MENU

TOP > ニュースリリース > 2011 > 「Hinemos紹介セミナー」にてHinemos運用改善施策について講演

NEWSニュース

2月8日 セミナー

「Hinemos紹介セミナー」にてHinemos運用改善施策について講演

NTTデータ様主催/インテリジェンスビジネスソリューションズ共催の「Hinemos紹介セミナー」にて、Hinemos運用改善施策について講演

Hinemos紹介セミナー講演の様子2011年1月14日、株式会社インテリジェンス(以下インテリジェンス)の丸の内オフィスにて、株式会社NTTデータ(以下NTTデータ)様と共催で「Hinemos紹介セミナ―」を開催しました。

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(以下IBS)の講演タイトルは「Hinemos関連サービスのご紹介 ~ 運用環境改善のためのHinemos活用術 ~」で、Hinemosを含め運用環境改善の各種サービスをご紹介しました。

まず前半、営業部の中村より、IBSのご紹介とOSS(オープンソースソフトウェア)に関する取組みについてご説明しました。
今でこそ、ある程度OSSの認知度が上がって来ているように思いますが、IBSではそうなる以前から「良いものがあれば使う」というスタンスで活用してきました。 その実績を活かし、単純に「OSSだから低コスト」であるだけではなく、少しでもお客様にとって価値のあるサービスを提供すべく、複数のOSSを連携してより実用的なツールを開発する等、日々知恵を絞っております。
運用監視の領域については、インテリジェンスの事例を通して、Hinemosの優位性や可能性などのメリットだけでなく、OSSであるHinemosに対するユーザ様の不安についても中立的な視点でお伝えした上で、その不安に対して一つ一つ対策を打つことによって、OSSでありながら「安かろう良かろう」のサービス提供が可能となり、ユーザ様が安心して導入できることをご説明しました。

OSSであるHinemos導入と関連するサービスをご紹介後半では、営業部の小林より、今回講演の本題である、Hinemos+αとしてご提供するIBSのサービス群をご紹介しました。
「インシデント管理ツール」については、プラットフォームソリューション部の小坂・アーキテクトチームの塚野によるデモンストレーションも交えて、ご紹介しました。

【IBSのサービス群】

(1)監視再設計サービス
現状の監視・ジョブ環境を調査/分析した上で、より効率的な構成をご提案し、運用ルールを設計します。その後、その運用ルールに基づいて、Hinemosを設計・構築し、Hinemosの性能に合わせた綿密な検証を行います。更に、運用手順書をもとに、教育・運用引継ぎを行い、運用開始後のサポートまで対応します。

(2)アラート内容音声自動通知サービス
運用管理ツールでシステム障害を検出した際、管理者への電話連絡を「自動で」実施するサービスです。深夜時間帯などメールの見逃しリスクを低減します。

(3)インシデント管理ツール
弊社のノウハウ、実績、お客様の声を集めて独自に作成したインシデント管理ツールにより、Hinemosなど運用管理ツールで検出したシステム障害をプロジェクト管理ツールに自動登録します。

インシデント管理ツール「trac incident manager」の詳細はこちらから

IBSは現状のサービスに留まらず、今後もOSSのサービスの拡充と拡張を推進していきます。詳しくは下記お問い合わせ先へ、お気軽にお問い合わせください。

<関連リンク>

【サービスラインナップ】オープンソース監視システム導入
【ニュースリリース】「Hinemos World 2010」で基幹業務システムへの導入事例について講演
関連企業: 株式会社NTTデータ

【本リリースに関するお問い合わせ先】
担当:中村(健太郎)、小坂
E-mail:ibs_eigyou@inte.co.jp
TEL:03-6385-6103


PAGETOP
PAGETOP