• Global Bridge COMPANY

パーソルプロセス&テクノロジー

Global Bridge COMPANYはパーソルプロセス&テクノロジー株式会社の社内カンパニーです。

Global Bridge COMPANY

社風・文化

GBカンパニーは自らが考え、動く
という文化を大切にしています。

GBカンパニーは自らが考え、動く
という文化を大切にしています。

GBカンパニーには様々な成長を支援する仕組みがありますが、最大の強みは、社員一人ひとりが自身の価値を向上させるために自分と向き合い、取り組むという姿勢です。
「仕組みは、使われてはじめて活きる」
社員自らがその仕組みを活用し、成長をしていく。GBカンパニーは自立自走で成長する組織です。

社風・文化

  • 1社員同士のリレーションシップ

    物理的に距離の離れた社員達がプロジェクトを円滑に遂行するためには、質の良いコミュニケーションを取ることが重要です。事業戦略の1つとしてコミュニケーション強化を掲げ、互いの文化理解、情報共有・伝達の精度向上、交流施策の企画に取り組んでいます。

  • 2グローバル化促進への取り組み

    グローバル化とは多様性を受け入れることからスタートします。GBカンパニーでは、外国籍社員の積極的採用や、パーソルプロセス&テクノロジーベトナムとの交換留学を通じて、お互いの文化や考え方の違いを理解、認め合うことで、それぞれの固定観念を打破し、グローバルの土台を築いています。

成長する仕組み

  • 110%ルール

    10%ルールとは業務時間の10%を自身の価値を上げるために活用する、という弊社独自の制度です。週1回のネイティブ講師との英語レッスンや、ソースコードレビューによるプログラミング学習等、半期ごとに各々が設定する価値向上へ繋がる取り組みの時間として活用しています。

  • 2ハイパフォーマーへの機会提供

    半期ごとに最も価値を発揮した社員を全社員で選出します。選出された社員はインセンティブとしてベトナムへの1週間出張の機会を得ることができます。現地では、普段オンラインでやり取りをしているエンジニア達と肩を並べて仕事をしたり、現地企業を訪問したりなど、価値のある多くの経験を積むことができます。

  • 3挑戦の後押し

    GBカンパニーは社員の「チャレンジしたい」「挑戦したい」を受け入れる会社です。この風土により、東京-沖縄-ベトナム間の中期出張や、グループ会社からの転籍などが実現しています。自分でやりたいと発したことは、結果がどうであれ必ず本人の成長につながると信じ、社員の「やりたい」を尊重しています。