導入事例

「MITERAS 仕事可視化」を活用し、
会社の魅力を高め、働き方改革へ邁進する

株式会社東急ストア様

「MITERAS 仕事可視化」を活用し、
会社の魅力を高め、働き方改革へ邁進する

株式会社東急ストア様

株式会社東急ストア様は首都圏に展開する82店舗(2018年2月末現在)を統括・支援する本社において「MITERAS(ミテラス) 仕事可視化」を導入しました。今回は、同社のミッションとして掲げる「働き方改革」を推進する経営統括室 情報システム部長 鈴木恵介様(上写真 中央)、経営統括室 人材戦略部 労務・厚生マネージャー 上田隆文様(同 左)、経営統括室 人材戦略部 労務・厚生 古関葉留奈様(同 右)に「MITERAS 仕事可視化」の導入前、導入後の変化をお聞きしました。

部署や個人の仕事時間や環境の把握が、
成果物や行動からしか得られていなかった。

仕事可視化 ツール「ミテラス」の導入に至った経緯を教えてください。

鈴木様:当社は、「働き方改革」の取り組みを推進しておりますが、まずは中心となる店舗から、作業手順の見直しや業務のシステム化を進めてきました。本社では今まで、仕事時間や環境の把握は、業務の成果物や状況の確認など部下の行動を見て把握していました。店舗をバックアップする側として、業務の「見える化」を進められたらと思い、今回、人材戦略、営業企画、商品部などの各部署、約300名に導入しました。

上田様:導入前に数部署で2ヶ月間テスト運用をしました。効果が見られ、仕事意識が高まっていると感じました。また、サポートが手厚く、低コストで初期の作業も手間がかからないという点も決め手になりました。

仕事時間の行動が数値でわかるようになり、
時間管理の意識が高まり生産性が向上した。

導入してからはテスト期間よりもさらに、効果やメリットはありましたか?

鈴木様:「MITERAS 仕事可視化」を導入してからは、上司がいない時の部下の働き方も数値としてデータでわかるようになりましたし、時間管理の意識が向上し、残業自体が激減しました。マネジメント側は勤怠状況の把握などで、部下との関わり方も変わってきたように思えます。必要なことをしっかりと時間内に行うことで、生産性が上がりました。また、それぞれ業務が異なる部門間でいつ何をしているかが正確にわかるようになりました。

古関様:極端な話ですが、タイムカードを一度打ってからサービス残業などは無論できないわけですから、客観的に状況がわかります。
サービス残業を発生させない仕組み作り、業務の効率化に、より邁進できるようになりました。働いている側も守られていることが実感できます。

「MITERAS 仕事可視化」で働き方改革を推進し、
効率化を目指す。

最後に、導入前の課題、業務の「見える化」が解決し、社員一人ひとりの時間管理意識向上にもつながった「MITERAS 仕事可視化」を活用して、今後どのような展望を見据えているのかを話していただきました。

古関様:働き方改革をより意識し、店舗の生産性を上げるバックアップをする。「MITERAS 仕事可視化」がその一助になればと思います。

上田様:今後は「MITERAS 仕事可視化」のデータを分析し、業務の標準化、平準化ができるようになればと思います。また、本社全員に導入し、さらに働き方改革を目指していきたいです。

鈴木様:当社の社長は「従業員が生き生きと働ける会社じゃないといけない」と常々申しております。今後の少子高齢化に向けても会社としての魅力を高め、生産性を向上させる抜本的な改革を進めています。働き方改革を推進する当社を支える「MITERAS 仕事可視化」を活用し、さらに効率化を目指していきたいと思います。

MITERAS 仕事可視化トップに戻る

お手続きはカンタン。
まずは無料で1ヶ月お試しください。

無料トライアルお申し込み

※上記からデモをお申し込みいただけます。実導入については、お問い合わせください。
※管理画面の対応ブラウザは「Google Chrome」となります。

PAGETOP