PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

会計ミスをしっかり防止できるポスシステムの恩恵

大きな損害になる会計ミス

経営ということを考えた場合、細かなミスが大きな損失につながることは珍しくありません。販売ということで考えると、会計時にミスをするということは、とても大きな損害に発展する可能性を秘めています。販売価格は、さまざまな経費を考えて決定しているでしょう。せっかく販売した商品も、会計ミスをすれば、その分だけ損失を出してしまうことになります。最悪のケースとしては、原価割れをするということも出てくるでしょう。これでは、販売している価値がなくなってしまうことになります。この損失を防止していくことこそ、重要なポイントになっていくことは間違いありません。ではなぜ、会計ミスが起こるのでしょうか。その原因を考えていくことが、売上げや経営においてとても大切なこととなります。
まずいつ起きるのかという点においてですが、会計するときに入力ミスをしたり、見逃してしまったりするということが挙げられます。多くは単純なヒューマンエラーであり、これを改善するだけで、大半の問題を防ぐことができるようになるでしょう。操作するのが人間である以上、すべてのミスをなくすことはできなくても、極力防止することができれば、損失はどんどんと減らすことができます。せっかく販売できたとしても、こうしたミスを繰り返していること自体が、経営において大きな問題なのですから、防止できる策を講じなければいけません。そこで有効なのが、ポスシステムの活用です。

人間が犯してしまう会計ミスなどの防止に

ポスシステムを使うことで、なぜミスをカバーできるのかということを考えていきましょう。既存のレジを使うということは、商品を見て値段を打ち込みます。値札が貼ってあれば、ここから値段を確認し、レジに入力をしていくことになります。複数の商品を入力することもありますし、さらにお金を受け取り、おつりを返します。この作業で何が問題となっているのかを考えなければいけません。
ここで見えてくるのは、手作業であるということと、作業の工程が多いということです。多くの工程が人間の手によって行われ、集計とレシートの印字をレジが行っているということになります。ここに会計ミスの問題が隠れています。
人間にはヒューマンエラーというものが存在するのは、だれしも理解できるところでしょう。そこで工数を減らすということが重要になってきます。さらに、入力時のミスも発生してくるため、人間が入力するという作業を減らさなければいけません。ポスシステムを使うということは、入力から集計まで、人間の判断が介在しません。バーコードで商品を読み込み、データベースと照合する方法を採れば、入力ミスが起きることはなくなります。これだけでも会計ミスは、確実に減っていくことになるでしょう。
ポスシステムを使うことで、操作の工数が劇的に減ります。工数が減るということは、それだけミスが介在しにくい状況を作り上げることができるということです。すべてを機械化することでミスをなくすことはできますが、接客業としてのメリットを失ってしまう問題が出てきます。その点でも、ポスシステムは、顧客に対して機械化という冷たさも感じさせることがないため、上手に活用することによって、会計ミスを減らす以上の恩恵ももたらすことは間違いありません。

オーダーを受けた時からミスを減らす

ポスシステムを活用することによって会計ミスを減らすことでは、入力時の問題もあることを忘れてはいけません。オーダーを受けた時にミスを発生させれば、会計の段階まで影響を与えます。会計の段階でミスがなかったとしても、スタートの段階で失敗しているのですから、取り返すこともできません。入力ということでは、手書きであるということが一つの問題点となるでしょう。紙に手書きで記入すると、書き間違いが発生する可能性があります。さらに、それが読み取りにくいと、会計時のミスを発生させる原因にもなるでしょう。
入力という作業を考えただけでもこうした問題点が挙げられ、改善の方法を考えなければなりません。ポスシステムの場合には、入力端末も連動させることができるメリットがあります。タブレットなどのタッチパネルを使っていくと、入力も簡単でミスを減らすことができるようになるため、ここでのミスが軽減できます。
情報もポスシステムで一括管理してしまうことになるため、ミス防止策としてより高い効果が期待できるでしょう。入力が正しいのですから、会計ミスも発生することがありません。こうしたトータルでのミスをなくす取り組みをするからこそ、改善していくことができる可能性があります。ポスシステムを導入することは、多くのメリットをもたらします。会計ミスを防止するというのも、そのひとつにすぎません。経営ということで考えれば、トータルして高い恩恵をもたらしてくれることになるのですから、導入を検討してみる価値があります。