MENU

TOP > ニュースリリース > 2014 > インシデント管理システム「temaheras(incident management system)」(テマヘラス)ver2.1を提供開始 ~ 知識DB(ナレッジベース)の利便性と検索精度を向上 ~

NEWSニュース

6月10日 ニュース

インシデント管理システム「temaheras(incident management system)」(テマヘラス)ver2.1を提供開始 ~ 知識DB(ナレッジベース)の利便性と検索精度を向上 ~

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役 兼 社長執行役員:長井利仁、以下IBS)は、インシデント管理システム「incident manager」(以下、インシデントマネージャー) を「temaheras(incident management system)」(以下、テマヘラス)へ名称変更し、最新バージョン 2.1 を7月1日より提供開始いたします。
「テマヘラス」は、企業のインシデントを記録・管理するための業務システムで、IBSが無料で配布するものです。
本バージョンは、いくつかの新機能の追加と「インシデントマネージャー」バージョン2.0における複数の不具合を改修しております。
※「テマヘラス」詳細は、HPをご参照ください。https://www.persol-pt.co.jp/service/library/lib001/

新機能

知識DB(ナレッジベース)の利便性と検索精度を向上

  •  ・知識DBに登録された記事登録済みデータの有効活用方法として、チケット(インシデント)の画面に知識DBに登録された記事を検索する機能を追加しました。
  •  ・チケットの題名や各種フィールドに入力された情報などをキーワードとして類似の記事を検索することが可能になりました。
  •  ・個別のキーワードを用いたのAND/OR検索がも可能になりました。
  •  ・評価が高い記事ほど検索結果上位に表示するトレンド検索機能を追加しました。

ガントチャートのXMLファイルインポート機能の強化

  •  ・XML内の担当者情報が「テマヘラス」に登録済みユーザ情報(姓名もしくは、メールアドレス)である場合に自動的に担当者としてアサインされるようになりました。

temaheras(incident management system)のバージョン表示機能追加

  •  ・バージョン情報を表示する機能を追加しました。

機能削除

「インシデントマネージャー」ver. 2.0に導入していた「time tracker機能」(※)を削除しました。
※time tracker機能…チケットの編集ボタンを押してから更新ボタンを押すまでの時間を自動的に入力する機能。
利用者が多い環境等で本機能を使用する場合に、利用者数に比例してシステム負荷が増大すること。
チケットを編集中のまま対応完了後に更新するフローが利用されている環境にそぐわないことから、本機能を削除しました。

不具合改修

「インシデントマネージャー」ver. 2.0で発生していたいくつかの不具合を修正しました。
※新機能、不具合修正等の詳細は、temaheras(incident management system)2.1付属のREADMEファイルを参照ください。

【報道関連のお問い合わせ先】
株式会社インテリジェンス
経営戦略本部 広報部 社外広報担当
TEL:03-6385-6829  E-mail:pr@inte.co.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ
営業部
TEL:03-6385-6103  E-mail:ibs_eigyou@inte.co.jp


PAGETOP
PAGETOP