雑な機能を持つものへと改良されていきました。手打ちによるスタイルも、機械化の進歩によって著しく変化し、やがてネットワーク機能が付加されたレジは、1台の親機に複数の子機を接続することで、膨大なデータをまとめて管理できるようになります。管理システムが飛躍的に向上したレジは、デパートやスーパー、チェーン店といった、たくさんの顧客と金銭を扱う現場に大きく貢献してきました。
1970年代以降、ネットワーク機能をさらに進化させたレジが登場します。POSレジスタ、すなわちPOSシステムを搭載したキャッシュレジスターです。開発されたのは19世紀末のアメリカにおいてですが、機能強化と普及には、その後しばらくの時間がかかりました。POSとは、「Point Of Sales」の頭文字を取ったもので、POSシステムは「販売時点情報管理」と訳されます。販売におけるあらゆる情報の管理機能を備えており、できることが格段に増えたレジは、もはや単なる売り上げ記録の機器とはいえなくなりました。では、POSレジを使って、具体的にどういったことができるのでしょうか。

POSシステムいろいろ

POSシステムの基本的な機能は、ファーストモデルのキャッシュレジスターと同じように、売り上げを集計し、集計結果に基づいて商品を管理するというものです。これにネットワーク機能を加えることで、様々な情報をオンタイムで把握することができるようになりました。現在では、売り上げや各情報はデータベース上で登録管理され、クラウドを利用した膨大なデータの保管や、他の機器との連携を可能にしています。
POSレジは売り上げばかりではなく、商品の詳細な情報、顧客や従業員の情報、予約や在庫の情報など、店舗に必要なあらゆるデータが登録できる機能を備えています。つまり、これを上手に使えば、商品や顧客の傾向を分析したり、売り上げ向上のためのマーケティング戦略を立てたり、従業員の勤務状況を把握したり、予約や在庫を随時確認したりすることができます。
また、消費税率や価格変動が不透明な状況でも、商品の単価の変更などがスムーズに行えます。一つひとつの商品をはじめ、一人ひとりの顧客や従業員の管理、それらに基づいた店舗の方向性など、店舗に関する全てのデータを、管理者が大局的に管理することができるシステムです。
こうしたシステムを搭載したレジは、導入している店舗にとって、各情報の管理はもちろん、店舗のサービスや販売促進までをも担う存在です。POSシステムを最大限に活用すれば、店舗の発展や拡張に繋げることができるでしょう。現在は、店舗のジャンルに合わせたシステムも続々開発されており、自分の店舗にはどのようなPOSシステムがふさわしいのか、判断して導入する必要があります。

美容室+POSシステムで何ができるか

一例として、美容室におすすめのPOSシステムを紹介します。美容室の業務は、顧客の髪をスタイリングすることですが、同時に顧客増加や販売促進も大きな課題です。いかにして新規の顧客を増やすか、常連の顧客にはいかに継続して来店してもらうか、各スタイリストのスケジュール調整をどうするか、美容室のスタッフなら、常に頭を悩ませているところです。
美容室に対応して開発されたPOSシステムは、店舗の成果に大きく役立ってくれます。たとえば、複数のスタイリスト用タブレットを、親機となる本体と連携させることで、各スタイリストの顧客情報入力をショートカットすることができます。こまごまとした業務の合理化です。さらに、これらの顧客情報はすべて電子化されているため、スタイリストはそれぞれのマイページから、店舗の予約状況を全体的に都度把握し、過去の顧客データも容易に引き出すことができます。作業はどんどん効率的になり、予約の確認やダイレクトメールといった、美容室の煩瑣な業務をスリム化してくれます。
美容室に対応したPOSレジの導入は、各店舗にとって、スタイリストの業務効率の向上に、あるいは設定目標の達成に、たいへん有効な手段です。さらに、タブレットに専用アプリをインストールすれば、従来分断されていたであろう予約の管理や変更、各スタイリストのデータ管理がワンストップ化され、顧客の詳細なカルテや会計処理に至るまで、一元的に管理することができます。美容室の接客に大きく貢献し、店舗全体の底上げをサポートするシステムとして、現在このPOSシステムは非常に注目されています。

[ トップへ戻る ]