PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

タブレットレジの導入を検討中の方におすすめの情報

従来のレジからタブレット型のPOSレジに切り替えたいとお考えの方へ

例えば、従来のような据え置き型のレジとは異なり、タブレットレジの場合、持ち運びながら使用することも可能になります。こちらは、お店で働くスタッフの機動性を向上させるために役立つ特徴となります。また、従来型のレジの設置場所を変更するにあたって、掛かっていたエネルギーや時間の負担からも解放されることになります。
そして、従来のレジと比較して、タブレットレジは省スペース性に優れているため、店内のスペースを有効活用したいという方にも導入することをおすすめします。飲食店の中には、店内でのメニューとは別に、お持ち帰り用のレトルト食品やラーメンなどを販売しているところも存在します。そのような場面で、店内に商品を陳列する専用のスペースがない場合、レジカウンターに商品を置いて、顧客に購入を促す必要性なども生じてきます。
そうした店内スペースの問題を解決するためにも、タブレットレジの導入は有効に機能することとなり得ます。従来型のレジからタブレット型レジに変更し、スペースの余裕が生まれれば、より多くの商品を陳列したり、この先開催する予定のイベントの情報などを記載したPOPを設置したりすることができ、サービス品質や集客効果の向上を期待することが可能です。

タブレットレジを導入した場合に得られるメリットとは?

従来のレジからタブレットレジへの切り替えを検討するにあたっては、機器の操作性もチェックポイントになります。従来型のレジは、使い勝手に配慮した設計となっており、慣れれば誰でも使いこなすことが可能です。また、POSシステムの搭載された機器の場合、直接キー入力を行う機会も少なく、会計処理にかかる手間暇の負担が軽くて済みます。
ただし、いかに使い勝手が良いとは言っても、レジを、何らかの商品を販売提供する以外の目的で使用することは基本的にありません。そういった事情から、日常的な生活シーンの中で、レジを使用した経験のない新人のアルバイターなどを採用した場合、機器の使用方法を習得させるために、それなりの手間がかかることとなります。
その一方で、タブレット端末の場合、日々の暮らしの中で使用しているスマートフォンと同じような感覚で操作することが可能です。そのような事情から、新人の育成にかかる負担が軽減されれば、新しいスタッフに早い段階で戦力となってもらえるほか、新人の指導にあたるスタッフの業務負担も軽くなることが期待されます。

飲食店に対するサポートに特化したクラウド型タブレットレジについて

ひと口に店舗と言っても、さまざまな業界に属するところが存在しますが、中でも、飲食店を運営するにあたっては、飲食店のサポートに特化したクラウドタイプのタブレットレジを導入するのもおすすめの方法のひとつです。飲食店を対象とした機器の場合、飲食店での日常的な業務において、使用する頻度の高い機能が集約された設計となっています。したがって、一般的なレジを導入するのと比較して、お店で働くスタッフにかかる業務負担の軽減など、多くのメリットを感じることができるでしょう。
中でも、クラウド型の機器は、ネットワークに接続して使用することが基本となります。ただし、停電が起きたり、台風や地震などの災害に見舞われたりして、ネットワークが切断されることもあり得ます。そのような状況に陥った場合、保存した売り上げ・オーダーなどの情報が消失してしまった場合、データを復旧させ、業務を再開するために多くの負担がかかってしまいます。こうしたトラブルを未然に回避するためには、オフラインの環境でも保存情報が消失せず、クライアントの端末内に保存されるPOSシステムを導入するのもおすすめの方法です。こちらの方法を実践すれば、ネットワークの接続環境が復旧したタイミングで、端末の情報をクラウド上にアップロードし、スムーズに、スピーディーに業務を再開することが可能となります。
また、飲食店向けのPOSレジの中には、予約サービスと連携する機能を搭載しているものも存在します。こちらは、飛び込みの来店以外に、事前の予約を受け付けている飲食店にとって、利用価値の高い機能と言えます。そのような店舗にとって、予約情報の管理は必要不可欠の問題となりますが、予約サービスと連携したPOSシステムを導入すれば、顧客情報と飲食データを連動させることにより、顧客対応能力の強化が期待できます。