PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

iPadレジがとっても便利!メリットや注意点を知ろう

タブレットとして持ち歩けるレジ

ビジネスの世界は常に変化しています。飲食店や小売店などで使っているレジのシステムは、売り上げ管理や従業員管理などと組み合わせたPOSシステムが主流となり、金銭管理だけでなく、経営面でもサポートしてくれるようになりました。こうしたサービスのさらに効率アップや技術力を高めたのが、iPadレジです。
これまでのPOSシステムを扱ったレジは、デスクトップのパソコンのようなものを中心として扱ってきました。そしてそれを中心にハンディやプリンターに接続し、業務に当たってきたのです。しかしながらiPadレジは、場所をとらず、持ち運びのできるタッチパネルとして、新しいスタイルをもたらしました。とても革新的な技術といえますが、最近ではタブレットやコンパクトなパソコン、スマートフォンなどがすっかり日常生活に定着していますから、受け入れられるのも早かったことでしょう。
使い方は非常に簡単で、従来のiPadにPOSのアプリやデータをインストールして使うだけです。これらは通常、専門業者がタブレットなどのリースと共に設定して使えるようにしてくれていることが多く、レジ機能以外にもさまざまな機能を取り入れています。例えば売り上げの管理やシフト管理、飲食店やサロンであれば予約管理、顧客管理なども挙げられます。小さなタブレット一枚で店のあらゆることを管理できるようになるのですから、便利で画期的なアイテムとして多くの店舗に受け入れられています。
今後もますます活躍していくことになるであろうiPadレジですが、その特徴やメリット、注意点にはどんなものがあるのでしょうか。ここではiPadレジにおける基本的な事項や便利な使い方などをご紹介し、細かなところにも注目しながら解説していきます。

iPadレジのメリット

とてもスマートで機能性の高いiPadレジは、いうまでもなくメリットがたくさんあります。そのどれもが今までのレジにはないものであるため、とても注目されているのです。一番のメリットはコンパクトで持ち運びができるという点でしょう。これまでレジは固定されたものという概念が強かったのですが、持ち歩くことによってその形態が大きく変わりました。
また、あらゆるデータが共有できる点でも注目されています。データは基本的にクラウド上で管理されていますから、スタッフそれぞれが売り上げをチェックできるなど、情報を共有できるのです。情報はリアルタイムで更新されていくため、常に新しい情報を知ることができるのもメリットといえるでしょう。各スタッフがどれくらい売り上げているかを見られるように設定できるため、競争心を高めたり、チームワークを高めたりして、モチベーションの維持にもつながります。
こうしたスマートさや利便性、機能性の高さをメリットに挙げると「その分コストがかかってしまうのでは?」と心配する方も多くいます。しかしiPadレジを導入するさらなるメリットとしては、コストの低さも挙げられるのです。たいていこのタイプのレジを導入するときは、リース契約を結ぶことになります。このとき通常POSレジの購となると高額になってしまいますが、リース契約であれば月々の金額を支払えば使用できますし、小さくコンパクトなタブレットであるため、金額もそれほど高額にはなりません。すぐに導入を検討できる金額であることも、重要なポイントとして知られているのです。

知っておきたいiPadレジの注意点

iPadレジを利用することにはメリットがたくさんあり、機能性も利便性も優れているため、導入する人が増えています。そのことに間違いはないのですが、導入する前にいくつか注意しておかなければならないことがあります。
まず一つとして、タブレットレジを導入するときには事前に設定し使いこなせるようにある程度準備期間が必要になります。使い勝手が悪いというわけではないのですぐに慣れる方が多いのですが、それでもお店で使えるようにカスタマイズする必要がありますので、スムーズに使えるようになるには、少し時間に余裕を持っておくと安心です。届いてすぐに実践ということにならないよう、前もって用意するようにしましょう。
また、導入する際にはサポートがしっかりしているかどうかを確認しておいたほうがよいでしょう。タブレットをレジにするというのは、ほとんどの人が初めての試みになるはずです。すぐに使えるようになる人もいれば、操作性がわからない人や、ちょっとフリーズしただけで戸惑ってしまうということもあるかもしれません。そんなときに業者が相談に乗ってくれたり対応してくれたりすれば心強いものです。電話やメールでのサポートがあるかといったことを、事前に相談しておくとよいでしょう。
最後にiPadレジは持ち運びができる点がメリットといわれていますが、どこへでも持っていけるというのはデメリットにもなり得ます。例えば従業員が間違えて持って帰ってしまったり、盗難に遭ったりすることもあるかもしれません。管理する場所はきちんと決めておくなど、対策をとっておくことも重要です。