MENU

TOP > ニュースリリース > 2010 > 『IT投資の最適化とコストダウン ~新しい価値を生み出す「攻め」と「守り」のIT投資術~ セミナー』で、執行役員 水野康幸が講演

NEWSニュース

9月30日 セミナー

『IT投資の最適化とコストダウン ~新しい価値を生み出す「攻め」と「守り」のIT投資術~ セミナー』で、執行役員 水野康幸が講演

2010年9月6日に行われた、『IT投資の最適化とコストダウン ~新しい価値を生み出す「攻め」と「守り」のIT投資術~ セミナー』にて、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(以下、IBS)執行役員 水野康幸が講演を行いました。

公演のタイトルは、「大手小売業様向けAMO(Application Management OutSourcing)におけるREVERSE PLANET®の活用事例」。
IBSがITリノベーションサービスをお客様にご提供するためにREVERSE PLANET®を活用した背景と、プロジェクトの現状についてご説明しました。

■REVERSE PLANET®活用の背景

n_img_012大手小売業のお客様は、複数ベンダーに委託している会計システムのアプリケーションの維持管理業務において、下記5点の実現を目標とし、フルアウトソーシングを実施するに到りました。

(1)維持管理運用業務にかかるコストを削減
(2)システム開発本部社員の維持管理運用業務の負荷を軽減
(3)問合せ・改修・障害対応のスピードアップ
(4)システムの安定運用・品質向上
(5)システムの可視化

IBSは5つのテーマを実現する手段として、オフショアの活用、継承の迅速化、REVERSE PLANET®活用による可視化などを骨子として提案し、受注に至りました。

REVERSE PLANET®を活用しようと考えた背景には、お客様から業務を引き継ぐことになっていたホスト領域のドキュメントが少なく可視化率が低かったこと、アウトソーシングを開始するにあたって、最適な業務量と資産量を把握したいという目的がありました。また、IBSの技術者はオープン系を得意としているもののホスト領域の経験が少なかったので、スキルを補う為にも有用と考えました。

■効果(中間報告)

ホスト領域は長年お客様主体で管理運用されており、担当者ごとに細分化された業務には暗黙知が多いという問題を抱えていました。これを解決するために実施したのが資産の棚卸です。結果として、以下の効果を得ました。

(1)LINEではなく本数による試算でCOBOLとEASYの本当の割合が判明
⇒プロジェクトにアサインする要員のスキルが明確になった。
(2)未稼働資産が当初の予想(40%~70%)の範囲に収まることが判明
⇒工数増の不安を払しょくできた。
(3)複雑度の高いサブシステムは稼働率も高い傾向があると判明
⇒仕様化やモジュール分割など保守性向上の課題が明確になった。

n_img_013アウトソーシング開始から現在7カ月。これまではお客様からの業務の移管が最大のテーマでした。
REVERSE PLANET®はドキュメントの自動作成という観点で、多いに役立っています。
今後は、AMOを着実に実施するだけではなく、ホストのダウンサイジングの付加価値提案も実施していく予定です。
その上で、REVERSE PLANET®による可視化は不可欠で、より活用できるのではないかと考えています。

<IBSのITリノベーションサービス>
ユーザ様のシステム保守や運用業務を低価格でご提供。
サービス概要はこちらから

<関連リンク>

 

【本リリースに関するお問い合わせ先】
担当:水野
E-mail:ibs_eigyou@inte.co.jp
TEL:03-6385-6103


PAGETOP
PAGETOP