PERSOL クラウドPOSレジで
業務効率化と売上アップを支援するPOS+

レジミスの原因を考えるとそれは機械のせいなのかもしれない

失敗は簡単に起こるもの

レジを操作する上で起こりやすい、金額を打つ際のミスや、現金の過不足などの原因はどういったことがあるのでしょうか。ミスを事前に防ぐためレジミスの原因を知り、対策についても向きあう必要があります。
スーパーマーケットなどでは、レジの操作をアルバイトの学生がするというケースもあります。レジ操作がはじめてという人たちもその中には当然いるでしょう。そのような人たちが操作していることなので、レジのミスは当然起こることと予想できます。
電子レジスターの場合ではテンキーで入力を行うことになりますが、使うボタンの数が多いのでそれだけはじめての人たちが間違えやすい構造にはなっています。レジを上手く操作するためにはどのボタンがどこにあるのか全部覚える必要があり、なかなか大変です。 慣れている人を雇うことが出来ればいいですが、そうでない場合はかなり時間がかかると考えられます。しかし、お店ではそのような人たちの教育のために一体どれだけの時間をかけることが出来るというのでしょうか。
居酒屋などでも慣れていない人たちがレジを操作することがありますが、お店が混雑している時などは間違いが起こる率は確実に高くなるはずです。一円単位の失敗と同程度に、隣同士にある「0」と「00」のボタンを押し間違えてしまい、たとえば100円なのに、1000円と打ってしまうといった、お店にとって痛手となるケースも起こり得ることなのです。どのような対策がお店の人たちに出来るかといえば、やはりそのような機械を使用している以上、アルバイトをしている人たちにしっかり覚えてもらうという方法以外ないのではないでしょうか。

ミスを防ぐ対策

レジミスの原因は、機械の機能に問題があるということではないでしょうか。現在お店で使用しているレジに備わっている機能、ボタンの配置などが分かりにくいということであれば当然ミスの確率は高くなることになります。それをアルバイトの人たちの責任にしてしまうと、結局アルバイトの人たちも気分よく仕事をしてくれなくなる可能性があります。
ミスをしたことは事実なのですが、お店側もレジを新しく変えるという姿勢を持つ必要があるのかもしれません。最新の機械は確実に合理的手段をお店に提供してくれるでしょう。
例えば、お店でタッチパネル操作が出来るPOSレジを導入すれば、アルバイトの人たちのミスは確実に大幅に低下するでしょう。タッチパネル操作のPOSレジなら、もちろん操作を簡単にすることが出来るので、テンキーを使って商品ひとつずつの値段を打ちこむ必要がありません。
現金過不足は、アルバイトで仕事をしている人たちがお札や小銭の数え間違いで起こる場合もあります。この問題は、どのような方法でリスクの回避をすれば良いのでしょうか。レジ付近にお金を落とすということもあるでしょう。お客様にお釣りを渡すとき金額を間違えるということも充分考えることが出来ます。そのようなミスを出来る限り回避したい思いでお店側は、お札をお渡しする際にはお客様の前で数えるとか、声出し確認の徹底化といった方法を考えているのかもしれません。しかし他にいい方法はないのでしょうか。

クラウドの時代

レジミスの原因を知れば、お店の人たちは改善のために自分たちには出来ることがあるということに気が付きます。POSレジを使用すればレジのお金の入金や出金、両替などのケースで、キャッシュドロアを開けるたびに記録を残すことが可能です。さらに不正や金額の不一致が起こった場合に、原因を探る手がかりになることもあります。
POSレジを導入することで、さらに売り上げの管理などもとても楽にすることが出来ます。もっと新しい時代に目を向ければそこには、ただPOSレジではなく、クラウドPOSレジというシステムがあることにきっと気付くことでしょう。クラウドPOSレジは、タブレットやスマートフォンに対応した飲食店専用のクラウド型モバイルPOSでアプリを端末にインストールして利用します。注文の入力・会計処理の端末として使用できるほか、店内の注文・売上管理、勤怠・シフトの管理なども簡単に行うことができます。メインエンジンはクラウド上にあり、メインエンジンはアップデートが頻繁に繰り返されているので、お店の人たちはいつも最新な状態のシステムを使用することが出来ます。
今一番新しいものは従来型POSレジと思っている人たちもいるのかもしれませんが、時代はさらに次のシーンへと進み、従来型POSレジが時代遅れと言われる時代がすぐそこに来ています。
クラウドシステムならいつでも時代の最先端をリードし続けることが可能なのです。クラウドの場合、データはすべてクラウドサーバに保存することが出来るので、売り上げの報告をいちいち待たず、いつでもどこからでもリアルタイムに店舗の状態をチェックすることが出来ます。