谷野 志帆

Member's
Voice

はたらくのカタチを、
「パラレルな成長」 で変えていく。

営業経験を活かし、クライアントの目線に立てるデジタルマーケターへ

セールスマーケティングコース

[ メンバー ]

谷野 志帆
Tanino Shiho

2016年 新卒入社

同志社大学
文学部

仕組みや売り方を根本から考える

仕組みや売り方を根本から考える

入社からの2年間はセールスマーケティングで代理店営業を行っていました。ミッションは、人件費を抑えながら担当商材の売上をいかに向上させるか。担当商材の販売計画、管理、分析、量販店売り場の拡大交渉、販売スタッフのマネジメント、ポップの作成など、日々の運営業務を行いながら、前月のデータを活用して翌月の販売計画を考えます。忙しい毎日ではありましたが、大きなやりがいを持って担当していました。しかし運営面からの支援だけではなく、さらに仕組みや売り方など戦略部分からお客様を支えられるようなスキルも身に付けたいと思い、キャリアチャレンジ制度を利用し、3年目にデジタルマーケティングへ異動しました。
現在、某メーカー企業様の製品の売上向上のためのデータ作成を行っています。データを可視化できるBIツールを使いながら、膨大なデータの中からお客様が今後の戦略を考えるために知りたい情報に対して必要なデータをグラフ化し、お客様が今後も継続して使っていけるような、データの「型」を作る業務です。集めたデータを分かりやすく可視化することで、お客様が効率的に今後の戦略を考えていくための土台を整える重要なプロセスです。

経験の掛け合わせから生まれるシナジー

経験の掛け合わせから生まれるシナジー

営業時代の経験は今の私にとって大きな強みになっています。現場で商品を売るプロジェクトを経験していたので、お金やモノの流れや商品が売れるまでの仕組みをリアルに知り、お客様に近い目線から考えれられるようになったと思います。例えば、「営業として月次でデータを見ていた時、自分はこういうデータを確認したかった」ということや「○○○に関しては月単位で見たほうが良いけど、□□□は日単位で見たほうが良い」といった事を経験から直感的に理解できます。また、何が売れているのか、どの店舗で売れているのか、何と一緒に買われているのかなど、お客様が知りたい情報に対して、分析の項目をどのように切り分けるとお客様にとって分かりやすいのか、実体験から考えることができるのは営業経験があるからこそ。
逆に、営業時代に現場の直感で分類していた項目についても、マーケティング知識が付いたことで「当時の自分がなぜそのように分けていたのか」の理由を知ることもあり興味深いです。

パラレルな経験を活かし、お客様に役立つ提案ができる人材へ

パラレルな経験を活かし、お客様に役立つ提案ができる人材へ

多くの会社では、営業だったら営業、マーケティングならマーケティングと一職種しか経験できないと思いますが、プロジェクト型の働き方をしていると、複数の業界・会社・職種を数年のうちに経験することができます。
パーソルプロセス&テクノロジーの社員だけでなく、お客様先の社員の方と一緒にお仕事させていただくことで、いろんな会社の方の視点を取り入れながら成長できている実感もあります。特定の一社だけでしか通用しないようなお作法に縛られることなく、環境が変わった時の適応能力や、業界や会社が変わっても次のプロジェクトでまた活かせるような本質的な経験を若いうちにできたことは、私自身の大きな価値になったと思います。
デジタルマーケティング領域においては、今はまだ経験が浅く一人前とは言えません。分析など一通りの業務が一人でできるようになった後は、私の強みを活かしてお客様のビジネスに役立つ提案ができるデジタルマーケティング担当者になりたいというのが今の目標です。その先のキャリアについては、まだ具体的にはなっていませんが、既存のやり方にとらわれず、新たな売る仕組みを考え、お客様に貢献できる人材でありたいです。

谷野 志帆

1日のスケジュール

8:00
出勤前に1時間ほどランニングや読書など、自分の時間をとるようにしています。
10:00
お客様先へ直行し、打ち合わせ。
11:00
お客様先オフィスで、マーケティングツールを用いて作業。
13:00
遅めのランチ。
15:00
この日は自社へ帰社する日。午前中の打ち合わせで出た課題を踏まえて資料を作成。
19:00
メールチェックや明日のタスクを確認して今日は終了。

休日の過ごし方

長期休暇が取れた時は、奮発して海外旅行に出かけます。写真は昨年訪れたイタリアのアマルフィです。

長期休暇が取れた時は、奮発して海外旅行に出かけます。写真は昨年訪れたイタリアのアマルフィです。

Member's Voice

社員一人ひとりのはたらくのカタチ。

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて