PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

iPadでPOSシステムをお店に導入しよう

iPadのPOSの特徴について

現在では従来に比べてPOSシステム搭載のレジを使用する店舗は増えています。従来のレジはお会計をする時、手動で金額を打ち込み、合計を算出してお客様からお金を受け取り、必要であればお釣りを支払います。手動で行う会計処理が多いので、ミスが発生するリスクが高くなります。また、レジ会計以外にもお店がしなければならない業務は多いです。例えばマーケティングや予約などです。
もしPOSを搭載すればお会計時に表示する金額は自動で表示できます。そのため、入力ミスが少なくなります。また、顧客分析機能などが搭載されているPOSが多いので、マーケティングなどもサポートしてもらうことができます。レジと聞くと据置型レジをイメージする人は少なくありません。コンビニや食品スーパーなど様々な店舗で据置型レジが設置されています。しかし、現在ではiPadでレジの会計処理ができる製品も販売されています。
iPadは周知の通りタブレット端末で、一般家庭でも使用されているので、普段からアプリケーションをダウンロードしたり、インターネット検索をしている人は少なくないでしょう。では実際にiPadでPOSを導入することにはどのような特徴があるのでしょうか。特徴の一つとして挙げられるのがコンパクト設計であることです。大規模の店舗では据置型レジでも設置するスペースを確保することは容易ですが、小規模店舗においては利用できるスペースが限定的で、もしコンパクトなレジを導入できなければ動線が確保できないところも少なくありません。その点、タブレットは据置型よりもサイズが小さく、設置面積も少ないので利用できる店舗は多くなっています。
その他の特徴としては、持ち運びが可能なことです。基本的にレジとして使用するのであれば持ち運びする機会は少ないです。しかし、レジの場所の変更やお店の移転の時は持ち運びをする機会もあります。持ち運びがしやすく軽量であるため、女性だけのスタッフの店舗でも持ち運びが可能です。
それから低コストであることも大きな特徴です。運営年数が長く毎年コンスタントに利益を上げているお店ではレジの導入に負担を感じる人は少ないですが、小さい店舗や起業をしてお店を出店する人の中には限られた予算で導入をしなければならない人も少なくありません。iPadのPOSは通常の据置型レジに比べて値段が安いので、使える費用に余裕がない人でも選択できます。

iPadのPOSの選び方について

現在ではiPadでPOSシステムを搭載できる製品は数多く販売されており、これから導入をしたいと考える店舗の経営者の中にはどのような製品が自分のお店に相応しいのかわからない人も少なくないでしょう。
選び方のコツはまず自分のお店の業種に適した製品を販売してくれるかどうかです。例えば、飲食店を経営する人がお店に導入する時はハンディなどにも対応してくれる製品を選択することで注文の手間も削減できる可能性があります。伝票はお客様が料金を確認するために必要ですが、キッチンに注文内容を伝えなくても済むので、回転率上昇などをハンディの導入で期待することができます。また、飲食店だけでなくサロンなどを経営するオーナーが製品を選択する時は顧客の予約管理ができるiPadのPOSを選択することで業務負担を軽減できる可能性があります。
その他の選び方のコツは使いやすさや見やすさです。使用する時はiPadの画面を見て操作をすることになります。その画面で売上などを確認したり、会計業務を行うので使いづらさを感じるとそれに慣れるまでに時間がかかり業務負担が一定期間大きくなる危険性があります。また、レイアウトの配置などを確認して見やすいかどうかも確認しなければなりません。使いやすく見やすい製品を導入することができれば、スムーズにお店に導入できる確率が高くなるので、使いやすさの確認も行いましょう。

販売してくれる業者を選択しよう

実際にiPadのPOSを販売する業者は多いので、どのような業者を選択すればいいのかわからない人も多いです。まず選ぶ時は価格を比較します。製品によっても異なりますが、価格は業者によっても変動します。候補としてリストアップしている業者の製品の値段を比較して選択すると、適切な値段の製品を提供する業者と契約をすることができます。
業者を選択する時はどのぐらい導入に時間がかかるのかも予め確認しておきましょう。業者によって導入のための時間が異なるので、営業日までに間に合わせることができるかどうか確認をします。さらに、業者選択をする時はサポート体制も確認します。サポート内容はそれぞれの業者で異なるので、サポートが充実しているところを選択すれば、導入後の不安を少なくすることができます。実際にメールや電話から問い合わせを受け付けているところもあるので、導入に関して疑問点がある方はこうした業者に相談をしましょう。