標的型メールからの対策はIBSの「標的型メール攻撃訓練サービス」 | パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

サイバー攻撃・標的型メールからのリスクヘッジは企業経営の重要課題。機密情報漏洩を未然に防ぐ「標的型メール攻撃訓練サービス」。

標的型メール攻撃とは?

機密情報の窃取やウイルス感染‥‥社員のPCは日々危険にさらされています

特定の企業や組織を狙い、送信したメールの添付を開かせたり、メール本文中のURLにアクセスさせることでPCにウイルスを感染させ、機密情報などを窃取しようとする攻撃です。
送信されるメールには、標的型攻撃を成功させるためにメールの差出人を取引先企業や組織内関係者などの信頼性のあるものに偽装したり、受信者が関心を持つような件名・本文で送られるなど一目で “攻撃” と分からないような、数々の工夫が施されています。


標的型メール攻撃への訓練・教育を行い、意識・実務の面からリスクヘッジを行う。それが 標的型メール攻撃訓練サービス です
資料ダウンロードはこちら
資料ダウンロードフォーム

page top

『標的型メール攻撃訓練サービス』の導入メリットと強み

導入メリットこれなら意識と実際の対応の両方から教育ができそうだ!

  1. 標的型メール攻撃に対して社員の方の意識レベルを把握することが可能です。

  2. 攻撃方法を複数の中から選択可能なため、徐々に攻撃をより分かりにくい方法にしていくことで、
    より実践的な訓練を行うことが可能です。

  3. 教育コンテンツとテストを実施していただくことで、最低限のセキュリティに関する知識を社員の方に
    習得していただくことが可能です。

  4. 標的型メール攻撃への耐性に関する現状把握を行うことで、企業さまに必要な情報セキュリテイ対策の
    検討を支援させていただきます。

3つの強み他社のサービスと比べてどこが違うの?

  1. 対応している攻撃方法の多さ
    添付ファイルにexe(zip圧縮)や流行しているショートカットを選択することが可能です。
    ※今後も流行に合わせて、添付可能なファイル形式は追加していく想定です。

  2. 訓練メールのカスタマイズ性の高さ
    他社サービスではある程度決まったメール形式の中から選択するケースが多くみられますが、本サービスでは、
    件名/本文から添付ファイルまであらゆる内容をカスタマイズすることができます。
    より企業さま内の慣習に合わせたメール利用により最適な訓練が可能です。

  3. ライトに始められる
    「まずは小規模な人数で試してみたい」というご要望にお応えするために、サービスラインナップに小規模向けを設定。
    より手軽にサービスをご利用いただけます。

人材情報を管理する会社として、より実践的な訓練を提供できるため、意識と実務の両面からリスクヘッジを実現します

資料ダウンロードはこちら
資料ダウンロードフォーム

page top

『標的型メール攻撃訓練サービス』のサービス概要

標的型メール攻撃への訓練

標的型メールを模したメールを訓練対象者へ実際に送信し、メール内の各種攻撃手段(URLリンクや、添付ファイルの開封等)に対して攻撃の成功有無を記録。訓練終了後にレポーティングを行います。

セキュリティ教育

標的型攻撃に関する教育コンテンツと、簡単なテストを提供します。
教育コンテンツやテストの閲覧/実施有無を管理し、最終結果のレポーティングを行います。


本サービスはここが対象です
            標的型メール攻撃への訓練 セキュリティ教育 人の対策 危険なメールを開かせない

サービスの流れ

研修
E-learning等でセキュリティに関する研修を実施します。(貴社作成コンテンツを利用)
空白期間
セキュリティ意識の浸透度を測るうえで、訓練実施まで研修後2~3週間程度、空白期間を設けます。
訓練
訓練の実施。研修の内容がどの程度浸透しているのかを計測します。
訓練対象者&訓練メール検討 訓練メール送信 訓練測定期間 開封者集計/分析
開封者への再教育
開封してしまった社員の方に対して、再教育を実施。(貴社作成コンテンツを利用)
空白期間/訓練/再教育を、開封者が一定の数に減るまで繰り返し実施

サービス費用

■75万円(従業員数:500名の場合)より

※訓練実施回数や訓練対象人数により価格は変動します。詳細はお気軽にお問合せください。

page top

資料ダウンロードフォーム

」は必須項目です。