• Global Bridge COMPANY

パーソルプロセス&テクノロジー

Global Bridge COMPANYはパーソルプロセス&テクノロジー株式会社の社内カンパニーです。

Global Bridge COMPANY

  • inter05_main1

    sp_inter05_main1

    あなたにとってはたらくを楽しむとは? 自分のアイディアで人を幸せにすること

  • あなたにとってはたらくを楽しむとは? 自分のアイディアで人を幸せにすること

    グローバル推進部
    システム開発グループ
    プロジェクトマネジャー

    池宮 政秀

  • inter05_pic01
  • 経営視点をもつことで視野を広げ成長を促進

    sp_inter05_pic01

    2014年1月にパーソルプロセス&テクノロジー GBカンパニー(当時IBSGB)に入社をしました。前職は東京で仕事をしていたのですが、生まれ育った沖縄に戻りたいというかねてからの思いがありました、沖縄でグローバルな仕事ができ、これまでの保守経験を活かせるGBカンパニーに出逢い、自分の成長はここにあると信じ転職を決意しました。

    現在は、プロジェクトマネジャーとしてプロジェクトの進捗管理や、リソースの配置、またラインマネジャーとして、メンバーの育成や予算の進捗管理、沖縄・東京含め、11名のメンバーのマネージメント業務を行っています。

    前職では納期や品質など、現場のことを考えプロジェクトを進めていましたが、GBカンパニーでは、このプロジェクトはビジネスとして成立するのか、事業の方向性は正しいか、など経営やビジネスの視点で捉える必要があり、これまでと全く異なる一段高い視点で仕事に携わることができています。

  • inter05_pic02
  • Win-Winな関係になることが重要

    sp_inter05_pic02

    仕事をする上で大切にしていることは、相手の損得まで考え、お互いがWin-Winな関係になることです。
    ビジネスをやっていると、自分たちの損得だけで考えてしまいがちです。それは意識をしなくてもできることですが、相手の損得まで考えるというのは意識をしないと出来ないことだと思っています。

    どちらかだけが損をしてはいけない、問題を解決するための方法しては、どちらか一方が損をする方法ではなく、互いが得をする、もしくは共に損を抑えられる方法を探すことが重要だと考えています。この行動が相手との関係を良化させ、結果的にビジネスや業務の良化に繋がると考えています。これは会社対会社であっても、チーム対チーム、個人対個人においても当てはまると思います。

    『自分の損得だけでなく、相手の損得も考える。』
    そのため、コミュニケーション一つ一つをビジネスだと考え日々仕事に取り組んでいます。

  • inter05_pic03
  • 世界中にチームをつくり、世界中のお客様からご支持いただける組織に

    sp_inter05_pic03

    GBカンパニーは、まだまだ成長途中です。そのため、やりたいと思うことに制限はありません。チャンスは沢山転がっています。また、英語とIT技術の両面のスキルを身に着けることで、成長を実感できる環境だと思います。

    最後に、これからのGBカンパニーは、ベトナムだけでなく、国境を越えたチームをつくっていきたい。そのためには、まだまだやらなければならないこと、クリアにしていかなければならないことがあります。

    ビジネス協業の拡大や、人員の確保、ランゲージギャップの削減、価値観・設計思想の醸成など、越えなければならない課題は沢山ありますが、これらを一つ一つクリアにしていくことで、「グローバルチーム型開発モデル」のパイオニアとして、世界中のお客様からご支持いただける会社を目指していきます。