MENU

TOP > ニュースリリース > 2013 > 11月27日IBS執行役員 坪井 眞剛が、グローバルITアセスメント協会主催の IT人材ワークショップにて講演をいたしました。

NEWSニュース

12月3日 セミナー

11月27日IBS執行役員 坪井 眞剛が、グローバルITアセスメント協会主催の IT人材ワークショップにて講演をいたしました。

11 月27 日、インテリジェンス ビジネスソリューションズの執行役員 坪井 眞剛が、グローバルITアセスメント協会主催のセミナーにて講演をいたしました。http://mkt.nikkeibp.co.jp/semi/gita/workshop/

■ 講演タイトル

システムインテグレーション事業のグローバル化と人材育成

n_img_040

■ 講演内容

インテリジェンス ビジネスソリューションズで取り組んでいる、
「グローバルチーム型プロジェクトマネジメントモデル」を中心とした、
システム開発のグローバル化の論点、人材育成について。

「グローバルチーム型プロジェクトマネジメントモデル」とは

日本で決まった仕様を、オフショア先の日本語ブリッジエンジニアから海外に伝達し、
海外の安価な労働力でプログラムを開発することをいいます。
従来のこのモデルには、日本語ブリッジエンジニアの質・量がシステムの仕上がりに
大きく影響するという課題がありました。
情報の流通コストがほぼゼロになった現代において、システム開発の現場が
対面から非対面のネットワーク上での
共同作業にシフトするのは、必然の流れといえます。

当社が行っている「グローバルチーム型プロジェクトマネジメントモデル」は、
従来のブリッジエンジニアを通じた受発注型のモデルではなく、
ネットワーク上で日本のエンジニアと海外のエンジニアが1つのチームとして
システム開発を進めるモデルを目指します。
コミュニケーションは英語を活用するため、国籍を問わず優秀なエンジニアが
プロジェクトに参画しシステムを開発することができます。

講演では、「グローバルチーム型プロジェクトマネジメントモデル」の狙いや、
推進してみてわかった効果や課題について紹介をさせていただきました。

インテリジェンス ビジネスソリューションズ ベトナムについて

上記「グローバルチーム型プロジェクトマネジメントモデル」の推進のために、
2013年7月に日本のコントロールセンターとして、
インテリジェンス ビジネスソリューションズ沖縄を設立いたしました。
またグローバル開発拠点の1号会社として、2013年10月には、
ベトナムのホーチミンにインテリジェンス ビジネスソリューションズベトナムを設立。
現状沖縄約20名、ベトナム60名の体制でシステム開発を進めています。

講演では、ベトナムという国の歴史的背景から経済状況、国民性などを盛り込み、
アジアで事業を運営するための論点を紹介させていただきました。

グローバル人材の育成について

歴史的背景や文化的背景の違う海外のエンジニアの育成を、どのように考えていくのか。
また、日本のエンジニアをどのようにグローバルで活躍できるエンジニアに育成するのか。
プロジェクトマネジメントの要諦を踏まえたうえで、
それぞれの育成にかかわる弊社の考え、
実際に採用している施策や教育育成の仕組みについて、
実例を交えて紹介させていただきました。

■ ディスカッションについて

講演後のディスカッションでは、多くの方から活発な質問をいただき、
これからのグローバル化と人材育成について、
意義深い意見交換をさせていただきました。
本件に関するお問い合わせは、下記フォームよりご連絡ください。
https://www.persol-pt.co.jp/inquiry/solution-service/


PAGETOP
PAGETOP