中島 登貴恵

Member's
Voice

はたらくのカタチを、
「RPAの知識とスキル」 で変えていく。

RPAのプロフェッショナルになることで働き方改革の一端を担う

コンサルティングコース

[ メンバー ]

中島 登貴恵
Nakashima Tokie

2017年 新卒入社

上智大学大学院
グローバル・スタディーズ研究科

年間18万時間の業務時間削減を目指すプロジェクトを推進中

年間18万時間の業務時間削減を目指すプロジェクトを推進中

私は大手食品メーカーグループの物流管理会社に常駐し、WinActorというRPAツールの導入支援を担当しています。WinActorはさまざまな事務作業を効率化・自動化するロボット開発のツールですが、使い方さえ覚えることができれば開発に高度なITスキルは必要ありません。そのためお客様は、ロボット開発を他社に任せるのではなく、自社内で開発可能な人材を100名程度育成する方針を掲げています。私たちの仕事も開発そのものではなく、社員に対する研修や開発サポートがメインであり、担当者と協力しながら運用・統制ルールの策定、学習コンテンツの配信なども行っています。
お客様は働き方改革の一環としてRPAの導入を進めており、最終的には北海道から沖縄まで、全国各地の物流センターにRPAを導入することで年間18万時間の業務時間削減を目指しています。私も普段は東京にあるお客様の本社で勤務していますが、月に1〜3回程度は全国各地の物流センターを訪問し、社員の方々への研修や開発サポートを実施しています。

お客様の声が大きなやりがいに

お客様の声が大きなやりがいに

現在携っているRPAツール導入プロジェクトは2018年の7月からスタートしています。パーソルプロセス&テクノロジーからは私と新卒社員の2名が参加し、お客様のプロジェクト推進担当者と仕事を進めており、スタートから現在まで、約1万2400時間の業務時間削減に成功し、お客様の会社が少しずつ変わり始めていることを実感しています。加えて研修や開発支援で関わった社員の方々から「開発が楽しくなった」「開発したロボットが稼働し始めた」という声をいただくことも多く、大きなやりがいを感じながら働くことができています。
入社2年目で大きな業務のリーダーを任されたため、最初は不安もあったのですが、一緒にプロジェクトを進めているお客様の担当者からは「より良いプロジェクトにしていこう」と、様々な場面で率直な意見やサポートをしていただき、私自身も大きく成長しました。今では安心して前に立つことができるようになったと感じています。また、若いうちからお客様と直接関われる仕事にチャレンジする機会を与えてくれた会社と上司にはとても感謝しています。

お客様の課題・目標に寄り添うような提案をしたい

お客様の課題・目標に寄り添うような提案をしたい

直近の目標はWinActorだけでなく、UiPath、BasicRoboも含めて複数のRPAツールを使いこなせるようになることです。とくに最近ではUiPath関連の案件が増えているので、研修などを活用して早期に知識を身に付けていきたいと考えています。また私は「新しいものをすぐに試してみたい!」と思うタイプなので、AIやVRといった技術分野にも興味があります。AIに関してはRPAとの親和性も高いので、RPAとAIの知識を組み合わせることで手がけられるプロジェクトの幅を広げていきたいです。
RPAは昨今注目を集めている働き方改革はもちろん、将来予想されている労働人口の減少といった問題に対しても直接的な効果を発揮できるツールです。私としては今後もRPAの知識・スキルを高め続けていくことによって、人々の働き方を大きく変えていく改革の一端を担っていきたいですし、そうした専門知識を活かすことによって、多くのお客さまの課題を解決し、お客さまの目指すべき姿に寄り添った提案ができる人材に成長していきたいと考えています。

中島 登貴恵

1日のスケジュール

9:00
出社。1日の始まりはメールチェックから。
9:30
メールで受けた関係各所からの問い合わせに対応。
10:00
研修資料の作成。
12:00
メンバーとランチ。出張時は地方の美味しいものを食べにいくことも。
13:00
お客様とのミーティング。今後の研修の方向性やマニュアルの内容がテーマになることが多い。
15:00
ロボット開発を行う社員の方々が閲覧する開発支援コンテンツの作成・アップデート。
16:00
メンバーが作成した各種資料のレビュー。
18:00
退社。現在のプロジェクトでは残業がほとんどありません。

休日の過ごし方

3歳からクラッシックバレエを続けています。今でも週2、3回はレッスンに行き、体を動かして気分転換をしています。写真は発表会に出たときのものです。

3歳からクラッシックバレエを続けています。今でも週2、3回はレッスンに行き、体を動かして気分転換をしています。写真は発表会に出たときのものです。

Member's Voice

社員一人ひとりのはたらくのカタチ。

Join Our Team

さあ、はたらくのカタチを変えていこう。
選考情報・よくあるお問い合わせについて