クラウドPOSレジで業務効率化と売上アップを支援するPOS+

お電話でもお気軽にお問い合わせください[営業時間] 月〜金 9:00〜18:00
03-6386-8276
【POSレジのPOS+】TOP > ニュース一覧 > 2017/09/04 コラム

サロンなどにPOSレジを導入したいとお考えであれば

自身の経営する店舗にPOSレジの導入をお考えの方へ

サロンなどの店舗にPOSレジを導入するにあたって、購入とレンタルのうち、どちらの方法を選択するか迷っている方も少なくないのではないでしょうか。POSレジの購入・レンタルには、それぞれのメリット、デメリットがあるので、導入に先立ってチェックしておくことをおすすめします。
まず、ひと口に店舗と言っても、業種や業態、店舗によって、適性やニーズ、希望条件はさまざまで違っています。それらの条件に合わせて、細かいカスタマイズをしたいという場合には、レジを購入するのがおすすめの方法です。購入したレジは、自己の所有資産となるため、他人に気を遣う必要はなく、自分にとって使い勝手の良いように、自由なスタイルでカスタマイズをすることが可能になります。
その一方で、レンタルと比較すると、機器の購入やシステム構築などのためのイニシャルコストがかさむほか、導入の手続きにかかる時間やエネルギーの負担も重くなるという問題点があります。新品のレジを導入する場合には、業者との打ち合わせや、導入したシステムのカスタマイズ、リース契約の事前審査などのために、それなりの手間暇がかかります。したがって、店舗をオープンするまでに、時間的余裕のある人におすすめの方法です。また、メーカーによるサポートを受ける場合、ウイークデーのみ、もしくはメールのみの対応で、電話のサポートがないケースが存在します。このような場合、平日の夜間や土日、祝祭日にトラブルやアクシデントが発生した場合、スムーズでスピーディーな対応を受けることができない場合が考えられます。

導入方法を選定する時のチェックポイント

これから、サロンなどの店舗にPOSレジを導入する方法として、新品を購入するのは、初期費用がかさんで困るという人には、中古品の購入もおすすめです。新品のレジを購入する場合、本体の購入や設置工事、システム構築、メーカーサポートなどのために、それなりのコストを負担しなければなりません。
その一方で、中古レジは、本体が比較的リーズナブルな金額で販売されているという魅力があります。ただし、新品と比較して、中古品の場合、導入した後に故障などのトラブルやアクシデントが発生するリスクが高くなるというデメリットがあります。それらの問題へ対処するために、メンテナンス費用がかさむことが考えられるため、トータルのコストパフォーマンスを考慮したうえで、導入方法を比較、検討することがポイントになります。
次に、オープンの予定日が近づいており、急いでレジを導入する必要性に迫られているという場合には、購入するのではなくレンタルの方がおすすめです。こちらは、新品のレジを導入する時と違って、システム構築のための打ち合わせや、リースの審査などを行う必要がないことから、手続きにかかる時間、エネルギーが少なくて済むというアドバンテージのある方法です。また、購入と比較して、イニシャルコストが比較的安上がりになるのも、レンタルの魅力です。ただし、利用期間中には、所定のレンタル代金を支払う必要があります。

レンタルの特徴と、利用する業者の選び方について

この先、サロンなどにPOSレジをレンタルで導入する場合、購入するのと比較して、アフターサービスが充実しているケースが多いというメリットも存在します。例えば、一定の期間ごとに、新品のレジと無料で交換してくれるサービスもあります。また、POSシステムでは、クラウドサービスを活用するため、ソフトウェアの更新も随時行われることとなります。こういった事情から、導入したレジを長い期間にわたって、頻繁に使用した場合にも、故障などの問題が発生するリスクが低くて済むという利点が存在します。
また、利用する業者を選ぶにあたっては、何らかのトラブルやアクシデントが発生した場合に備えて、サポート体制の充実度もチェックしておきたいところです。例えば、電話によるサポートを行っている業者は、問題が起こった時に、スムーズでスピーディーな対応を期待することができます。メールの場合には、サポートデスクの営業している日時を気にすることなく、気軽に送信することができますが、反面、返信されるまでにある程度のタイムラグが発生するほか、送ったメールが何らかの理由で相手方に届かないという問題も起こり得ます。その一方で、電話の場合、営業時間中に相手方へつながりさえすれば、即座に用件を伝え、対応してもらうことが可能です。
この先、POSレジを導入するにあたって重要視する条件には、機器に搭載されている機能や、負担することになるコスト、導入までにかかる期間など、一つひとつの店舗によって違いがあるでしょう。実際にPOSレジを導入するに先立っては、店舗ごとの使用目的や予算などの条件を踏まえた上で、慎重に方法を検討するようにしましょう。

[ トップへ戻る ]