クラウドPOSレジで業務効率化と売上アップを支援するPOS+

お電話でもお気軽にお問い合わせください[営業時間] 月〜金 9:00〜18:00
03-6386-8276
【POSレジのPOS+】TOP > ニュース一覧 > 2017/09/25 コラム

飲食店のポスシステムにはどのような機能が必要なのか

タブレット型のポスシステムも様々なものがある

飲食店ではタブレット型のポスを使用していることが多いですが、同じタブレット型のシステムであっても、その機能や使い勝手にはさまざまな違いが生じます。操作性が複雑なものもありますし、機能が少なく十分な売り上げ分析ができないといったものもあるので、導入する際にはそのポスは一体どんなことができるのかという点をしっかりと確認する必要があります。
もし今導入しているシステムが使いにくい、分析が十分ではないということでしたら、他のポスを検討してみることをおすすめします。その店舗でどんなことを実現したいのかということによって必要な機能は変わってきますが、やはり飲食店で便利に使うことができる機能を豊富に取りそろえたシステムの方が、利用シーンが増える可能性があります。
ポスは機能がたくさんあれば良いというものではありません。飲食店であればその店舗で活用できる機能がどれだけ多くそろっているかということをチェックする必要があります。使わない機能が豊富にそろっていても意味がありませんので、どの様な機能を使うのかということを明確にしなければなりません。
そこで飲食店のポスにはどのような機能がふさわしいのかということについてチェックします。店舗のジャンルに対して特化したシステムというものも存在しますが、これらの機能がついていれば業務をスムーズに行うことができ、売り上げ管理や分析も十分になるだろうと予想できる機能について紹介します。

飲食店のポスに必要不可欠な機能とは?

飲食店の業務をスムーズに遂行するためには、タブレット型のものが操作性も良いのでおすすめです。そして機能として重要になってくるものは、オーダーを受けたときの厨房との連携です。お客さまのところでオーダーを受けた時にハンディにその内容をどれだけスムーズに入力できるか、そしていかに確実に厨房に伝えることができるかという点がポイントとなってきます。
そしてそのオーダーのデータ管理をするのはクラウドを利用しているタイプが理想的です。クラウドを利用すればオーダーを受けた瞬間にデータはクラウドに預けられるため、万が一インターネットが切断されてしまったとしても、データが消えることはありません。また、クラウドを利用することで瞬時に厨房にオーダー内容を伝えることができるという点も、飲食店のポスとしては大変便利なものです。
他に必要な機能としては、テーブルごとの注文状況をその場で見ることができるという点です。飲食店の売り上げは追加オーダーをいかに取ることができるか、という点で大きく左右されます。そのため、テーブルごとに最終オーダーからどの程度時間が経っているのか、客単価はどの程度になっているのか、といった情報をリアルタイムにポスで見ることができるのは非常に便利です。追加オーダーを伺うタイミングもわかりやすいので、売り上げだけではなく顧客満足度にもつながる機能となります。
最後に飲食店では座席予約をスムーズに行えるという点も欠かせません。飲食店の予約業務としては予約管理サービスを利用している店舗も多いですが、それらのサービスと連携しているポスシステムだと、今まで通りのサービスをより使いやすく改善することができます。

売り上げ管理や分析に必要となる機能について

そして店長やオーナーにとって必要な、売り上げ管理と分析機能についてです。飲食店に限らずですが、売り上げをアップさせるためにはメニューの売れ行きを知ること、売り上げの良い条件を知ることなどが大切です。どのような条件下で売り上げが上がるのか、ということを分析して知ることができれば、店舗の売り上げアップにつながる可能性が高くなります。
そのために必要なポス機能として、毎日の売り上げをテーブルごとに記録することができるというものです。前述で紹介しましたが、テーブルごとにオーダーのあった時間や客単価、合計金額などを記録できるという機能は必須です。さらに顧客の性別や年齢、注文されたメニューも記録できると、より詳細な分析結果を得ることができます。性別ごと、年齢ごとに人気のあるメニューの傾向を知ることで、今後の売り上げを大きく伸ばしていく上で役立ちます。
ポスを利用していればその売り上げデータは自動的に蓄積されていくことになります。タブレット型のポスのメリットとして、グラフなどにしてわかりやすくデータを表示することができるという点があります。売り上げデータを分析する時間を削減するためにも、飲食店ではタブレット型のものを導入するのが良いでしょう。
また、これらのポスによる売り上げデータは、スタッフを適切に配置するためにも利用することができます。売り上げが落ち込みがちな曜日や月はスタッフの配置を減らすことで人件費の削減を図れます。逆に売り上げが多い曜日や月はスタッフを多く配置することができるようになるので、混雑による売りこぼしを防止することにもつながります。

[ トップへ戻る ]