クラウドPOSレジで業務効率化と売上アップを支援するPOS+

お電話でもお気軽にお問い合わせください[営業時間] 月〜金 9:00〜18:00
03-6386-8276
【POSレジのPOS+】TOP > ニュース一覧 > 2017/07/05 コラム

年々飛躍発展するネイルサロン業界に必要なPOSレジシステム

注目されるネイルサロン業界

今や美容業界というのは、人気のある店舗はますます繁盛し、あまりそうでない店舗というのはその経営すら厳しいという状況に追い込まれています。そんな美容業界の中でも、ネイルサロン業界に関して言えば年々増加している傾向にあります。
確かに、今や若い女性だけでなく中高年の女性もネイルサロンに通うような時代へと変わりつつあります。爪が綺麗になったり、可愛いデザインに施術してもらうことは女性の楽しみの一つでもあるでしょう。最近では、女性だけでなく爪に気を使う男性も増えました。やはり爪を綺麗に整えている人は好印象ですし、清潔感があります。
そんな急成長を見せているネイルサロン業界ですが、より人気の高いネイルサロンというのは予約で一杯といった状況のケースすらあります。とりわけそんな人気の高いネイルサロンでは、すでにPOSレジシステムが導入されており店舗の発展にも大きな寄与を果たしています。

POSレジシステムを導入するメリット

こうしたPOSレジシステムのメリットについては、単にお店の売り上げ状況を記録してデータ化するというだけではありません。お店の顧客リストの中に入っている様々な情報や利用サービス内容なども把握することができます。また、過去に利用された施術サービスの内容を通して、どのようなネイルサービスや仕上がり状況を希望しているのかといったことまで、全部データ化されるようになります。
もちろんそれだけではありません。お店を利用されたお客様の利用状況を通して、1週間のうちどの曜日にお客様の予約が集中しているのか、あるいは1日の中でもどの時間帯が一番予約が集中して込み合うのかといった情報なども把握することができます。そうしたデータを通して、場合によってはパートタイマーやフレックス社員を雇い入れるといったことも可能となります。さらには正社員の従業員についても、より合理的な従業員の配置も可能となります。
その他にも、お店の顧客の施術サービスの内容などから、どの施術サービスが今一番人気があるのかといった内容まで把握することができます。とりわけそうしたデータから、使う材料の在庫管理もよりしやすくなるので、在庫切れのトラブルなども未然に防ぐことも可能となります。また、一つのネイルサロンだけでなく、何店舗か経営しているというより大きな規模のネイルサロングループ企業では、各店舗の顧客層の分析や利用者数によって、ネイリストの人数配置についてもより合理的に進めることができます。
こうしたPOSレジシステムによる情報データをより簡単に把握できるようになれば、最少のコストや手間だけでより合理的な運営が可能となります。そういう意味では、今後より需要度の高まるネイルサロンを経営していく上においては、POSレジシステムというのは欠かすことのできない大切なコンピューター情報システムであると言えるでしょう。

POSレジシステムの具体的な機能について

それでは、具体的なPOSレジシステム機能の内容についてご紹介いたします。まずは、ネイルサロンの店舗へお客様から電話の予約やホームページにアクセスをしてネット予約などが入った際に、それらの一元管理をすることができます。例えば、電話が着信したと同時に顧客名がPOSレジシステム画面に表示をされるようになるので、電話での予約管理もスムーズに行うことが可能となります。
次に顧客管理についてですが、顧客のネイルサービス履歴だけでなく、過去に行なったネイルデザインやネイル写真など具体的な情報データすらもすぐに呼び出すことができます。そして、POSレジ機能については予約表と連動しており、顧客名やメニューを何度も入力する必要も要りません。
次に売り上げ分析ですが、スタッフ別の売り上げ状況やリピート率、あるいは万が一失客した場合には、失客した要因などもデータ分析することができます。しかもその一方では、お客様がリピートして下さる場合には、そのリピートされる要因についても分析することもできます。そして、顧客のバースデーなどもすぐに呼び出すことができるので、バースデーサービスや優良顧客向けのキャンペーンサービスなども進めることが可能です。また、ネイルサロンをしばらく利用していないという顧客、あるいは過去に利用したけれどもう何年も利用していないといった顧客データもすぐに表示することができます。
その他にも、ネイルサロン店舗内における様々な消耗品や店舗内の在庫管理も行うことができます。そのため、それらの商品の発注や仕入れ、出入庫管理あるいは棚卸などの管理も行うことが可能です。さらにはPOSレジシステムでは勤怠管理ができるものもあるので、お店の従業員のタイムカードなども不要になります。ちなみに社員管理については、社員証に記されたバーコードを読み取ったり、静脈認証など様々な社員管理もできるようになっています。
そして、ネイルサロンが大きなチェーン店舗になっていたりする場合や、数店舗規模の展開が成されている場合においても、全店舗の予約状況や顧客データ、売上データなど、様々なデータ情報を本店で一元管理することも可能です。それらのデータ情報は、スマホやタブレットなどで出先でも簡単に閲覧したり、把握管理することが可能となっています。こうしたPOSレジシステムをいち早く導入することは、より売り上げを伸ばしたり様々なロスを見つけ出すことができるので、さらなるネイルサロンの発展にも繋がると言えます。

[ トップへ戻る ]