PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

うまく使えばいろいろな活用法が存在するPOSレジ

従来のレジとの違い

一般的な店で導入されているレジと、POSレジとではかなり大きな違いがあるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。一般的なレジもどんどん進化してきているのですが、最初は金額の打ち間違えがないように使われていました。簡単に言えば計算機の役割をしていたと言えるでしょう。計算機にお金をしまっておく引き出しが付属しているような感じです。それが徐々に進化していき、近年ではバーコードを読み取って金額を記載するようになっています。
バーコードも昔は専用の読み取り機を使っていましたが、現在ではレジの台に近づけるだけで読み取れるようになっています。また、お釣りも自動的に出てくるタイプが一般的なので、かなり進化していると言えるでしょう。それに対してPOSレジの場合には、お金の計算も当然できるのですが、それだけではなく販売状況などを管理することもできるようになっているのです。
しかもネットワークに繋がっているので、いろいろな管理や計算ができるようになっています。これが一般的なレジとの大きな違いなのです。では他に、どのような活用方法があるのかというと、従業員のシフト管理や税金などの計算、さらには売れた商品などもしっかりと分かるので、売り上げの解析に利用することもできます。
レジを使って解析や管理をすることもできるのですが、タブレットなどを使って解析や管理をすることもできます。このような点が一般的なレジとの大きな違いとなっているのですが、現在の日本では、まだそれほどたくさん導入されているわけではありません。

売り上げの解析はかなり重要

商店は売り上げた商品の解析がとても重要だと考えている人も多いでしょう。よくホームページやブログを使ってネットビジネスを行っている人は、アクセス解析というツールを導入することが多いと思います。アクセス解析というのは、アクセスしてきた人の数だけではなく、どこのサイトから来たのか、検索エンジンを使った場合には、どのようなキーワードで検索したのかが分かるようになっています。
さらにどれぐらいの時間留まっていたのか、初めてアクセスしてきた人なのか、何度もアクセスしてくれている人なのか、お気に入りから来た人の数など、かなりの情報収集ができるようになっているのです。これらの情報をもとにして、どこを改善していけばもっとアクセス数が稼げるのかを検討するために用いられているツールだといえるでしょう。
これと同じようなことがPOSレジの場合にはできるのです。いつ頃にどれぐらいの客が来店したのか、どの商品がどの時間に多く売れているのか、いくらの商品が多く売れているのかなども分かるようになっているのです。このような情報をもとにして、売れている商品を多めに仕入れておき、あまり売れていない商品の数は減らすという対策も取れるでしょう。こういった活用法というのは、商店では必要不可欠なのです。この情報化社会では、このような経営戦略がとても重要なのですが、これをレジでできるというのはとても便利な時代になったと言えます。

サポートが充実しているところを利用する

POSレジをしっかりと活用するためには、一般的なレジに比べて技術が必要になってしまいます。そのため、初めて導入する場合には戸惑ってしまうことも多いでしょう。では、どのような業者と契約をするべきなのかというと、やはりサポートが充実している業者を利用するべきです。よく、契約をしたらそれで終わりという業者もあります。これでは初めて使う場合に、不安だけが残ってしまいます。使用方法を丁寧に分かりやすく説明してくれて、困ったときにはきちんと対応してくれるような良心的な業者を利用すれば、初めての人でも安心して導入することができるでしょう。また、どのような活用法があるのかも重要になります。
そこで、業者によっては資料請求できるようになっていることも多いです。まずは資料請求を行い、いろいろと情報収集をしておくべきです。その上で分からないことを質問するようにすれば、きちんとサポートを行っているのかどうかが判断できます。特に契約前の場合には、しっかりと回答してくれることが多いので、何でも聞いておきましょう。
そしてもう一つ重要な判断基準があります。それはカスタマーサポートが設けられているのかという点です。なにかあったときのために、365日24時間対応してくれる業者が望ましいです。このような業者を発見できれば、安心してPOSレジを導入することができるでしょう。活用法もたくさん存在しているので、導入すれば一気に業務内容が楽になる可能性が高くなります。