パーソルプロセス&テクノロジー

PERSOL

PERSOL PROCESS &
TECHNOLOGY

MEMBER
Narita Chisaki

「全力で楽しみ」
変える“シゴト”。

社会的意義の高いテーマを自分事化し、
楽しみながら日々成長していく。

成田 千咲
プロセスデザインコース

成田 千咲

2018年 新卒入社 立教大学 経済学部

内定当時のインタビューより

就職活動の軸にしていたのは、「人とかかわり合ってなにかを作り上げていく」仕事ということと、変に難しく考えず、「サークル選びの感覚を忘れない」ということでした。数ある選択肢のうちどうやって自分がサークルを選んだのか思い返してみると、やりたい事、自分が一緒に居て楽しいと思う人がいるところを無意識に選んでいました。人生の分岐点だからと思い詰めたり慎重になりすぎず、大学のサークル選びの感覚も大切に企業選びをしていました。最終的に複数の企業様から内定をもらい検討した時、パーソルプロセス&テクノロジーだけが、様々な機会でお会いする全ての社員さんの顔を思い出せました。それは、社員の皆さんが私の事を大多数のなかの1人としてではなく、私という1人の人間としてきちんと向き合おうとしてくださっていたからだ思います。社員の方への憧れや信頼、そして、この会社であれば入社後のギャップも少ないだろうと感じられたことが、就活を終える決め手になりました。「やりたい事、自分が一緒に居て楽しいと思う人がいるところ」。サークル選びの時の感覚を思い出してみて、いちばんしっくりきたのがこの会社でした。

入社後、現在の仕事内容を教えてください

省エネルギー補助金の執行団体に常駐し、補助金の審査に関わる業務を行っています。照明や空調などを省エネルギー製品に変えることで、企業は補助を受けることができますが、その申請に対して基準を満たしているかというチェックを行っています。ルール上問題ないものはコールセンターで対応をしているのですが、私の担当はコールセンターで対応しきれないイレギュラーな申請の対応。滞留なく迅速に進めるためのスムーズなエスカレーションが私のミッションです。
担当するのはすべてイレギュラーケースなので、ルールブックには載っていないような予期しないものが多く、私1人では判断しきれないことも多くあります。そういったものが発生した場合は、お客様内の関係者や識者の方に相談したり、パーソルプロセス&テクノロジーの先輩社員に聞きながら、一つ一つ解決していきます。配属当初にできることは限られていましたが、日々解決できる幅が広がっていき、できることが増えています。

仕事のやりがいを教えてください

新エネルギー事業部では、私たち世代が初の新卒受け入れ。そのため、新人にレクチャーするためのドキュメントなどが不完全な部分もあり、最初は口頭で仕事を教えてもらうこともありました。しかし、それではメンバーそれぞれが独自の解釈で対応することになってしまうため、プロジェクト全体の質にばらつきが出てしまいます。そこで、教えられた手順をもとにマニュアルを作成していきました。担当メンバーがその手順に従って業務を行うことでエラーが発生しなくなり、プロジェクトとしての品質を保つことができるようになった時は、プロジェクトやお客様へ貢献できているとやりがいを感じました。
省エネ施策は国としても大きな取り組み。補助金の額も大きいためお客様もシビアに事業運営していらっしゃいます。その業務をお預かりするメンバーとして業務に関しては責任の重大さを感じています。入社前は省エネや補助金については、授業やメディアでしか触れることのない領域でしたが、実際に関わってみると、多くの企業が導入していて、その裏側ではこんなに大勢の方が知見とスピード感を持って運営されているということを知り、業界全体への興味も高まりました。

これからの目標を教えてください

新エネルギー関連業務の中には申請処理にまつわる業務が多く、RPAとの親和性も非常に高そうなのですが、新エネルギー領域のご支援とRPAの導入を1社でできるのは当社独自の強みです。
実は配属希望の時、私の第一希望はRPAだったんです。新たな領域に興味があったのでRPAか新エネルギーか悩んだ結果、僅差でRPAを第一希望にしていました。しかし、選考や面談を担当してくれた社員の方が「成田さんは絶対に新エネルギー事業部で活躍できる」とおっしゃってくれて、今の配属になったそうなんです。自分の特性を見て配属してくれたのでパーソルプロセス&テクノロジーを選んでよかったと思っていますが、その両方に携われそうなのでその点でもすごくワクワクしています。
さらにエネルギー業界は今後経済規模がますます拡大していく分野。パーソルプロセス&テクノロジーは早い段階から着手していますが、同様の業務をこの規模感で行っている民間企業はまだまだ少なく、すごく意義のある事業、会社だと感じています。いずれは会社のことをより多くの人に知ってもらえるような発信を通して、会社のブランディングなどにも関わっていけたらいいですね。

プライベート

週末は、普段しない経験をしてしっかりリフレッシュするように心がけています。これは鍋フェスでクエ鍋を食べた時の一枚。寒いところで温かいお鍋はテンションが上がります!

MEMBERS

JOIN OUR TEAM